2016年06月16日

卒業1259・京都船旅159古譜10・トラロ:イカスミ柳

sotu1259.wma">卒業1259・京都船旅159古譜10・トラロ
【曲名】卒業1259・京都船旅159古譜10・トラロ(京盆讃歌) 
【創曲】2016/06/16創曲造詞
【拍子】4/4 
【種類】転回調
【演奏】麗人冷花、C0コーラル    
【場所】4戦回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷
    葦野にはゆられくる 舞うはたれ
    われか とらまた木 ふりくる
    おとはいずれ はたかぜか 舞うも
    かぜかはか 葦野にはとら路の
    うたはゆれ いわうかぜの と、
    吹きつやみつ
【解説】君、探敵中、情景。 破風之談
三矢
 -----日出葦言行録 日を拝む虎-----
 葉は舞いきたり、風はおり来る、葦之にはゆられ、岩壁手探り、
歩みつ行きつ。風吹けばゆられてはたれ、たれぞゆらる れ。
れれとら路、とら聞きてぞ、舞うをみたる。風はぐれくれ、
行き行きつ れ。 れれいき、れれはいき、れれれ。
おがみつ、つれ拝む、とら路行くれれとら。日を拝む虎、
虎はつれ、虎は笑ひ(えひ)、栄虎の路、トラロの歌い、
トラロールロ、葦のまほろむ、まほるれ。まほろる路々、
風舞いまほろ、ほろるまほに、ほほ笑ひ、帆の海、日和日よしいき、
よしよありる。ありはる、ゆゆる。るるほらる、るるまほる、
るるまほろ、うるるくゆる、くつれつふふる、すすゆありる。
ほるるやらは、ほゆるる、ほゆる、これぞ、おゆれる。
虎路の記。
 
       秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』
       蒼郷 京盆 の項     
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『古譜10・トラロ』
   日 出 画幼 よしよし 納言印
                   

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:山吹 柳
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる

    著者@530上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine
        
 仮想店 出品 ID:yosiyosiyosi-616
       画商『今日の焦点』 名画専門
       亰野頒布会 2000えん(額付き?)       
*****
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html 
***アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ アザ***
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@530,9
posted by 秋残り at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175718808

この記事へのトラックバック