2015年04月18日

卒業655・夕景 :イカスミ柳

【曲名】『卒業655・夕景       
     (若朋、ハンガリアンマイナー、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/18創曲造詞
【拍子】 11/8
【種類】若朋、ハンガリアンマイナー
【演奏】
【歌詞】海優国浜草郷
    暮れいく夕日が浜辺に照りはえ
    船行き 笛に寄せて夕日が映える
    浜に歩き音出だす風の音も返す音
    波寄せる鳴き砂の音聞く 白い
    浦に飛ぶ鳥 影を落として沖行く
    七里ガ浜夕景 ありく楽し
    汀渚行き    

【解説】 遊星座一行
    俳優研修生が、鳴き砂浜を歩き、
    笛を吹く。これを映す。夕景の
    浜という。校舎から700メートル
    程である。700メートルいった
    浜である。合宿舎夕食前の撮影
    という。映画音楽科の若い人の
    創曲である。造詞も若い人である。
    名前は日付どおり。夕暮れ通りの
    創曲という。駒音うるわし鳴き砂
    である。録音かねての撮影夕方
    という。遊星座劣等星というスター
    である。彦星の空という。薄き青き
    輝きである。若い人の名付けである。
    自分のことという若い人である。         
    
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       浜の星歩き の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@520上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『夕方』
    星 浜子 画ハ   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@520
 
posted by 秋残り at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/120802662

この記事へのトラックバック