2016年07月12日

卒業1281・京都船旅181古譜28・足元:イカスミ柳

【曲名】卒業1281・京都船旅181古譜28・足元(京盆讃歌)アレッサン・カールレ
【創曲】今日創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】麗人冷花、C0コーラル    
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷
    足元に 落と葉は上がり踏みいく日
    豊の葦は原 すゆふ
    せらせてせ(ぜら、ともいう、ぜらせてせ)
    すすゆ、すすれ、 あしる せくれずゆ
    すみす けてをこくれ れれは 
    もうまいゆ すする おいほられ 
    みるる おりはなむ(orihanamu)
    うぅつふる(uttuhuru) うすする
    
    うぅつふる、という書きである。
    うぅつふる、という書きの読み。
    うっつふる、という。
    『うち』を含んだ『うつ』である意とぞ。
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
 太陽
 -----日出葦言行録-----
 落と葉:落ち葉のこと。
 アレッサン・カールレ:デッサンの意味。 
 足元のデッサンで、くゆつ、とぞ。アレフルのやみつ、とぞ。
 エールレ・ファールゥという。アーレルのカユフル、という。
 エンルレ・レーレのカレッサンスウ、という。エルレのたまゆれ、
 とぞ。エルッサンフル・ユルユ、ケンルレのけっさき、とぞ。
  ミユレル・スックのけるける、という。エバラ・ゼーゼルの
 くゆいき、という。エルンファ・レッツ、するゆるけっすく。
 えるとよのみまな、任那スゥフゥのけるいき、あれるる豊葦原
 (とみあしはら)とぞ。日出やらこみいき。そっすゆ・すぅつぅに、
 こりをこるすく。これを、コッテという。コルレルのごろう、
 という。けんぴかすをとる、という。荏原の山のお書きという。
 エルッファルレー・ユンツ、おいきいき。
  日出葦言行録の意味とぞ。
  音によるデッサンという。ルルルクックス、レレレ、
  おゆれゆ。ルンファーのデッサン後である。
  エンメスのロルユル、エッケル・ロンテの山、
  これをとぞ。山揺れのデッサンでもある。
  小舟ゆれいき、けられ、くっすゆ。エルレルの
  テンメという。アッテルという、てりてるのくりすく、
  という。えらせ、とゆる、レッテの、こゆふく、という。
  これをみる、という。けれるる、けんせば、という。
  るるす、るるれ、れれる、えって。これを、ゆゆゆ、
  とぞ。ムールルせはら、こゆすゆ、おりはる、いすす、
  いっぴ。これを記す。日出葦の書である。
  ルルル、レレル、おりはる、これをよよ(世々)という。
  略
 


       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 京盆 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『古譜28・足元』
   馮道 書画印
                   

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる

    著者@100上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine
        
 仮想店 出品 ID:yosiyosiyosi-712
       画商『宏巌』 名画専門
       葦野原展示即売会 2000えん(額付き?)       
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@100,24
posted by 秋残り at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176046021

この記事へのトラックバック