2015年08月08日

卒業793・夜行23花弁当 :イカスミ柳

【曲名】『卒業793・夜行23花弁当
     (装飾音符、西山讃歌)』

【創曲】2015/08/08創曲造詞
【拍子】3/4
【種類】装飾音符
【歌詞】夜行之国里行草郷
     花弁当 おいしい アア
     そう きみは初めて食べ
     簡単の越えあげての見事
     私の声もよく出るようになり
     歌もうたうと声もよく聞こえる
     花食べ実を食べ 体よい調子
【解説】夜行之国里行草郷
      花弁当、この地の軽食である。
     標高が高く山地のこの地である。
     オゾン含みの空気もうまく、
     健康を思う。列車に乗り続け、
     体にも、オゾン、花弁当が良く
     作用する。声を出せば、きれい
     な声である。花農村ともいう
     ところである。
      余は彼女の書いた楽譜を見る。
     『これは装飾音符です』と彼女。
     現代では、あまり見られない音符
     です。単純化をして、これを省き
     記譜します。複雑な現代社会では、
     単純化のなった、簡単な楽譜の
     音楽が好まれます。4分と16分、
     この部分の16分を、装飾音符にする。
     この部分の装飾音符をも、4分だけに
     する。リズムをはっきりとさせる、
     こういった単純化が、現代音楽の
     主流です。歌も、一度二度、数度
     聴けば頭に残り唄えるという、
     そんな曲が現代人の感覚にあい、
     多忙な現代人が安らぎを感じる。
      現代人が聴く音楽という。
     音楽の好みの流れは、そんな風です。
     現代社会の一面ですと、彼女の
     音楽観点からの現代社会分析である。
      駅前合唱団が、またマスコミでは、
     秋残りセンチメンタルズがよく唄っ
     ている、『窓の外』といった曲など、
     簡単な音符で作られた曲です。
一、
     二度聴けば、唄えるといった簡単さです。
     続けて彼女はいう。クラシックで、
     複雑な表記の曲も教えておりますが、
     こういう簡単な曲を授業に入れれば、
     生徒達は、ホッと安堵の表情を
     見せます。ヒットチャートにも昇る
     一原因でもあります。教師である。
     見るところを見ている。
                  
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       帰省 の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。
    天の下、山拝み。 
    著者@520上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  『山』
   動力 留 画景   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@520
   
posted by 秋残り at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/160763346

この記事へのトラックバック