2016年11月06日

卒業1408・京都船旅308古譜168秋の津根(凶太陽) 短調作曲:イカスミ柳

【曲名】卒業1408・京都船旅308古譜168秋の津根(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/11/06晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】駄作者の作曲法、補4
【演奏】伴奏:上手 手雄  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
  時は春栄え 桜花美し
  堅田港出で向かう花折れの海路
  船に添え桃色〃とりどり生木飾り
  葦にふな花盛り淡海路
  ラシドレミファソラ
  ハ短調和音  
   
 狐の天気予報:〇r20161108
 狐び(モ、メとも)、いくゆらの晴る
        rの丸印、ランドール
        めっすれ 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
駄作者の作曲法、補3 
 短調の歌を作る。コード(和音)から旋律を作る。

 4/4で、ハ短調で作る方法。
1.楽譜の初めにフラット3つを書く。
2.各小節にコードを書く。
3.コードの進行。
 短調ですので、小文字で表記します。
 i、iv、v、i
 i、iv、v、v
 iv、v、iv、v
 i、iv、v、i    
4. 3.の進行をコード記号で書く。
  (3.のローマ数字で書いても可。) 
 ハ短調ですので、
 Cm、Fm、Gm、Cm
 Cm、Fm、Gm、Gm
 Fm、Gm、Fm、Gm
 Cm、Fm、Gm、Cm を記譜。
 この3つのコードだけを使います。   
5. 1小節目の初めの音符を下第一線に記譜。
  ここでは、2分音符を使います。
  16小節目の最後の音符を下第一線に記譜。
  ここでは、2分音符を使います。
  4,8,12小節目の4拍目4分休符を記譜。
  16小節目、2音符の後、2分休符を記譜。
  (黒色の音符)
  この音符は、ハ短調ですので、ラの音に
  なります。ラで始まり、ラで終わる、
  短調の主たる形式です。
6.各小節3拍を、コード(和音)から取ります。
 iの和音、ラドミ  Cm(ドミソ、コード式の言い方)
 iv 〃  レファラ Fm(ファラド、 〃)
 v  〃  ミソシ  Gm(ソシレ、 〃)
  ラドミは、ハ短調のラドミです。 
 青色音符。
7. ハ短調の音階は、下第一線から順次、
  ラシドレミファソラと上がっていきます。
  各小節3拍までできています。後、残る
  4拍目を、このラシド・・・から、自由に
  とって記譜します。前述参考。
  赤色音符です。
8.これで、できました。
((同じ楽譜です。vの和音に、Gmを使っています。
  長調から、短調化をしたものと全く同じです。))
 C  ドミソ 長調
 Cm ドミソ  短調
  どちらも、(ドミソ)の和音です。
 違いは、Cmはミにフラットがつきます。
 楽譜の最初のフラット3つ、ハ短調の印から、
 そうなります。楽譜の最初にハ長調は
 調号(フラット)を、書きません。
  ミの音に半音の違いがあります。
   
駄作者、注。ここが、大切な部分です。
 知ったそうに書いてますけど、全くの素人です。
 和音など、くわしくは、音楽書にまた
 インターネットの他のサイトにくわしく
 載っています。世の中には親切な人がたくさん
 おられます。音楽の専門家もたくさんおられます。
 その人たちの著書、サイトをみれば、わかりやすく
 丁寧に書いておられます。私は、和音は簡単な和音を
 知っています。くわしくは、その都度、サイトを
 見て調べています。和音のサイトとかは、しょっちゅう
 お邪魔しております。何遍も何遍も通うています。
 音楽の理論のサイト行です。同じサイトへ行くのは
 しばしばどころではありません。
  私が音楽を始めた頃((始めていませんので、駄作の
 初めの頃です))、ドミドミというのに、どの
 コード記号を書けばよいか、真剣にサイトを
 調べました。図書館へ行き、音楽書を調べました。
 載っていなかったのです。どこにも載っていない。
  よく調べてみれば、和音は三和音のことをいうのだ
 とわかりました。それで、ドミの和音はというと、
 載っていないのです・・・・当然のことです。
 CまたはAm・・・であると、どっちなんだ?と、・・
 それは、曲の進行によるのだと、曲の調子によるのだ
 と、・・・それがワカランのです。
  そんなことでは、といわれても、ワカランのです。
 また、インターネットのサイトをくまなく調べ、
 ・・・・・・
 これならいける、コンピューターソフトの
 自動コードづけという、これにしよう!!、即決です。
 駄作旋律にはこれがよいのみならず、コードを
 つける知識のないものにはピッタリです。サイトを
 調べるというより、メーカーが目につくように宣伝
 しています。こういうことで、コードづけは、
 MachineAuto(マシンオート)となったわけです。
 私駄作の大部分がそうです。
 機械に教えられた話です。現在に至っております。
 こういう私の書いた記事です。
 これが大切なことです。
 
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『古譜168秋の津根(凶太陽)』楕円形の船             
   馮飛菊 画書家判 やという字  
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-51685
     画商『穂端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500,150
posted by 秋残り at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177572168

この記事へのトラックバック