2015年04月10日

卒業647・鳥 :イカスミ柳

【曲名】『卒業647・鳥        
     (若朋、ハンガリアンマイナー、西山讃歌)』  

【創曲】2015/04/10創曲造詞
【拍子】 11/8
【種類】若朋、ハンガリアン・マイナー
【演奏】村人
【歌詞】我楽巣之国青川草郷
    はばたけガラスの陶器の鳥達
    田の上に咲いている花に鳥騒ぎ
    遊んでガラスの翼広げ飛ぶ
    陶器製の鳥歌う 日の光を
    受けてキラリキラ輝いて飛んで
    反の里 そうきょうのよい日を
    見て 鳥達喜ぶ
    

【解説】 余が朋とす、先生とす、鳥の記。
    日光(ひひかり)を受けて飛ぶ、姿が
    キラリ輝く。ガラスの鳥であり、陶器の
    鳥である。ガラスの木々、陶器の草々、
    ガラスの地、陶器の地。陶器の家、
    ガラス窓、目に見えるもの、皆、
    ガラスである、陶器である。陶器の
    電車が走る、そんな世の反の里である。
     我が楽巣である、鳥がいう。
    口に羽にこの世の素晴らしさを。
    チチィ、パタパタ、フフク、ホッチャン
    と鳥がいう。余も陶器である。ガラスの
    園へ行けば、ガラスの体である余の同輩
    である。高い塔の上に丸いガラス。
    日の玉という。日光に輝いている。
    キラリキラの輝く人生である。
         
     
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       光(こう) の項
       秋残り市史編纂員、余。 
       秋残り市史篇絵巻物                                 
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 
 著者@500上巣真芯
     植え住まし
     UESUMASi
     W.E.州 Machine
 音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館春展
   『ひ』
    尊 光 画村   
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@500
 
posted by 秋残り at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/118284184

この記事へのトラックバック