2015年09月11日

卒業835・夜行65花ぬき :イカスミ柳

【曲名】『卒業835・夜行65花ぬき
  (三半音音階、同抜き、西山讃歌)』

【創曲】2015/09/11創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】三半音音階、同抜き
【演奏】宿主人、 好来姉歌
【歌詞】夜行之国里行草郷
    半音より二つ抜くと ドレファラ
    これ抜く音階
    花芋御膳より三つ手を叩き拝む
    手音高くうやうやしく感謝を
    捧げては 花を頂く 美しい
    ご飯の花のそえあえ 三半音
    音階交じりの歌 花御膳の歌
    お爺さんお婆さんお顔おあり
    あり ファファ 
【解説】夜行之国里行草郷
      二回夜の国辺
      白郷夕話      
     余等が食卓にいる時、そばへ来て、
    好来姉が歌を歌ってくれた。花ぬき
    という、花御膳の歌である。音階が
    三つの音階より出来ている。半音音階
    と、三半音音階と、三半音を抜いたその
    余りの音階という。好来姉は、君彼女に
    楽譜を見せた。白郷の歌である。
     民歌という、ご飯の時に歌う歌である。
    この里にある民歌である。ファで終わる
    歌である。
     見事な芋のご飯の花に歌は添わる。
    白郷夕の歌流れ、白い空の来る里。
    うれしきかな、たのしきかな。
    歌に聞く、花御膳の美しき。
    快なり、快なり。
    
   [音階]
    君彼女説く。
    12半音の1オクターブ。
    これを三つ目にとる音階、三半音音階
    といいます。3ht-C、 C(ど)より始め、
    三つ目の音を取る、ド、♯レ、♯ファ、ラ
    の音階。あと、D,Eと3種類あります。
     本楽譜は、この3種類を入れています。
    半音音階より、3半音音階の音を抜く。
    3半音音階抜き音階です。
    これを入れて使っています。
     曲は、半音音階、3半音音階、同抜き
    音階と進行し、最終の音にファの音を
    使い、白郷の歌の終止となります。
    音階の説明をそれぞれ、奇数段にいれ
    ています。
          
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物

字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい時です。:スモモどくだみ
そうきょうのよい自分です。:山吹 案
天の下、山拝み。
 
    著者@230上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『はないも』 
   民様ほぞ 画静   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@230
   
   
posted by 秋残り at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/163368127

この記事へのトラックバック