2016年02月10日

卒業・試験・答案43薔薇の葦 :イカスミ柳

駄作者の作曲法 答案編 43/
----秋残り芸能スクール、
   映像音楽初級コース----
   3学期末試験
 問い『自由に作曲』    
 答え『   』     
評価『 ◯/100点』 
     
【曲名】卒業・試験・答案43薔薇の葦 (西山讃歌)
【創曲】2016/02/10創曲造詞
【拍子】9/8
【種類】ロ短
【演奏】
【場所】
【歌詞】ぴ 薔薇葦の舞台へ上がり
意気ようよう 束の間の舞台は
痛い わっ
足に葦の薔薇が食い込んだ 
わっわっわっ 痛い痛くて
両足動かせず声も出せない程の
激烈な痛みはだんだん増していく
足のばしたまま手をつき手をつき
手は血だらけ四足姿
 駆けあがる舞台の晴れ姿裸足
 わわわわ 手も痛くてつけど
 ひっこめ意を決しての血だらけの
 手をついて後ずさり足を抜いて
 後ろへ手に食い込む葦薔薇
 手に重さが あ いたさ増す
これが葦の舞台の晴れ姿たったったた
夢舞台 茨の山越えて越え越え
立って歩く四足の姿 茨越えの
能の薔薇能の葦能 足腫れては
手腫れて 吉能とぞ とうとう    
     
                     
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@500上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
*****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。著者@500 
posted by 秋残り at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173860008

この記事へのトラックバック