2015年06月06日

卒業713・夕降り :イカスミ柳

【曲名】『卒業713・夕降り
    (西山讃歌)』

【創曲】2015/06/06創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】
【歌詞】夕之国小雄等之草郷
    夕降りて君佇む 
    夕焼けのおりに
    返らず川の流れ
    行く川たるを
    久しき行く末に
    岸部の渡り
    鮒真魚(ふなまな)歩き
    あああ 夕たりが降りる
【演奏】
【解説】夕之国小雄等之草郷  20150606記
 魚を見て歩く歩きの歌。
 魚歩きともいう。鮒真魚の
 歌ともいう。魚の鮒の小鮒
 という。大きな鮒真魚もいる。
 夕べの国の穂である。夕たり
 という、夕焼けのことをいう。
 夕降るの絵という。景色の
 ことをいう。絵でもある。
  鮒真魚ゆらし、鮒ゆらし、という。
まなゆまの越という。魚の登りという。
船を漕ぐ操船法の一種である。

 山に登る船の繰りという。
 ふなくりの一派である、一種
 という。川に浮く船で山に
 登って行く、この歌である。
 夕焼けの景色である。
 
 山ぐりのふなゆれ、という。
 船をくる山という。操船楽
 という。船の歌である。
 夕焼けという、船の一種である。
 夕焼け船という。川に浮く小船
 である。魚釣り用の船のよう
 という。丸底という。一寸船
 という。先が三角になっている
 形状もある。底が三角の船を
 切り傘という。切り傘船という。
 平らの平船という。京では高瀬
 という。高瀬舟という。
  これらの船で山へ登ること
 という。動力が人力という。
 船漕ぎの艪かう、という。
 ろかうのやら、という。
  ろかうやらの歌という。
 操船の歌である。
 
  ダンクラーという、操船法
 という。はなやる・かったくの浮き
 あるゆ、という。色んな船の技術と
 いう。あ履き残りの操船法である。
  ダンクラーのことを鮒真魚という。
 ダンレッツ・ルースーという。
 だんゆる・いっき、という。
 ダユツユのエバッサという。
 アルフルレーテーのすかすゆ、
 という。
 スカレル・スックのおあれ、
 ともいう。
 秋残りのソーミクという。
 ソースル・フールーのすゆれる、
 という。船の巣ともいう。
 これを船巣という。ふなづるの山
 という。ふな山登り下げ引く、
 ろかいの手という。ろかうの
 ケッテムという。
 ケルスユ・ターレーという。
 ケルカクともいう。ケルカル・
 ヒッキの
 おひき行き、という。
 オーレル・スッカの歌という。
 おたる山らる、という。オビッセ
 という。歌の意である。
 (後略)
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       夕降る(ゆうふる の項       
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
          
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@240上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine    
 *****               
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館夏期展示
  秋残り市三枚図屏風
  『夕』
   来るう 夕 画是   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@240
   
posted by 秋残り at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/138286472

この記事へのトラックバック