2014年12月06日

卒業488・紫朝黒鳥 :イカスミ柳

 『卒業488・紫朝黒鳥
 (西山讃歌)』  
4/4
2014/12/06創曲詞
【付け】
【歌詞】--紫朝--
    いずれの御時、色は匂えど、
    いずる時、いってきます、
    告げて家を後に 紫の薫る朝
    ひとひらの葉が足元に 茶の葉を
    摘み飲めば黄色 だいだいの咲く
    緑増す青花見る 赤い門 学びの道
    越えば青葉に咲く白百合
    踏めよ渡る黒い服
    --黒鳥--
    色の黒い鳥越え来る 学びの庭中
    背が高く首をのばし 何をか告げる
    この朝には一声のおはよう ござる
    みざる きかず きくをとおと
    なにわぎく はなはこいとい(こいとよ)
    浮かぶ浮く世 渡り越し 学びの戸津
    とうをきくと 花浮く世は身
    我が世たれぞ常なるを 

 【解説】学ぶ道いく、教室の歌。
    
    秋残り世界文学全集 巻2
    余は機械である 池辺御行 の項   
        
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
  
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
  秋残り市立美術館秋期展示
  『鳥』
   庭鳥 大 画庭
     
***サメ  サメ サメ  サメ サメ  サメ サメ  サメ***
 
posted by 秋残り at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106199243

この記事へのトラックバック