2016年10月23日

卒業1397・京都船旅297古譜157堅田向(凶太陽):イカスミ柳

【曲名】卒業1397・京都船旅297古譜157堅田向(凶太陽)(鳴恭川世讃歌)
【創曲】2016/10/23晴創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】自駄作、SuperComposer使用
【演奏】  
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
   堅田港 花の家 浮かぶ船が
   泊まり行く 雁が落ちて見に来る
   鮒ずし造りの港 対岸庭映りの花絵
   葦静か 陶器の船行くよ   
   
 狐の天気予報:〇r20161025 狐おり-キ 
        rの丸印、ランドール
        明日の天山(あまやま)、冠雲の夜 
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
------日出葦談笑聴
 堅田の貝味噌とぞ。貝を味噌につけるという。味噌貝の絵という。
流れ浮き槍、槍よりふふるくくれるえるせ。せとよの山という。
我が家の料理法である。てっとり早く、貝を味噌焼きにする。
耳の山のお書きという。これを、ねめ、という。
ねめかく山という。味噌の焼きという。せてよきの歌という。
陶器の和船という。わこうろぶ、という。わむすく、ともいう。
鉄製の和船という。わぶれる、という。わっせむのてゆ、という。
てせるるの山、これを、かいやら、という。船を貝に見立てた言い
とぞ。かいやらるく、という。れむせるのゆき、という。
 えてはて、これよ、るるふ、むむす、れてす、ゆゆれ、
こるれるれっと、という。めま山のえめんて、という。
めむすむのゆゆむ墓とぞ。えるさんてのえゆれるという。
めむすのゆゆ、これをめるれる、という。めての山、
秘峰路、秘峰路の山という。これを、いくるくゆゆれ、という。
めすてすのやおら、という。めすゆすえるれる、ともとぞ。
かかかかやら、かゆるれれそ、れれふ_て_のやこ、という。
やごをやことぞも_る、るるゆ、るるれ、るっそやゆ、とぞも、
いいゆ_た_ろ_ゆき、という。堅田向路という。堅田へ行くをいう。
こむすゆのおり、という。かっての山のおゆれ、これを、きつつ、
という。きつねのゆまれ、という。狐の尾の固いところとぞ。
とこ山のお書きという。ろろすのやくれか、とも。
 かるせるのきゆすく、という。めんてのゆっかく、という。
これを、めむゆむ、という。そうきょうほの山、これを、海映り
とぞ。みゆふむのやくららのくだら絵という。くっすむれれる
ゆすゆ、てほるやらら、えつるれてそ、ゆっゆくれれす、
そとすゆ、れれす、むゆゆ、れれんほのうくる、という。
 山映りの景である。海をきという、見立てとぞ。
き映りという。きみすよ、ともとぞ。
 和船が浮かぶをたっとぶ景色のめで、とぞ。
かただ山のお書きという。肩車の話でもある。
マストがけという話である。きゃっふる・すくのけすゆ、
とも。とぞ花の沖という。マストの上から見下ろす見の
山とぞ。きゃって、という。めめすのゆくゆく、とぞ。
ううするれめ、とも。これにて。やおれ文、これなるを。
かすてすのゆみ、かするるのや、これを、ゆき、とも。
とぞるうく原ら、るるす、めるゆる、めっぺす、という。
どっけゆっきふっき、ふふるれれす、つみつ、ううるれする。
これゆら、ゆゆめ、ゆめのよ、ありておるほ。ゆめ山のお
書き、これなるを。これずる、ゆつつ、ゆめよありてそ、
そそゆ、せてろかきゆく花、庭山のめで、とぞ。
  
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『古譜157堅田向(凶太陽)』帆立和船、帆立貝とも。             
   馮飛菊 画書家判 そるという字
                            

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@430上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine  
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-51575
     画商『穂端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000円(葦竹額付き?)消費税5円
     有名作曲ソフトSuperComposer付
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船         
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@430,139
posted by 秋残り at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177370894

この記事へのトラックバック