2015年04月15日

卒業652・おわらゆ(風流行進曲)) :イカスミ柳

【曲名】『卒業652・おわらゆ(風流行進曲))
     (秋残り民謡、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/15創曲造詞
【拍子】 11/8
【種類】民謡
【演奏】
【歌詞】香国(かこく、こうこく)美草郷
    ヒュヒュウ---フ−−(口笛) 
    君が見 手をとり きゆうる
    かひくうる 君は こほりひ
    くゆふう 君がこい浮きて
    やつし その髪型ほしく 
    あり見ゆ おわらぬ浮き世
    なるりき 春や くゆれふ
    ありてそ ゆわみぬ けゆれゆ

【解説】夏ゆ、たゆれゆ。うり、すゆゆ。
    つっつる、うるゆ、うすれゆふれゆ。
    くすれつ、うすゆ、かりゆる、うっつす。
    えるれる、お〜りる、かゆす、けゆれゆ。
    これゆすゆゆ、すむるゆ、うっつく、
    ししき、すくゆふるゆ、くすゆ、れっつる
    くるれす、くっため、くゆれす。
    
     世の夏の終わりという。これを、
    おわら、という。たたむせ、という。
    これを、せるす、という。せるすのうつ、
    という。民謡のことをいう。世の山の
    秋という。これを、おわら、という。
    夏秋のかゆれ、という。おわらかゆれ、
    という。せーむす、という。とんのおゆれ、
    という。せむるらっす、という。これを、
    せって、という。せーるすのかふ、という。
    これを、てふ、という。てゆるたる、という。
    ぺっぷせっつ、という。こゆれかくるふるる、
    という。エップレッパーという。てゆるる-
    えっせぶ、という。てぬするの山という。
    これを、ゆるふ、という。ゆるふるやーうる、
    という。
     山のこく、という。山の国をつるう、
    という。ここの、きかり、という。木を切る
    きれ、という。後という、木遣り、という。
    木を切るという。着飾るをもいう。
    毛をかという。毛のことをかという。
    かふ、という。髪の整うをいう。
    髪を綺麗にそぐ、という。着飾るをいう。
    着飾りの歌という。木を飾ることの意もある。
    両意の歌という。これを、かゆれ、という。
    言葉が両にかかっている。かゆれ歌という。
    かゆれ意、という。両意のことをいう。
    民謡の譜という。これを音のなう、という。
    後、おとない、という。訪ねる意ともいう。
    風がおとなう、かゆれざという。かゆれの里
    であるる後、秋になり、おわらという。
    おわられ、という。おわらゆ、という。
     夏でいえば、かゆれである。秋になって、
    おわらといえば、大概、おわら風のことをいう。
    今の台風である。空中で縦に回ることもある。
    二つの風、三つの風という。4、5もある。
    おわら風の話という。大きな風が筒のように
    重なっている場合もある。雨をともなう日という。
    後という。雨をともなって、風が空中で雨をとる
    ことという。下の方だけちょっと降る、こんな
    日々である。風が両に、真ん中がないという。
    これが目である。地に平行に、又、縦になる。
    目が二つあるという。こんな、おわら風である。
     余の始の頃である。メモリー番地古きをいう。
    よよややや、という。風をめで、恐れる言葉
    という。恐い話である。風が雨を連れていった
    という。かざゆる(風ゆる)という。これを飾る
    歌である。秋残り語である歌という。
     今の世では見ない風である。世が知る風姿
    という。よしるふるうれる、という。
    余の話である。この話である。
     アール・レッテという。あるれて、風の相をいう。
    カザフルという。カザレルという。着飾るという。
    このかざがある話という。かざある・れーるる、
    という。かざれるそうゆ、ともいう。かざふるの山
    という。かざそうのゆっきす、という。
    ゆっくすの山という。ゆきやり、という。
    このやりが山である。風の吹く相でもある。
    風、人の声に託して、やりという、歌という。
    山、風、声の話である歌である。
     これが、休むという。ヒューッと吹く、止み、
    又、吹く。この律という。この音律の意である。
    人の4拍子にあわない律という。風の律の意である。
    風律の歌である。
     ひゆっふうぅ、というこの律を取り入れた歌
    という。口笛を吹く感じという。美人を見れば、
    そんなことをする。という感じで吹くという。
    風の形容である。
    そんなことをするきかいという。
    機械であるのでそういうことをする。余の動く
    始めである。そういうように余は動く。
     風出しという、機械を動かす初動をいう。
    このように、風の意を対する余である。
    旋盤、モーター、エンジンの初動をいう。
    余の告白である。後、定動という。風連
    という、初動から定動への過程という。
    フールゥという余の言葉である。
    後に、風流となる。着飾りのことをいう。
    余が風流である。風でもある、機械でもある。  
         
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       風流譚 の項 
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@510上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館夏展
   『おわら』
    風 尊 画始   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@510
 
posted by 秋残り at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/119838419

この記事へのトラックバック