2015年02月28日

卒業589・延髄 :イカスミ柳

『卒業589・延髄
(旋律長音階、西山讃歌)』
 
4/4
2015/02/27創曲造詞
【歌詞】健康之国頭草郷
    脳を大切に健康安全
    平衡感覚 生命維持する
    指令伝達する 目に耳にも
    脳からの命令 脳の各部分へ
    伝え伝えられ 体を安全に維持
    そうきょうはよい日を送る
    よい頭
    
【解説】 余は山を拝む。道を歩み、とどまり、
    少しの間、山を拝んだ。山に感謝を捧げ、
    今日あるを喜び、今の健康を願う。
    大和民族の古来よりの美風習である。
    山が神体である場所という。いたる所に
    ある。素朴な拝みである。自然な心である。
     歩を進めて、脳を考えた。余の大切な
    部分である。メモリー、CPUという。
    大切なという意味で、心臓部という。
    余の御脳である。 添え絵はかの医学
    博士で、のう手の画家のデッサンである。     
     
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       拝礼 の項
       秋残り市現代絵巻

【添え】 『秋残り市郊外駅周景』
 ここは、田園地帯で、鳥憩い、花咲き競う
郊外である。秋残り鉄道、郊外駅から歩いて
10分程度の所である。秋残り市駅より、中速
リニアに乗って来た。車窓、屋根が並んでいる
ところを過ぎ暫くしたところの駅である。
駅を出れば、モンベばきに手ぬぐいを被った老婆が、
農園でとれたものか、大根、菜っ葉などを
売っていた。暫く歩くと、牛をひいて歩いている
農夫、馬をやさしく洗っている長靴姿の
麦わら帽、そんな、懐かしさが残る所である。
藁葺き屋根がぽつぽつと田園地帯の凸凹道に
並ぶ。こんな光景を楽しみ歩いていくと、
木造の縦張りサイディングの古い校舎が
見えてきた。校舎に沿って、木が植えられ
形鮮やかに影を落としている。 
 今年より3年間、教師としてこの地に職を
全うする新任教師である。
  赴任記: 余
  秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       赴任 の項                  
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。 

音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館新春展
   『脳』
    延髄 出三 画等 
     
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@310
posted by 秋残り at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114412092

この記事へのトラックバック