2015年09月26日

卒業852・夜行82白平奨 :イカスミ柳

【曲名】『卒業852・夜行82白平奨
     (童謡、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/26創曲造詞
【拍子】34/4
【種類】
【演奏】
【歌詞】夜行之国里行草郷
    台地から噴き上がる 平地の奨へ
    行く あちらこちら
    遠く、夢の中、前の火山が噴き
    上がる 後ろの火山も噴き上がる
    左を見れば 右を見ても 四方の
    噴きあがり 火山群地のお迎え
    天は白く青く真っ二つ 足元
    小さな火山が勢ぞろい
         
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話 草郷嬉泊 
     時は、まだ、白い夜である。
     外は白いが、床に就く。明るい
     うちに寝る、慣れていないので、
     しばらく、眠れない。主人の話に
     よると、ここ白郷では、白夜黒夜を
     何度も繰り返すことがある。白時黒時
     という。珍しい場所である。
      そのうち余も眠り始める。夢を見る。
     昼間に訪ねたような景色が出てきた。
     ここの火山は夢にまで現われる。
      遠くに見える大きな山も噴き上げて、
     平地にある小さい火山も噴き上げている。
     足の膝ほどの高さの火山という。どんどん
     噴き上げている。余等を歓迎している。
     こんな夢である。火山の火が上がり、
     上空で一つになり、遠くへ行き、太陽に
     なった。夢の一場面である。白郷は夢にも
     めぐまれた土地柄である。
      大きな雲が出てきて龍になり、その太陽
     を口にくわえ、手にし、なにやら喜んでいる。
     雲龍手の日という。さまざまな夢が、白夜を
     楽しませてくれる。夢多き里である。
      一富士ニ鷹三茄子という夢もある。
      寅がひゅう(ニ水偏に馬)河を渡る。
      みみずが欠伸をする。花が歌を歌う。
      ・・・・・
      いろんな夢がある。
       ここ白郷の夢のメニューである。
       そうきょうは良い夢をご覧なされと、
       献立表に書いてある。獏の夢食らいも
       見れるという。楽しいところである。
       白夜夢往来記 :余  
                 
      秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字(あざ)のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。つねづね。:しそ川おとる 
 
    著者@350上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『夢様々』 
   白鳥 白朝 画朝   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@350
   【name】『HappyWay・WhiteTown
     (NisiyamaHymn)』

【compose】20150706composed、20150923Lyrics
【time】4/4
【..】
【..】
【lyrics】(Night train on going home)
   1. Sokyo, good morning. Here we are,
 white town'svery nice place. (0923)
2. Sokyo, good meaning, that is,
we have kind heart,and good both chest.(0924)
3. Sokyo, good, coming travelers enjoy
white night 'th showing happy faces.(0925)
4. Sokyo, good saying. Nothing danger.
You're safe and happy today.(0926)
          
【comment】
NightTrain,Sokyo
      white night coming twice a day
      white town story
      No.2  meaning of sokyo     
   [・・]
           
    Akinokori World Literature Vol.2
     『I AM MACHINE』 
     section : Going home       
      Member of Writing history, Akinokori city
     
*****               
 music scale table  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
    
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@250   
   
posted by 秋残り at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164434037

この記事へのトラックバック