2015年04月25日

卒業662・狭門(陽登り門) :イカスミ柳

【曲名】『卒業662・狭門(陽登り門)
    (老朋、ハンガリアマイナ、西山讃歌)』

【創曲】2015/04/25創曲造詞
【拍子】4/4
【種類】老朋、ハンガリアマイナ
【歌詞】狭い門より見るこの地広い地
    段々上がればよし 段々と上がって
    門の中 狭い門より入る 上がる門
    高くある 陽は門の下にあり 中に
    あり 拝し しばらく後 陽は門の
    上 狭き門より出づ
【演奏】
【解説】 暦之国御門草郷
     余が見た門。高くて上がれず。
    陽は門の下より出で、門の中にあり。
    陽の登る門である。狭き門より出づる
    陽である。門の反対側に回って見れば、
    狭き門より入れとなる。この地の自治の
    象徴である。門である陽である。
    陽登り陽入りの門。御門という。
    みかどという門である。オンモンという余
    である。御日(おんひ)というこの陽である。
    日陽門という。御日御陽御門(おんひおん
    ようおんもん)という。日の住み家という。
    高い造りの門で、高い階段の上にある。
    階段の下から、門の下からお出になる御日
    という。段々高く門の中へ入られ、門の上に
    座られる。これを御座という。御座より離れ
    られ、高く登られる。これを御天という。
    御天のそうきょうと余がいう今日である。
    この今日を、御天の御そうきょうという。
    たっとい御方である。陽登りのお姿という。
    日を崇め奉る御門である。後、祭壇という。
    階段状の祭壇である。この世の始まりの
    御日であられる。
     門はなくても陽は登る。あの日とこの日は
    同じである。門をたうという、ひうの門である。
    尊門という。尊天御門という。門日という。
    暦にあられる御門である。この日、暦をてん
    という。暦が門の住み家である。門日(もんび)
    という月初めである。秋残り暦用語という。
    初めを入門という、話という。      
      
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       暦法入門 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物
       
    字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
    かいきょうのそうきょうはよい時です。
    そうきょうのよい自分です。 
    著者@560上巣真芯
        植え住まし
        UESUMASi
        W.E.州 Machine           
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
***コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ コテ***
  秋残り市立美術館秋期展示
  『御門』
   門日 拝 画門   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@560
   
posted by 秋残り at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123394910

この記事へのトラックバック