2016年07月01日

卒業1271・京都船旅171古譜19・狭霧玉:イカスミ柳

【曲名】卒業1271・京都船旅171古譜19・狭霧玉(京盆讃歌) 
【創曲】20160630創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】
【演奏】麗人冷花、C0コーラル    
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷
    消える日の玉 あわれ 我が前に
    現れた霧の丸く大きな狭霧玉 いつの
    日にか会う 葦植わる園の原に 
    朝に突然浮いてあちらこちら 我が
    家の前に出で 戸を開け驚いた
    見事なり 春後緑月 ある朝
    そうきょうよい日 冴える玉
    水地平線上の 丸い狭霧
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談

       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 京盆 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『古譜19・狭霧玉』
   馮道 書画家 咲き印
                   

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる

    著者@150上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine
        
 仮想店 出品 ID:yosiyosiyosi-625
       画商『宏岩』 名画専門
       葦野原展示即売会 2000えん(額付き?)       
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@150,12
posted by 秋残り at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175898968

この記事へのトラックバック