2016年05月01日

卒業1158・京都船旅58ETYZU絵注図 :イカスミ柳

【曲名】卒業1158・京都船旅58ETYZU絵注図(京盆讃歌) 
【創曲】2016/05/01創曲造詞
【拍子】4/4 Dm
【種類】行進曲
【演奏】ホギャンモン・ボッコク・クースー
    友鯉合唱団    
【場所】4000回演、インターネット秋残り劇場
【歌詞】蒼郷

4/4
ギター2本
()は5capo    
Am (Em) | Dm (Am) | Dm (Am) | E7 (B7)  
春哀しや | 去りた後 | 名を残し | 君は出で

Am (Em) | Dm (Am) | Dm (Am) | E7 (B7)  
歌いよき | 花の屋の | 座敷上  | 歌流れ

capoはずす
E7 (B7) |E7 (B7)  | Dm (Am) | E7 (B7)
輪音流れ |振る手の葉に| 花ぞ散舞う| 君行給う

capoつけ 2、3capo Am  5capo Em  
Am (Em) | Dm (Am) | E7 (B7) | Am (Em)  
あれ、君に| 幸多き  | 喜びぞ  | 多かれと  
   
【解説】ギター、コード歌指南
1ギター、 Am
2ギター、 5capo Em
3段目、capoはずす
     1ギター、Am
     2ギター、Em
4段目、capoつける
     1ギター、2 or 3capo
     2ギター、そのまま or 5capo
     
 楽譜は、名コード歌手氏の歌を耳コピーしたものであり
ます。この作業を採譜といいます。コード歌と書いてある
段です。氏はこのように歌われたのです。
 下の伴奏は、この採譜者の作りです。ギタリストを
しております。
 私塾にて。
 『君は、コードの指板図を見て歌いますか。コード歌
 ですが。押さえが書かれているので、ここを歌って
 いけばよいです。リズムは自分で考えて、指板図の
 押さえの音も、上から歌うなり、下から歌うなり、
 自由に歌っていけばよいです。時間があれば、指板図
 を眺め、コードを歌っていれば、自然とコードも身
 につき、抑えを覚える助けにもなります。
  コードの学びの、イメージ・トレーニングとも
 いいます。ギターがなくても、こういう使い方が
 できます。音楽に興味があれば、ギターの指板図を
 眺めるのも音楽書の読書にもなります。
  ピアノのコードの指板図も然りです。
 音符の書かれた楽譜は、伴奏にギターとなっています。
 単音を弾き、コードを口ずさむ。これを弾き語りと
 いいます。ギターは、メロディックギターともいえば、
 よいでしょう。私はこの弾き語りをよくします。
 この楽譜は、1オクターブの音が記譜されています。
 これを弾けば、オクターブ操法となります。
  ピアノは、1オクターブ上げて弾けば、メロデック
 ピアノの伴奏といいましょうか。口はコード音を歌う。
 いま、両手をぱあ-っと上げる、あの派手なパフォー
 マンスで知られている比亜野弾子さん、あの人もよく、
 コード歌を歌っています。ピアノの指板図を見て歌っ
 ている人です。
  このイメージト-レニングは、小説家の中にもする
 人がいます。ピアノは弾けませんといい、ギターも
 弾けませんといい、音楽小説を書いている人がいます。
 このように、音楽は広く世間で利用されています。
 楽譜の読書もいいものですが、コード譜の読書もい
 いものです。
  近年、ホギャンモンさんが、コード譜は、コードと
 リズムを楽器で弾き、伴奏という部類を歌おうと提唱
 されて、これを実践されています。こういう演奏の仕方
 もあります。
  ただ、今は、コード譜中心の説明ですので、
 伴奏はメロディーになります。』
  秋残りテレビの、若い人の授業の項の取材で
 ギタリスト先生宅を訪れた時のものです。
               文責:駄作者 
      
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       蒼郷 京盆 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『ETYZU絵注図』
   山 楚 画巣 長丸判                  




字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@380上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
posted by 秋残り at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175127798

この記事へのトラックバック