2015年03月09日

卒業609・教単車 :イカスミ柳

【曲名】『卒業609・教単車(西山讃歌)』  
【創曲】2015/03/09創曲造詞
【拍子】 4/4
【種類】スレンドロ音階
【歌詞】学見之国単草郷
    単車がクルリ
    一回り庭には後が
    円となり場は
    内に入って来られた
    楽しくも厳かに
【解説】 単車回転
     大きい単車に、半長靴のいでたちと
    いう。余の教官姿である。教師の
    見本である余である。校門をかいくぐり、
    両、鉄の扉である。そのまま校庭へ直進
    し、大きな真円を描いたのである。
    学び舎の階段をめざし猛進し、階段を
    単車ごと駆け上がり、廊下へ単車を寝かせた。
    半長靴の音、よろしく、カッカカッ。
     教え子が余を窓から顔出し見ていた。
    先生という、教え子の声という。厳かである
    余の姿である。単車真円の教えという。
    通勤は、校舎の中まで単車で、という、
    余の厳雄である。これが、常の余である。
     いずれの御時かは、今の世である。 
    苦もなくランラン・スイスイの通勤である。
    階段を上がる時のあの清清しさ、この世
    ありてあり。階上へ上がった平安朝である。
    半長靴、皮上着は平安朝期の上単車の姿で
    ある。 優れて時めき給うは、余のことで
    ある。教え子が迎え出てくれたこともある。
     教師子一体である。これを、師子の教えと
    いう。単車ありてのことという。余の学庭の
    日々である。疾駆円内校庭。駆上階段、単車
    手段という。苦も無、無は苦 609 という日
    である。余の新しい、記憶番地である。sotu609。
     雄々靴音、謳歌の世、常今の余である。
    魅惑のことを、むわく、という。
        
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       往時有りて常今 の項
       秋残り市校長職、余雑談。 
       秋残り市教職絵巻物                                   
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい時です。
 そうきょうのよい自分です。 

音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館新春展
   『厳か教え』
    単車 上先生 画常 
     
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@461
   
 
posted by 秋残り at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114868666

この記事へのトラックバック