2023年05月28日

出発20007 G7 エルペッツァン・パーセブ : いかすみ柳   2023/05/28作

出発20007 G7 エルペッツァン・パーセブ : いかすみ柳   2023/05/28作
【曲名】 出発20007 G7 エルペッツァン・パーセブ
【今常】
そうきょうよい時です、柳ましょう。健康安全。
【解説】
【フォンデライアンさん】
7:55 2023/05/28
フォンデライアンさんの天皇という。
【この時の江戸城】
 この時の江戸城という。麹町城内の江戸城という。
彦根の井伊さんの城という、江戸城のことである。
この時の二条城という、黒城という、黒い二条城
という。
この時の京都御所という、今と全く造りが違う御所
という。グローバル目という、グローバル・サウスの・
いよる、という。
【この時の京都御所】
 フォンデライアンさんが泊まっておられた御所という。
フォンツー・レックスという、御所の、いとゆけ、という、
一場所という。フォンツの山の江という。御所の中の
山という、小さい頂の御所の中という。井伊山の
御所という、まったせという、まつゆちの場のいと
みと、という。この日のG7という、グローバル・
サウスという。めんろうったすの言いという、いとみと
の言いという。井伊城の言いという、京都御所の井伊
城である。この井伊城、彦根の井伊城という、この彦
根、丹波篠山の彦根でもある。この日の丹波篠山、
壁があった頃という、大きな壁で、古い昔、大阪の
藤井寺まで続いていたという。
【この日の東京麹町城、富士原生林の石垣】
 この日の麹町城、江戸城を中に持つ城で、外の
櫓建てという、櫓建てがたくさんあったことという。
櫓建てを繋ぐ壁という、この壁が、富士の原生林まで
続いている。今も残る石垣という、櫓建てを繋ぐ、
石垣である。古い日の私の造りという。誰が作ったのか
分からないという言いの、岩壁垣という、私が作った
石垣という。豆造りの垣という。豆を作っていた垣
という、そら豆、えんどう豆、等の豆類です。
富士原生林に残る石垣という、まめゆみら、という、
原生林の石垣という。

 ヤウラッテン・サースクゥという、エラテン・ルックの垣
という。麹町城の垣という。その麹町城の中の江戸城
という、壁で繋がる城という。
 エーウル・スウルウ槍という、エウタン・レックスという、
麹町城の中の江戸城という。井伊城ともいう。丹波
篠山の彦根の言いという。同じく壁があった、丹波篠
山という。
【日発国】
 この日の京都壬生、壁があった話という、この日の
日本という、壁があった話という。壁を拵えた話と
いう。壁で作る、日発(にっぱつ)という、日発国と
いう。日本のことという、壁の日発という。壁がたく
さんあった話という。

 天皇のフォンデライアンさんの頃という。G7の
グローバル・サウスという、後の第三世界という、
第三世界のくっぱる、という、これを、グロースとい
う、グローバル・サウスという、南よっきく、という、
これが、その当時の言葉という。グローバル・サウス
という。京都御所の全く装いが違う頃という。
今の京都御所とは全く違った建てという。
【京都御所の佑井】
 私がいた御所の長屋という、長屋前の井戸列と
いう、その一つの祐井(さちのい)という、鳥に餌を
やっていた私という。
【三葉虫御所】
 鶏のような鳥で、尾羽を扇のように広げる鳥という、
孔雀のような感じの広げ方という。この鳥がいた頃と
いう。御所の住まいです。あと、大鷲、トリケラトプス、
三葉虫、みそさいくす、という、大きな貝が住んでいた
御所という。三葉虫の御所の頃という。祐井(さち
のい)の前の長屋の列の一軒という、みそれの住まい
という、私が住んでいた頃という。祐井(さちのい)も
何個所かある京都御所という、この頃の京都御所
です。フォンデライアン・ブロスという、ブロスれん
てすの言いの、とみゆし、という。シュッカル・メッ
クスともいう。シュルゼスの言いという。シュルッケス
山の言いという。よいしろのある御所という、今の
京都御所の城の建て方という。たちだて、という、
【いたち城、たちだて城】
いたち城という、これを、たちだて城という、だいめす
の言いという。だいこやっかむのうた、という、この期
の御所という。いたち城という、井伊城の弓浜と
いう、ゆっきすの言いの城せまり、という言いという。
城せまり語という、城の言葉を使う京都御所という。
大名めむ、という、ゆかろうやっぱ、という、城ごめ
ふかの言いという。
 また行く御所という、私の故郷という。
【黒土先生】
 黒土先生がおられた頃という、田中白明という
場所という、黒御所という頃のことという。
ジーゆっきみのお書きという。せんべいる山という
場所の記録という、私のお書きという。
【小川革命、らりってる御所】
 エルペッツェン・ラリッセブという、らりってる
御所という。
 小川革命の、いいどやれ、という、らりるう
らっくす、という、これを、らっくす・れいてす
、という、らりってる御所の言いという。
【宇野けく、卯の】
 宇野けく、という、らりするう、宇野れのばよ、
という、宇野のゆいはみ、という、宇野れる山のお江
という、宇野れっせるの・ゆいばいという、宇野れっけく、
という。宇野のいいびの山のお江という、宇野けくの
言いという、らり、という、らりけるらけ、という、らりってる
、という言葉という、宇野けくの言いという。

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前・柳、小林壱裕柳。
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳

『天照大御神、そうきょう、よいよい』
柳私がいらっしゃる。応楊合点、柳ます。


大変な名刺だな、
めちゃくちゃ、よいネ。御私柳私。

posted by 秋残り at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発9100 貝屋根 : いかすみ柳  2023/05/27作

出発9100 貝屋根 : いかすみ柳  2023/05/27作

駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file
You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発9100 貝屋根


  創曲、理科柳雪広   2023/05/27
  造詞、冴柳小夜    2023/05/27
  監修、そうきょう連 綾椥貴人 2023/05/27
挿絵、香 淳時     2023/05/27
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
貝の屋根 二軒にもまたがって堂々
貝の屋根 下の道 白い道歩けば
明るい白貝 上にいる 下の方にも
降りてくる時 階段使い降りる 
人待って暮らしてる 川の中 貝の世

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】2023/05/27
【歌詞解説】
【】

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前柳、小林壱裕柳。
柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳柳
『天照大御神、そうきょう、よいよい』
御私がいらっしゃる柳。応楊合点、柳ましょう。綾椥貴人書。


大変な名刺だな、めちゃくちゃよいネ。

posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発100016 ケネデー御家16(大ケネデーお爺さん) 年の数え

出発100016 ケネデー御家16(大ケネデーお爺さん) 年の数え

 100を、ひといり、という。
ひといりふたみ、という、135という意という。
 ひといりろく、144
 ひといりふたみやま、155、156
 ひといりはいつ、178
 ひといりろろず、198、また、199
 ふたやら、200を越えた年という、
  あと、5ずつを入れる、といかり、といかるねという。
 ひといりいつやまれ、105
 ひといりいつみやら、125
 ひといりいつゆ、135
 ひといりいつみ、ひといりいつみやる、145
 ひといりいつとる、145
 ひといりいつむす、155
 ひといりいつろす、165
 ひといりいつま、ひといりいつまる、175
 ひといりいつもめ、185
 ひといりいつゆ、195
 二百を越えた人の言いという。
 二百を、こえ、という。
 こえが、85歳という、
 こよお、75
 こよほ、65
 こよる、64
 こよら、61、62、63
 こよの、57
 きらず、43
 きらずら、42、一歳を、相前後さす、暦の元日を、いれる
   言いという、41、43という。
 きらめゆり、36
 きらせ、34、一歳を元日をいれて33という、
 きもせ、27
 きるれ、24、26
 かんき、16また18、17をけんせ、という、
 あと、まれる、という、幼児の頃という、
   幼児を、もいけ、という、小池言いという、
 10を越えて、めったれ、という、
   めいとむのお言いという。
   めいとむ・せんかす、という、年齢の言いという。
   2つから始まる年という。日本遣という。
   これを、ホール、という、ホールミムという。
   ホールの言いという。
 7歳を、めいよ、という、
 8歳を、くいぜ、という
 9歳を、ていす、という、
 10歳を、かんれず、という、
   2歳始めた時の言いという、
 3歳を、ちょろれ、
 4歳を、くっぴす、
 5歳を、くろゆり、
 6歳を、こいけ、こいず、こいれる、こいみ、こ、みるこ、という、
 2歳未満を、ちよ、という、暦の元日を入れた言いという。
   年の数えのそっこる、という、そうきょう・るろはま、という。
   年の山の言いという。そっこすれいてす、という。
   アメリカのホーリーにあたる年の言いという。
   ほーりーるーという、あむせの言いという。あむ年という。
   『年を編む』という言葉の出来という。
   古年齢の言いともいう。これを、古暦(これき)という。
  いえやすの言いという、家安という、あられの・こいふため、
  という。カアンランという。かあんすべ、という、年齢の
  言いという。回埼日の言いという。穂浦の回埼という
  場所の言いという。ふるそうこす、という言いという。
  五島の数えともいう、宮数えともいう。この『宮』、
 古有栖(ふるありす)という場所のことという、保田由良城
 という場所のことという、ほだゆっぱす、という、古い宮の
 言葉という、保田由良語という、保田ゆっぱす、という。
 宮を、ゆ、ゆん、という、ゆゆ、ともいう、ゆゆゆ、ともいう。
 古い宮言葉という。保田ゆっぱす・けんらぎねという、
 宮を、ゆゆゆ、という言いという、城状の宮という。
 古い宮ふみのことという、あおらんたす、ということの、
 わかるり、という。わかるり宮のおえ、という。
 ヤーウルヤナテスの言葉という。あるゆったしの言いという。
 年を、めゆらる、という、古いそうきょう語という、そっこす・
 れいてす、という。

69で元に戻る、かんぜる、という年の数えという、
 かんらんせらあの言いの年数えという、暦の2月11日
 から始める数えという。今の数え年の古い数え年という。
 2月11日を、かんらん日という、かんゆれのお日という。
 うちの暦という、御親戚の、ゆゆゆの暦という。
 2月11日を、生誕日という、これの数え年という。
 かゆく・あられらせ、こいのお日という。こいゆらの日と
 いう。かっぴすの数えという。
  生まれた年の2月11日を生誕日という。過ぎていた場合は、
 明けの年にする、これを、よんさい、という。
 よん、む、せ、という年の言いという。よんさめの言いという。
 む、という年の日という、これを、かんむ、という。桓武と表す
 年の言いという。桓武暦という年の数えという。
  69を、かんらんられ、という、むっかる、というコロポックル
 定数という。ひよらの言いという、むっかれする、という。
  年の数えの、あいゆはる、という、あいゆばれ、ともいう。
 70を、む、という、また、むれ、という。
 80を、せ、という、
 90を、こ、こい、という、
 10の言いという、
 20の、よべ、
 30の、せら、
 40の、こま、
 50の、これ、こむ、こす、
 60の、かんこ、
 70でむになる言いという。
 あと、1に、そ、を付ける。
 れそれ、という数えの言いという、年齢に用いる。
 いいそ、11
 よべそ、21
 せらそ、31
 ・・・・・
 ・・・・・同様。
 6歳を、めいよ、という言いの数え。
 7歳を、あちめいよ、という、
 6歳7歳を、めいせる、という。
コロポックル数風の言いという、ひとれの言いという、
 ひとれ語という。色相れんずるの言いという。コロポックルを
 色相ともいう。あいゆられの言葉という。あいみす言いと
いう。あいらぶ数有という、京都壬生の言いという。
あいらぶ、という、やぶれる数有という。やめすの言葉と
いう。ゆよやってすのお言いという。ゆおめの・おいすい、
という、コロラン・ファールレイという。やっぱすの言いの
言葉の名称という。めいする・はうれる、という。
言葉のことの話という。はうれんるうざる、という、
せとよの遣という。エルエッテスの言葉の花の言いという。
花言葉の家という、私家という、御親戚家という、花屋敷
語という。はうれん・うっつすのやの言いという。あすれ語という。
七条大門の言いともいう、七条きんくす、という。
皆、言葉の名称の言いです。コロポックル・ランベルという
言葉という、かいすきの言葉という、この『かい』、回埼の
『かい』という、貝でもあります。シーシェルビーというリンガル語
の呼びという、七条の貝の言いという、回ともいう。
七条かい原の闇という、言葉という、壬生ゆんでし、という、
七条きんくす、という。

  これぐらいにしときます。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽