2016年06月21日

卒業1262・京都船旅162古譜13・岩場茨:イカスミ柳

【曲名】卒業1262・京都船旅162古譜13・岩場茨(京盆讃歌) 
【創曲】2016/06/21創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】和声長音階 ラ♭
【演奏】麗人冷花、C0コーラル    
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷
    岩場越えて茨植わる坂に葦植わる
    風落ち陽は凍れる 振り返見れば
    山がさかさ 花舞うを おちこちに
    風誘う葦原
    
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談

転回調
甲)ドレミファソラシド、これを展開する。
乙)レミファソラシドレ
丙)ミファソラシドレミ
丁)ファ・・・・・
戊)ソ・・・・・
己)ラシドレミファソラ
庚)シ・・・ 

 半音と全音を変えなければ、みな同じ音階です。 
ラから始まり、ラで終わるものを短音階といいます。 
*ここで、#、♭をつけたりすると、調が出てきます。
例えば、ミにフラットをつけます。するとハ短調となります。
ハ短調の中の、旋律短音階になります。表記は、♭三つの
ハ短調の表記になります。(ラで終わる。)
(フラット三つを使わずに、ミだけ
♭をつけたとすると、ハ長調の変種となります。
俗に、ブルース音階ともいいます。ドミソからはじまり
ドミソで終わる。)

*ここで、ソに#をつけたものを使います。
イ短調和声短音階になります。ラシドレミファソ#ラ
これを、ラシド・・からせずに、ドレミファソ#ラシドと
転回してこの音階で、作ります。短調(短音階)の長調的
利用となります。表記は、ソ#よりラ♭になりましょうか?。
(自、注:専門的に勉強しておりませんので、?表記の文に
なります。)
この音階は、ハ長調の一種で、ハ長調和声長音階です。
(和声短音階ラ・・・ソ#ラ の音階に、レを、レ#にすれば
 短音階の一種で、ハンガリア短調(短音階)です。)


 -----日出葦言行録-----
 百変化の虎
 とらかなの道、キーボイドの道の険しきは、手探り、
手探り、一歩一歩の歩み。陽は笑み、山笑う、影、縦いすに
座る。艦、何と問えば、くな餅の(huma)である。
かんにならせ、たていすの花、キーボイドの絵である。
山あり谷あり、歩めば歩むほど、手が疲れる道である。
茨道道、時落ちの音、コツコツコツ・・・・
窓の道、ウイン道図である。風吹きてぞ、先、険しきを
見る。いずこへ行くやら、奥の細道である。
松のお場所は、葦が字になる、これを、烏地である。
烏地のtora変化である。トラトラトラはト−ト−ト−
である。アがない叫びである。
 立って微笑む虎尾の立虎さん、縞髭のお姿である。
『たていす、かんなに、らせ』と、いらっしゃいをいう、
キーボイド方言である。クォーとあいさつをする。
虎かなへの道である。ソツソツソツと歩く音がする。
打ちてし分かる、窓を見る人である。 
  キーボイドお書き。これなる。
 キー打てば、音が鳴るなり、キーボー路
 先、明きに、よし青きクォ地
  希ー望峰にて、葦読む
ひと打てば、陽が出てきた。灯もでて日もでる、
いろんなひが出る。日出葦のVサインである。
立て椅子に座るという、勉学の詩である。
詩士の日出葦、虎が出た話である。
虎を獅子という、師士子という。
詩士虎さんのお話。獅子という虎の寝姿。
四肢いかに?。夢に虎となるよし寝とぞ。
フフフと笑う、馮道のお風さん、
・・・・・・  
 
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 京盆 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『古譜13・岩場茨』
   日 出 画幼 よしよし 納言印
                   

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる

    著者@250上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine
        
 仮想店 出品 ID:yosiyosiyosi-616
       画商『今日の焦点』 名画専門
       亰野頒布会 2000えん(額付き?)       
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@250,9 
posted by 秋残り at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175772419

この記事へのトラックバック