2016年11月05日

卒業1407・京都船旅307古譜167秋の津根(凶太陽) :イカスミ柳 駄作者の作曲法、補3 短調化

【曲名】卒業1407・京都船旅307古譜167秋の津根(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】20161104晴創曲20161105造詞
【拍子】4/4 
【種類】駄作者の作曲法、補3 短調化
【演奏】伴奏:上手 手雄  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
  船は浮かび行く 映る家影の尊さ
  見遣れば山豊かにほほむ
  秋花の屋とぞ おきき ふぬなまぬ
  うわふ れれるほる すゆすゆぐ
  おきぬや
  
   船の家のこと、和上という。
    
 狐の天気予報:〇r20161107
 狐のびこーテス(メテスとも)、晴れぞ 
        rの丸印、ランドール
        よみやま 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
駄作者の作曲法、補2 短調化
 先の歌『常の子』という、ハ長調を短調にします。
この楽譜に、フラット3つをつけます。ハ短調になります。
コードは、C、FのコードをそれぞれCm、Fmにして、
GはそのままGにします(Gmでも可)。これで短調のコード
になります。第1小節の最初の音符は、ラです。ラから始
まりラで終わる、短調になります。簡単です。
先の曲柄とだいぶ感じが違います。
聞いた感じは、悲しく寂しくなるでしょうか。
<< 短調化 >>
ハ長調 → ハ短調 楽譜にフラット3つをつける
C    → Cm
F   →  Fm
G    →  Gm または G
上のように、ハ長調をハ短調にするには、楽譜の最初に
フラット3つをつけて、ハ短調にして、コードを短調に
変えます。Vの和音(ハ長調では、G)は、そのままGに
するか、GmでもOKです。Gmにすれば、みんなm(マイナー
、短調)のコードになります。差支えありません。OKです。
Gにすれば、その部分、曲(伴奏)に変化が生じます。
 逆に、この楽譜から、フラットを取り除き、Cm、Fmの
mを消せば、ハ長調の曲になります。
御覧の通り、音符はそのままです。
 音楽に、短調化、長調化というのはあるかどうかは、
存じませんが、御覧の通り、そういうようになりますね。
駄作家が頭で考えたことです。

 船の家のこと。和上という。この乗っている船を
浜へ上げ据え付けて、家にする。船であった家とぞ。
和上、船であり家である。秋残りの建築法の一種である。
その歌である。『常の子』の譜と変わらない。
これを単調という話とも。
 
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『古譜167秋の津根(凶太陽)』             
   馮飛菊 画書家判 め、(しめとも)という字  
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-51675
     画商『穂端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 休 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500,149
posted by 秋残り at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177557613

この記事へのトラックバック