2022年11月23日

出発5600色想ゆっきし(味間弓の鳴る音) : いかすみ柳  2022/11/22作

出発5600色想ゆっきし(味間弓の鳴る音) : いかすみ柳  2022/11/22作
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック 
スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。 MP3 file
You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発5600 色想ゆっきし(味間弓の鳴る音)


    創曲、理科柳雪広   2022/11/22
    造詞、冴柳小夜    2022/11/22
    監修、そうきょう連    2022/11/22
挿絵、香 淳時     2022/11/22
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
色想由岸かっされ ある日の水上がり
そわに滝の流れ 一時切れた時
ゆうられたきれしたの水 水がゆられて
右左 覆う雲の空一面 味間咲由良
地が傾き 鳴る音くゆしぼらぜ
しばらくそれ たききぼせる

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】2022/11/22
【歌詞解説】
【地震】
ゆっきし   : 地震のこと
色想由岸 : 色想の岸、「由」が古語の「ゆ」
かっされ   : がびぜられ、色想の岸辺の、ゆよはり、という。

 ゆよの場のがべ、がべの彦岸、
 「がべ」が、かなじゆき、という「こみ坂」のゆい、
 ゆいとせのがべ、という、そしるきみそ、という。
 岸辺のがやけら、という、「けら」が、がれのこと、
 崖のこと。「かっされのがいかす」という、崖の際
 の道ゆられ、道が揺れた形容。「かっさり
 きびきび」 という、「きびきび」という、「そしそし」
 という、地震揺れの形容。「かっされ」という、
 おおやふらの揺れという、れっとせの・るいはり、
 という場の上下の揺れ のこと、「かっさり揺れ」
 という。味間の言葉で、「すう るるう」という。
 前の道が上がったという、その日のこと という。
 「かっさりがっしび」のゆおん、という。「ゆおん」と
 いう、とい芝のことの言い表しという、「ゆおん
 れっけ」と いう、「とっきす」のりろん、という。
 「とっきし」が「がっぱく」の意という。合白。
 白い空気になったという、しろゆらふの地震と
 いう。これを白山という、闇のお越という。
 闇が出た地震という。白闇の出という。味間の
 合白という。
そわ    : 沢の江を、そわ、という。
くゆ     : はねることの言い表し。
  くゆざき、という、はねる場所という、水がはね
  た所 。  
しほらぜ  : しほらゆらじ、という、しほらの場、

  しほらの道のこと。「しほら」が、後、池貯めと
  いう、水を貯めた池のことを、「しほらぜゆ」と
  いう、味間金るり(あじまきんるり)という。
  金色の水という、飲めば、少し、甘い水で、
  「すみるら」という、金色に光っている水という。
  「こんたかゆき」の色という、青い金色という、
  「かなせられ」ともいう。味間の水という、しおらき
  の場の水という。味間にある時とぞるれら。
  「るれら」という味間切という言葉の止め、切。
それ     : 続くことを「それ」という。
きぼせる   : きぼす、という、きぼせのほっすす、
 という。木を干す時の形容。


 「きぼせる・きっぽら」という、「きりきり」のくみさり、
 という。きよんさく、という。木を干す柵という。
 「きよせる」ともいう。「きよっきし」の言いという。
 「きらんきっすけ」の「さけくけ」という、これを、
 「りびすび」という。めよろっすの・いったし、という。
 これを、ゆっきし、という。木をかえしという、
 かえし柵のもくとく、という、とくべすのきこる・きび
 すび、という。この頃の味間のしそれ、という。
 しそれゆんきすの・そみそっぴす、という。これを、
 「もくとく」という。ゆりんすうるるの・きよよんてす、
 という。きよっ岸という。きしゆらるお言いという。
 たききぼのねきの言葉という。ねきゆきの言葉と
 いう。滝のねきへ行く日の言葉という、
 きよっ岸ろっきす、という。「ろっき」が「行く」である
 意とぞそす。「とぞそす」の切という、もくとくの切とい
 う。 味間みんふらの使いの時の切の言葉でそ。
 「でそ」も味間みんとすの切の言葉ですそ。これを
 裾切という、一派なの切である。「ですぞ」ともいう。
 きぼせる乱ト「きぼせるらんく、と読む)という、切の
 言葉の使われる時の、切の言葉の言いとぞれす。
 この「れす」も、きぼせる乱トである。

後、別稿

天照大御神著、そうきょうよいお書き。
名前柳、小林壱裕柳。
*****************************
『天照大御神、そうきょう、よいよい』
御私がいらっしゃる柳。応楊合点、柳ましょう。
posted by 秋残り at 10:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽