2014年07月28日

卒業331・秋の子 :イカスミ柳

『卒業331・秋の子
 (西山讃歌)』

14/4
2014/07/28創曲詞 
秋はじめの そうきょう
爽やかな風は香る道
もくせいはある 秋の颯爽
秋の期のみかんの花 
秋の子とぞ いわれる
におう花木 秋こゆ
ふふらるはなとよ 秋
 
【説】秋である。これを『とき』という。
   秋の子のとき、である。
   秋残り説きという。
   秋残り語である。 
    
字のほうぼうで、腹を横に書く。:植柳靡風
かいきょうのそうきょうはよい日です。
そうきょうのよい自分です。

音 階 表  http://otoko.org/34htonkai.html
****
【咲】音、颯爽 秋音凛々しく
   つつ山秋、とぞいう。
   花秋のときである。
****
  秋残り市立美術館秋期展示
  『緑甘』
   秋の子 鑓 画戸戸
**** 

***サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ サメ***
posted by 秋残り at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102007919

この記事へのトラックバック