2016年11月11日

卒業1415・京都船旅315古譜175凪越え(凶太陽)(鳴恭川世讃歌) :イカスミ柳

【曲名】卒業1415・京都船旅315古譜175凪越え(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/11/11晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】駄作者の作曲法、補12
【演奏】伴奏:上手 手雄  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
  船は出で行くを向かう岸本の
  橋越え越えて片平凪に通す
  山波の大橋とぞ、越すに越す波
  六葉屋の葦の家、我がの屋 
  
 狐の天気予報:〇r20161113
 狐矢(ハとも)、晴れからくぐる曇りやら
        rの丸印、ランドール
        弁徳の世、ぱんぶす 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
 
駄作者の作曲法、補12
 移調3 
 和音の一番上です。
 
 --------
 これは何調ですか。楽譜に書いてあります。
聞いた感じはという。・・・・・
悲しい感じ、寂しい感じであれば、短調という。
たのしく感じれば、明るいように感じれば、
長調という。
 見た感じはどうですかと、見て悲しくなるという、
音楽という。 
最初と最後のミをラにすれば・・・、
最初と最後のミをドにすれば・・・とぞ。
一方法である。
 若い人はいう。最初の第一線の音符ミを、ラと
読んでもらえるように、調号表から調号を選び
ました、という。シャープ一つの調号という。
悲しみが少しはっきりして、シャープになりました
という。悲しみの国からやってきた若い人という。
尊い悲しみである。見た感じも悲しくという、
楽譜である。ホ短調という話である。
楽譜を見ればあまりにも深い悲しみである。そこで
平行して楽しさをいれてあげようと、悲しみの人に
近づき親しく、楽しさで覆うソの音である。
ト長調という調べである。第二線の尊さという。
 また、この第一線の音符をドと読むように、医者の
調合よろしくフラット3つを譜初につけましたという。
フラットの楽しみ3つという。変ホ長調という調号
である。医者の匙加減という。音楽の調号である。
フラットな楽しみという、ふらっとやってきた
ホ長調のシャープ4つの調号もあるという。
 そこで、同名調という匙加減のホ長調のシャープ
4つにしておきました、という。
 ホ短調で悲しみを味わっている人に、これに平行
した途に端を発する途端の調べ、ト長調の楽しさ
という。
 音符だけの本を最良の読本という、
若い人である。悲しみと楽しさとが一緒にやって
くるという、楽譜の話である。悲しみの調べを見た
人である、楽しい話である。音楽のことである。
 この文を近親調作文という、音楽の音符を人に
たとえて平行人生という、音符の双びの尊さをいう。
 楽しきもあり悲しきもあり、尊きかな人の世、
音符の流れ行き、調べの妙なるかな。
 平行人生論、かくの如し。
 名曲流行論でもある。
  常々なるままに、日暮らし、五線紙に向かいて、
 記す。悲しみが変調したという、駄作家である。
 なかなか悲しみが書けないという、楽しきから変調
 させた話という。近くて親しきは駄作である。
 もっともっと変調させていくという、若い人に
 我が身を映した駄作家である。ホホホと笑い
 歩調にあわせて、手を振った若い人である。
  若い人序曲もかくという、駄作曲家である。
  変調をさせればよい、ハンガリア変調という、
  悲しみバージョンもある。 
 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館冬期展示
  『古譜175凪越え(凶太陽)』              
   馮飛菊 画書家判 日という字  
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@970上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-51755
     画商『穂端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@970,157
posted by 秋残り at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177624565

この記事へのトラックバック