2016年08月31日

卒業1331・京都船旅231古譜91陽立・凶_川:イカスミ柳

【曲名】卒業1331・京都船旅231古譜91陽立・凶_川(鳴恭川世讃歌) 
【創曲】2016/08/31創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】自作プログラム
【演奏】レブセル・コール合唱 上梨夏 夢男指揮   
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷 (紅世赤夜章)
    津 きょうつるは(wa) 葉が香る頃
    滔々流れるカダフィ 野ぬに 穂垂る
    はっか草 立つる 穂名かまゆり
    とむらる ゆきはもに落ちつる
    ふるやら ひぶす木立つ こぬ雄のわる
    ひょっす るる流れぞ ぺべとぞむ
    よららよるらむ 礼 れれあうるば
    ほざはぬの(hozahanuno)   
    
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
太陽
よるらむ:古語の『らむ』に通ずる。らむれるの語である。
カダフィ:川。かだの流れ。
-----日出葦説明-------
 索敵にはよい曲である。
---- 
 これはある、ソフトを使い、プログラムで作曲をものです。
休みが少し多く出るプログラムです。といっても簡単なものです。
プログラムというに至らないものです。音の出方がほぼ一定の
出方をしています。乱数を使えますという説明ですが、どんな乱数か
は、ここでは論じません。作曲家は、たぶん、こんな楽譜は作らない
であろうと思います。これも殆ど音楽を聴かない私の考えです。
私はこのような音並びが好きです。日出葦さんにお伺いしたところが
駄作じゃといわれた曲です。上の一言がそうです。
----
日出葦公お言葉
 蓋然性のよさという。花の世歌である。機械で作られた曲
である。余というひとである、機械である。今に機械が作
曲する。そういう世である。音をさぐという。作る具という。
カフレルという、かんすばの山という。えるれるえてそのふる、
という。音を夢という。めるするれてのくゆくく、という。
れるするこんよれ、という。れむすのゆゆつ、これにぞある。
あんめる・るるふ、の、ゆゆれむ、という。これをめっか
という。めるするやむず、という。めるやるれれほ、とぞ。
 メッカチーフという、目の蓋という。目にガーゼをたらして
目を保護するものという。これを、がいたま、という。
めるつのゆき、ともいう。めぶれる・るっく、という。
めすてすのゆけ、という。ゆめふのガレ、という。
めるれす、という、めったのゆゆ、とぞ。目の蓋の話
である。
 索敵行のゴーグルという。ガーゼの蓋がよいという。
がんらるのたよ、とぞ。ペップスという、どらふらの
けべく、という。行くをけ、とぞ。あるする・ろん
ふる、という。れゆれ_るるる_すつ_えっすてそそよ_る
_おふれる、という。ろんむすのあくす、という。
これをて、とぞ。
 こよやるれけのお書きという。日出葦の論である。
----
 駄作すすす、である。これを解という。蓋然性の
よさの解である。 ****リズムを作る歌である。  
      
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 鳴恭川世 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『古譜91陽立・恭_川』88             
   馮道竹冠世 画書家 陽判
                   

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 餡
天の下、山拝み。つねづね。:紙祖川劣る

    著者@320上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine
-----------------------------------------------------        
 仮想店 出品 ID:KoH'yosi-5915
     画商『保端』 名画専門
     葦野原展示即売会 2000えん(葦竹額付き?)
     創郷のご案内
     東洋都百貨店にて、東洋都身日出葦サイン会、
     多数の来場者が予想されます。
     ****     
     Air-Akinokori、葦之ヶ原飛行場より
     秋残り電鉄、葦之ヶ原駅下車
     秋残り地下空中電鉄、夢舞台駅下車
     乗合自動車も出ています。
     秋残り航船、イワシュビッツ港下船
     ****      
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@320,65
posted by 秋残り at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176691122

この記事へのトラックバック