2015年04月26日

卒業663・良学門 :イカスミ柳

【曲名】 『卒業663・良学門
    (老朋、ハンガリアマイナ、西山讃歌)』

【創曲】2015/04/26創曲造詞
【拍子】21/16
【種類】老朋、ハンガリアマイナ
【歌詞】そうきょうのよいまなびのくぐる
    よい学びの尊さ 教えの庭に日射す
    朝清し 門をくぐりてぞ庭に立つ
    学塔見る 尖塔の光たるをや
    志なりたる今の日 遠き故郷より
    来たる あたら学思う 
【演奏】
【解説】 塔門之国効草郷
    余が海外赴任を命じられたとき。
    塔門という国という。ここで、良学を
    しに来る若い留学生という。『志成り
    ここへ来ました』という。練工門と
    いう良学門ともいう。練工塔の高い
    尖塔という。故郷あとに、新しい学を
    おもう若い人という。志願悲願の達成
    という。これを成るという。これが
    成った話という。余に話してくれた
    成功談という。
     荒波にものってきたひに、あるやら
     ともういう、やらやらの絵という。
    行く道は貝を頼りに開貝の帆立貝に
    連れられたという。大きな帆立貝で
    あるという。この貝が船先の案 内
    という。海路を教えられたという。
    波受け進む貝パイロット、この貝や
    この浦穂に帆を上げて、という。
     貝を愛でるという。貝にも目がある
    話という。つつがなく、着港したという。
    貝港奇談という。この期に気団がいた
    という。大きな垂直気流談という。
    見たという、若い人という。また会う
    ともいう。
     水先案内の快気流という。貝がおいで
    というた。ついていった船という。
    貝がグルグルと波に乗り回っていた、
    船もともに回ったという。その後、貝は
    沈み、港の方へ先にいっていたという。
     海流気流の続きという。流が海から
    出てきた話である。この気流に会う
    という、この期に夢は成っている。
    パイロットという花の主という。
    大きくなっている流である。自然
    成長説という、若い人の夢でもある。
     余は頬ほこびて聞き入った話である。
    入り聞きの入門である。入文という。
    若い人の記であり、余の聞き記である。
    ヨヨヨ、キキキという。船の入港音
    である。
     高砂貝という帆立貝である。高砂海
    ともいう。海の貝の徘徊である。
    学びは既に始まっている。始学行
    という、若い人である。余の教えでも
    ある。    
      
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       塔 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@450上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine           
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『塔門』
   東西 上有 画流   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@450
   
   
posted by 秋残り at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123763701

この記事へのトラックバック