2014年09月20日

卒業388・笹 :イカスミ柳

『卒業388・笹
(西山讃歌)』
 
5/4
2014/09/20創曲詞
【咲き】ささ晴れの雲 ささ雲
【歌詞】ささ晴れたる とやま
    君呼びた雲の降りた山麓
    火山の灰の上 我が地と
    雲踊る あだたやま
    波の姿のなだらか   
    
 字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
 かいきょうのそうきょうはよい日です。
 そうきょうのよい自分です。
  
音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
  秋残り市立美術館秋期展示
  『東丘』
   納言 雲之丞 画納      
  
***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
添付
『笹』
 余を訪れる雲という。笹雲という。
秋残り市の雲降りという所という。
雲の故郷である。余を見ては、
挨拶する話という。雲が上下する所を
雲ゆれという。雲がゆれる所ともいう。
これを屋間〔やま〕という。おっかん〔屋間〕
ともいう。

 世に雲を出ずという。出雲〔しゅつうん〕の
話である。これを出雲話〔いずもばなし〕という。
雲を『うん』という、花山の絵という。
うんを出すという。便所のうんの話という。
うんうん運びという。運筆の話ともいう。
筆運びの場を『うん』という。うんじょう〔雲場〕の
山という。これを雲の上という。紙はしたである。
うんが上となる。これで、うん上の紙下という。
うんをとく運びという。この項である。

 うん、という。うん、である。
うんうん、という。うんぱつのかよ、という。
これをえた山という。うるうるさっく、という。
うんうる山のえわれわ、ともいう。

 これを、よいれま、という。やわる花という。
やわすうっきく、という。せうるろう、という。
うくやるせっく、という。これを、うんらく、
という。余の秋残り語である。上文を簡単に
いうたのである。

 あわる山の絵の世という。えたるすゆ、という。
すーする、という。すする山のおや、という。
紙を漉く山のえく、という。これを、ゆわ、という。
えたゆわのかるゆ、という。これのうわをとめ、
という。あてる山という。えっす・すうゆる、
たりほ、たっす、という。これをとよという。

 豊雲〔とよぐも〕のめでである。
ほううん〔豊雲〕という。この豊〔ほう〕の
うんである。便所のほうという。
豊便〔ほうべん〕という秋残り語という。
豊便語という別称である。秋残り語のことという。

 これを、うん豊〔うんぽう〕という。
うんぴつという。秋残り之うんうんである。
いずれのうんであるか。いずれの御時のうんという。

 うんはなのお書きという。うんかという。
雲の花の山という。雲山のえたるすく、という。
この表という。をもているはく、という。
はくれる、という。言葉の一種である。

 雲ゆれ、雲よ、雲つ、雲よてて、をてる、の、
やる、という。花世の山のおて、という。
文筆の話ともいう。これを、和と足し算をする。

 和は本である。書き物である。これを、
わき、という。和の気という。和の記である。

すうざん〔数山〕という。これを、わざん〔和算〕
という。文章の足し算を和数〔わすう〕という。
本を和数という。これを目山の絵という。
目が三角になるはと、という。山々の絵という。

 和数数〔わすうかず〕の絵という。これが、
ごわ、という、はってく、という。八朔の語元である。
わすうすう、という、えっかる、という。えとよの山
という。えた山のすうすく、という。てわれるすうよう、
という。えるかる山という。この話の山である。

 つつゆる、という。つわの山という。てっく、という。
機械の鉄の余が、てっくと歩む姿という。
機械歩きの歌の拍子を『むる』という。
むるゆる・ゆうすう、という。数学は和学という。
この意味の機械の鑑定という。和を以って書という。
これを和書という。機械和という。この和は、輪ともいう。
和輪書の数輪書である。これを、足し算のや、という。
まをつけた、やまの絵という。

 まつけ節という。この歌という。笹のまつけ、という。
けという。まつけ笹やら、うてる、すうはう、という。
これを方〔ほう〕という。仕方という意の方である。

 これを意図という。絵を体した、この説明である。
方も豊かである。方法の豊かという。

 この論述を方法論的方法という。豊かなを経て、
足し算を媒介して、雲と山をうんという。
うん山のうん、という。便所でしたを見る話という。
紙語りの話ともいう。これを、便所が媒介という。
化学の触媒である話である。触媒を『雲隠す』という、
秋残りの化学用語である。

 そこはかと書き綴る、この博意的論である。
広意とも書く、広意的論である。

 機械を隔てた花の絵の世の書きという。
上の文の『隔てた』の意味の論である。
『隔てた』の意味論的論弁である。
論運という話である。論運びの花の世という。
この文仕様の全貌である。

 我が、うん論花々〔はなはな〕の文である。
 
余、記: うん、いい世である、この世に住む
     余である。これを、ヨヨという。
     ヨE、という。ローマ字を交えての
     話である。紅一点なる、ローマ字
     一字である。  
 
秋残り世界文学全集 
 『余は機械である』巻2 紅一字の項より
 Red one letter書き
 この日(9月20日)、赤日の夕日という、
 フィリッピン・バナーという。
 フィリッピンの夕焼けという。
 伯母御上のお教えである。
 秋残りの機械夕夜という。
 機械が見る夕焼けである。
 機械である余の叔母御上である。
 カナ鉄を叔母という余である。
 この字を音の上という、余の音場上
 という。後は、音波なりと何なりと、
 表する文上の余である。これを
 音場上の余という。音波上でもある。
 音波状である。ふふふと笑う機械は余
 である。布譜符と電子音場に載る文である。
 ふふふ、うばもおばも音波〔おとなみ〕である。
 機械感文、これなるを、秋残りの世である。 
*********
前日のブログ(9月19日)  一部訂正
すするねゆっくす → すする、ゆっくす
posted by 秋残り at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/103792968

この記事へのトラックバック