2016年02月11日

卒業956・夜行185水天 :イカスミ柳

【曲名】卒業956・夜行185水天 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/11創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】跳調
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
こ 空には水の天 水天が
やってきた 楽し
水天見れば底海
湖上には海が
底見え 音々跳ねて
返り返り 葦の海原上
【解説】

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『水天』
   水野 天(みずのあま) 画卿   
            
駄作者の作曲法 答案編 44/
----秋残り芸能スクール、
   映像音楽初級コース----
   3学期末試験
 問い『自由に作曲』    
 答え『これは、古い身部の静止画像の
    映画です。この音楽に使う曲です。
    葦を携えた人が歩く、これを能歩き
    という身部の字です。ここは、
    天の水がやってくる場所です。
    ちようど、この画像をとっている時、
    水天が来て、音が湖面と水天の間に
    跳ね返り、素晴らしい音響です。
    曲の出だしの音は、これを表しました。
    自然の音響の素晴らしさを映画にします。
    身部真清といいます。そんな音です。』     
評価『井短調の曲ですね。葦野へ行く。頭上には
   水天があり、下の湖の間に音が跳ねる。
   光景が彷彿としてきます。私も訪ねたことが
   あります。葦の能舞台も拝見しました。
   字身部ですね。真清の音、斎座で聞きました。
   鼓を打って下さいまして、音が筒抜けて、
   正しく、葦造りの鼓でありました。
   コーン、ポーンという、長く続いて聞こえ
   ました。写真を映画にされる由、私も見たく
   存じます。曲ですが、歌詞に身部の風俗を
   かいま見ます。これを、よく、とらえています。
   歌には歌詞はつき物、この部分を評価します。
   -+の加点です。 -+◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験答案44緑能 (西山讃歌)
【創曲】2016/02/11創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】井短
【演奏】
【場所】
【歌詞】ハ 葦を持って脳を舞う 行く道すがら
歩きよし宮そば 田畑見る 緑葦持って
能舞う私 これ 葦歩き能の舞い 
舞台は道 自然の中の御能の舞台道よし
姿には葵飾り 耳には葉ふれ船山の
肩ひれ   

【解説】古い身部の相続である。余が身に着けたのは、
    青い飾りである。これを葵という。葦葵の葦手
    (よしあおいのよしで)という。赤合の空青き日
    である。葦持つ手のよろ、とぞ。喜びという、
    こぶ日の歩きの富有という。葦野富有という、
    不二山麓の花ぞう道の葦びき道という。葦を
    ひいた道という。赤き不二を見ゆ。不〃〃不二
    不二、という、ふふふの笑いえみである。
    世は赤き不二の寝、布団着て音(ネ)たる宴の
    すがみ間、ききよき音たる花、花姿余。
    良きは舞い、ききよし、みよし、よし言葉の
    身部字である。小さな字である。海鳴りの
    聞こえる我が身部のそのである。   
     
     映 画 『緑能』
     監 督  葦
     助 幹  敬  
     主 演  吉
          由       
     看板絵 『緑能』
          早朝 御用 画立根                
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500

【曲名】卒業955・夜行184赤園 (たんき、連歌、西山讃歌)
【創曲】2016/02/11創曲造詞
【拍子】15/16 
【種類】ロ短
【演奏】 
【場所】
【歌詞】夜行之国里行草郷
ぽ 赤い薔薇が植わり 白い
薔薇も植わる 茨道
アーチ型に植わる その下へ
毎日行く 楽しさはいつも心に
ある園の道 学ぶ中 バラめでて
園へ
【解説】

      夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷動話 赤合     
  [..}               
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館春期展示
  『赤園』
   薔薇 画卿 
  
posted by 秋残り at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173929531

この記事へのトラックバック