2016年10月25日

卒業1398・京都船旅298古譜158帆立貝船(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1398・京都船旅298古譜158帆立貝船(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/10/25晴創曲造詞
【拍子】5/4 
【種類】自駄作、SuperComposer使用
【演奏】  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
  浮御堂に貝が上がる 帆を立てて
  手を振る如く 波世に渡る貝の
  うれしき楽しきや 友呼びて
  映る我が身見せては え舞う
  貝の世栄え 函船様 栄えに
  栄え 海の絵
   
 狐の天気予報:〇r20161027 狐からよ-メ 
        rの丸印、ランドール
        雨食べ雲よ 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
  浮御堂浮いて帆影の船も揺れ
   奥の細道、表の大通り、場所う
   旅続き夢は湖上をかけめぐる
   時勢の区、この日の夢は浮御堂の湖上区である。
   陶器船が止まった所で、場所の花という。
   浮御堂の影、湖上、波静か、沖には、イルカの大きい
   クジラが、潮を吹いている。琵琶湖の古生代の話である。
   塩湖であったという。その場所は、大きな帆立貝が
   泳いでいたという。恐竜様の帆立である。縦に貝を開く
   帆立の芸という。そして、中から、手様のものを
   こちらへ振った、その場所という、浮御堂の休み屋で
   ある。あそこへ上がって泳ぎで疲れた体を癒す話とぞ。
   クジラも喜んで体を横たえていたころである。
   この頃の和上という。船に乗ったりして喜ぶ魚という、
   貝とぞ。魚貝の解という。解貝の頃である。大きな
   巻きえ貝、真っ黒の貝が乗ってきたという。勿論、
   大きな貝である。逆さになって、身を乗り出すとぞ。
   そんな芸が見られた頃である。太鼓を叩くを、太湖の
   律という。律の東という。律の西という。
   律南、律北の、四拍子区という。これが、後の山とぞ。
   大きな、法改という。大砲の話という。戦艦である話
   という。前後という。左右という。四をあしらずに、
   早打ちという。太鼓の音の大砲の音という。
   四方打ちである。空砲でなく、実弾とぞ。
   これを、どど打ちという。どんどんうちとぞも、いいを。
   諧謔の話である。貝逆というこのころである。
   後になって諧謔という。絵佐々という栄螺(サザエ)で
   あったという。諧謔の場所とぞ。
    絵佐々(えざさ)のみ、ながなけ、とぞ。
    田西も聞いたとぞ。時空を越えず映画とぞ。
    秋残りの、秋際とぞ。映画という。諧謔山の
    お書きという。
   和船という、貝でできた和船もある。貝逆船も
   ある話という。秋残り空想という、この場所の
   映りである。海上を眺めていれば、そう見える。
   そういう、諧謔的空想である。その場所が浮いている
   浮き見である。浮御堂という。浮き身の胴の話とぞ。
   魚の話である。マンモス魚である。浮御堂というのが、
   このおどうである。ぎょどう(御堂、御胴)である。
   浮御堂というクジラである。秋残りの海中和船である。
   くじら造りという、和船の造りという。鮒ずし型でも
   ある。食卓を盛る舟である。食の諧謔、およよ、わわわあ
   の話という。箸3本の2本より一本多い、諧謔式食事法
   である。
    遠江(とおみ)という、遠景である。これをえんけいという、
   えんげいという。食事の場所で景色をいう。料理の盛りの話
   である。たくさんある話である。
    対岸は守山である。浮御堂で食を取る話である。
   食卓ともいう。 諧謔料理は、かくの如く、書いた文で
   ある。本文である。 
    孫の手で飯を食う人である。木手の山、手食らいの山
   である。3本箸を孫という。痒き所をかく手である。
   孫手の文、これである。
   
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『古譜158帆立貝船(凶太陽)』帆立和船、帆立貝とも。             
   馮飛菊 画書家判 かずという図
    ハコ   
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-51585
     画商『穂端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500,140
posted by 秋残り at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177404953

この記事へのトラックバック