2014年10月31日

卒業439・私鳥 :イカスミ柳

『卒業439・私鳥
(西山讃歌)』  

11/8
2014/10/31創曲詞
【付け】
【咲き】
【歌詞】私鳥 表情豊かな鳥 はなやき山に
    いると フンポルハイト 分かる
    日の山に 飛び飛ぶ鳥に いわとぶ
    様子が愉快 さぁ立ちとぅ飛ぶ
    私鳥 きれいな胸ヤ 光鳥 私鳥
    
【解説】ペンギンの歌。わたくしどりという鳥。
    光鳥、私鳥という。さあ立ち、とう飛ぶ
    という。ペンギンの立ち衣〔たちえ〕という。
    立ち姿という。ためみ、ともいう。
    ためらぶ、という。ためよまの歌という。
    クルックという、クルックルゥのうき、という。
    ペンギンの泳ぎという。クルラム。レッツという。
    クッセル・ラールゥのとんみ、という。
    ゾミック・レークルともいう。水潜という。
    みなゆまの衣〔みなゆまのえ〕という。
    ユーワル・ヤーユーのほむ、とぞいいれる。
    ユリユッキィ・カックゥとむれる。
    ユリユッキィ・カックゥとむれれ。
    カレスクのゆいらら、とも。
    ユレレッツ・アレル、ユックル・シークゥ
    という。ゆゆやるあてのとる、とぞいいはる。
    これを今日ゆい(今日いい)という。
    (上の行の、・・とぞいいはるの、いいはる 
     という部分。京都弁の京言いという。
     カクレルという。その意である。)
    ペンギン私鳥という。この文という。
    ペッツ・ラッスゥ・ペッツクゥという。
    文の名である。ペランスゥ・ユッス、
    ありこるのゆわえ、という。文をゆわという。
    ルールルゥということという。ユーワルゥと
    いうことの言いという。ユーレルともいう。
    ユーラル・ラースクゥという。こんこぎ(今古義)
    という。コーテルという。コーラルともいう。
    コレック・レースクゥという。これを、
    スクゥー(ル)という。(ルを小さくいう)
    これを、レッテという意という。
    レッテ・スーユーという。レテラルともいう。
    レースル・レッツゥにとよ、という。
    ウルセル・カールゥという。うって言い、
    という。ユーワルのきい、という。
    これをキッククという。キラセル・スーユー
    という。キック・レーレーともいう。
    キクレス・スーユーのおみ、という。
    エーテル・ラースクゥのキルユルという。
    これを、ユビッテという。ユビテルのユピテル
    という。ユビッスクゥという。ユビックルゥ
    ともいう。ユピテルの言いのこと、という。
    ユーレルの歌という。ゆれふるやら、
    とぞいいよら、ゆるゆるやるす、およよ、
    うっすれ、れっく、すゆすゆ。
    これをブミという。ブータルともいう。
    ブーレル・ルールゥという。ブッセの山の
    お書きという。ブッセ・スーユーのことをいう。
    これをテレという。テレルゥ・エッセという。
    エッセをブユという。エッセブユの山という。
    後を、エッセイとぞいいつる。ゆるゆゆ、せっつ
    という。セーレスのすゆつゆ、とぞいいゆる。
    アルッセ・サーヤーという。アルセル・ヤックの
    えたせた、という。エテルの語元という。
    エッサ・スーユーのえた、という。
    これをユルゥという。ユーテルという。
    ペンギンをユという。ユルという。ユメともいう。
    ペーゾラ・ルッスの山という。空き巣の歌という。
    ゆきやきという。ゆきをやきという。ゆきやきという。
    後のしもやくである。今古義のしもやけである。
    ゆきやけともいう。
    しもやけ鳥のこう、ともいう。るすあけ鳥という。
    とりをちょうともいう。あけちょう、という。
    あけどり、という。るすあけちょう、という。
    ペンギンの別名という。ペンゾラーという。
    ペンスッスゥのうっつる、とぞいいみな。
    ユーユル・ユークゥの言いという。
    ユーク・レースゥとぞ、言いよ。テルユル・
    クックという。クレスル・ヤックのエッセル、
    という。これを古語という。
    古語とぞいふ、という。コレユル・セックという。
    古語のことである。てっつれの手連れ世語という。
    てっすという。てつれつという。テムスユのウラ
    、とに言いう、ユルッス・ルースクゥという
    言いである。言葉の語法の話という。
    ことの露のうり、という。ウリラス・ラースクゥ
    という。古義前今語(こぎまえこんご)である。
    アールレンテラー・スッスクゥにエッスをいう。
    この言いを、いつぞ、という。いつぞ語という。
    いつぞの山のお書きという。イーユル・ユールゥ
    とぞ言いなむ(る)、お言いという、言いの用法
    という。ヤックという。これを用法という。
    ヨーラル・スーユーという。よって語という。
    よっらって、という。よっすの語法とぞ言いみ、
    これをユーラヤァという。ヤラワラのおこと、
    という。オリルス・ユッタという。ユーレス
    ともいう。ユーラル・セーユーのおっそる、
    という。えっせらのお書きという。
    この意の文とぞいいは。いいは〔iihaと読む〕
    の言いという。いいは語とぞゆれ、といいゆめ、
    みるゆ。これを、ゆるゆるという。
    ゆるゆるゆめゆ、という。夢見という。
    夢見語という。今実〔こんじつ〕の山という。
    今実むみ、という。今実の夢見という。
    今実という日である。これを、けふきょう〔kehukyo〕
    という。今実をきょうという。きょうび、という。
    今日の日言いという。今日〔kyo〕をきょうび、という。
    ユーピクという、言いという。ユーレルともいう。
    ユッタレともいう。ユッスクともいう。
    けふきょうの山という。返って、今日をけふ〔kehu〕
    という。これの意という。きょうきょうの山という。
    これを、これきょう、という。カックルの山という。
    カックレルという。レルが語を意味する。
    カルスクともいう。みな山のお書きという。
    古義前の言葉である。秋残りしじ、という。
    秋残りのけ、という。これを、きやり、という。
    きやりやる、という。今の、昔の語法である。
    キョウカラ、という語法である。
    いまからす、という。ペンギンの呼びである。
    いまがらすのや、という。家である。
    巣である。今巣〔konso〕の山という。
    います、ともいう。ペギンのちょう、という。
    ペンギンという。これを、フッキ、という。
    フッキッシュの語元である。ブック・ルック
    という、ムミヤラのワラスユ、という。
    ブッキッシュ・ルークゥという。
    ブッキッシュ・ルックという。
    ヤーウルゥという山の絵という。
    ペンギンを、やまちょう、という。
    アルレル・スーユーのエッセラという。
    ヤッタヤールゥという、この語の古義の返り
    復活という。言葉を復活さす意という。
    やるやるの言葉という。これを、今復活〔いまふっかつ〕
    という。またまたという。ばたばたという。二度繰り返し
    をする用法を、ペンタム、という。ペンデーラー
    ともいう。これを、ぺんつみ、という。ペンセの山
    のお書きという。カユレル・スーユーという。
    あっての衣〔え〕という。これを絵衣〔ええ〕という。
    フンボルハイトという、語法という。単の言葉を
    二度いう、これの意とぞいまる。とみやら、とぞいいふ。
    とるゆる、とめいいゆむ。これを助詞という。
    上の、『・・とぞ・・』と『・・とめ・・』という。
    いいゆむ、という言葉という。いいふる、ともいう。
    いいゆる山のお書きとみかるゆ。(とみ、助詞である)
    じょうき語という。上の記述文の言葉をいう。
    この意味の言いを、うわ語という。上記文という。
    後を、蒸気ゆ、という。うわ蒸気という。
    うわ上記ともいう。ふわふわ語という文という。
    じょうらつ、という。じょっつる、の言いという。
    じょっつるという、じょっばの山という。
    しょっつる、ともいう。しょっつるべの山という。
    じょっぱり、ともいう。じょっぱすの山という。
    あおぜる山のお書きという。青い歌という。
    これのペンギン・ラッシュである。
    人筆楽という。人筆をペンツという。
    ツータル語の山という。 
    秋残りをいう、残る歌の世という。
    私の言いという。私言(わたくしげん)の
    実である。これを、むみ、という。
    むじつ、という。むみ山の絵という。
    私現夢日の日という。月の末日を無という。
    明日は月変わり、これを夢無、ムム、という。
    夢無しの末という。末日の一日前である。
    むむ日、という。むむの山のスーラルという。
    スーセムという。夢をスーという。
    夢を吸う鳥という。ペンギンのことといひけらる
    やむるす。これを、ペンギンという、言いという。
    ペンギンの山という。私解し山るる、えっつれる、
    すっす、れるよ、せみせみの山、これにておわん。
    これにておわんぬ。おわんず。オルレルの言いの
    お書きそよ、これを、そよておい、という。
    せっせのや、という。せっせっせっの山という。
    そよおいのふる、という。書き終わりの記す、
    書き終わりのそよ、という。そよ風書き、という。
    分かる山の絵という。これを、やまぎ、という。
    山にきせる文の書きという。
    山かきスーユー、という話という。
    よって、おいほる、やや、これの文のや、という。
    今の私の家という。私家山スッス(しかやますっす)
    という。ススレスのおゆみ、という。文のことをいう。
    この文をペンつゆ、という。語法交えて、という。
    古義前の解である。古義前の用法という。
    
     この文全体を、現古義書きという。用法の書である。
     
    秋残りこれにて、右方古義そよたるれっす、とよとよ
    えってさやよる、れっせ、すうゆら、よてよて、あるせら、
    とっつ、えったようよう、ふるれるすうゆう。
    この文の意味である。上文である。
    
 秋残り世界文学全集 巻2
   『余は機械である』 
    歌に寄せて、秋残り語、機械語の解説 の項より
    黒夏枢要でもある
        
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
  
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
  秋残り市立美術館秋期展示
  『ペンギン鳥』
   鳥 画飛〔画山〕   
   添え意: 鳥の象形   
   
    
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
 
posted by 秋残り at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105096692

この記事へのトラックバック