2015年01月05日

卒業523・銀屋告(銀家屋) :イカスミ柳

秋残り 御挨拶 
新年おめでとうございます。
ゴーイング・マイ・ウェイで、駄作します。
ひょっとすれば、名曲といわれる曲ができるかも、
希望をもって、駄作の道をまっしぐら。
皆様には、夢が実る年になりますよう。
今年もよろしくお願いします。
*****
秋残り駄作歌
 ・新春や 幾度来たれど 新春や  
 ・年越えて 雪も降りたる こぞの春
 ・富士の山 姫太郎とぞ 喜べり
   明けては夢に 歌旅の中
『卒業523・銀屋告(銀家屋)
(西山讃歌)』  

4/4
2015/01/03創曲造詞
【歌手】秋残り音楽院 正月 歌
【演奏】New Spring
【歌詞】春開けていく 薄雪が残る
    丸いはすの屋根 白く銀に光る
    大御爺さんの御家(お屋) 春迎えて
    花(きく)が咲く 古い御世のお話(お花)に
    七色の雲たなびく
【解説】『花』のことを『きく』という。
    『話』のことを『はな』という。
      秋残り語古語辞典より         
         
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい世です。
 そうきょうのよい自分です。 
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
**** 
   秋残り市市立美術館新春写真展
   『白銀春』
    区 凪茂 画家 
     
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***

---ブログでの団体名、個人名、他名称などは、  全て、仮想です。実在とは、無関係です。

                  著者
   
 
posted by 秋残り at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/110148000

この記事へのトラックバック