2015年02月26日

卒業588・常 :イカスミ柳

『卒業588・常
(西山讃歌)』
 
4/4
2015/02/26創曲造詞
【歌詞】学肇之国文草郷
    色は匂う ちりぬる 有為の
    奥山越える
    有為の奥山を今日越えて
    常なる色を散らし塗って
    絵画の学びする そうきょうを
    夢見る日と 暦に書いて
    常々心に置き 夢なる学び思う
    
【解説】 今日の夢は、夢の棒で表す。
    我が世、たれぞ常なるを
    ゆめゆめゆるふ、ゆめゆるふ
    驚き、びっくり、夢の絵、
    夢の棒、現れて、吾にいう。
    そうきょうの夢、如何。
    よきよし。
    夢ありて見る。夢の棒、ありて有り。
    楽しきにや。うれしきとぞ。
    びっくりの棒である。大きな棒である。
    そうきょうのよい棒である。
    吾が夢、よきよき。 
    余が持つ夢の棒、ありあり。
     
     秋残り世界文学全集 巻2
      『余は機械である』 
       文章作法、夢の棒 の項          
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。 

音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館新春展
   『夢学』 夢棒
    多夢 生造 画順 
     
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

 ----ブログでの団体名、個人名、他名称などは、
  全て、仮想です。実在とは、無関係です。
  記事は架空です。
                  著者@488
posted by 秋残り at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/114315980

この記事へのトラックバック