2022年09月20日

出発7002 きょしふりさん :イカスミ柳

出発7002 きょしふりさん :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発7002 きょしふりさん
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/12
【イギリス日本式庭園】
 イギリスに、日本式庭園がある。そこの
、えめせ、という。これを、そいふむ、という。
ろっとすの・くりざり、とぞ。
【クジャク】
 ここにクジャクがいる。このクジヤクのことを、
ちゃっせぐ、という。クジャクを、ちゃっせぐ、という。
このクジャクの、としょるり、という。チャールと鳴く
声という。チャールのこわれ、という。『こわれ』を、
『こわおと、声音』という。声音の音をめでられる、
チャールズ皇王という。イギリスの、こうえらく、と
いう。ここの、チャールズとうふみ、という。
【チャールズ皇王】
 これが、チャールズ皇王の、ふれふみ、という。
そのお足音という、これを聞くクジャクという。
わたゆちの・てよふり、という。しっぽの羽を扇に
広げるクジャクのことを、皇鳥という。このクジャクを、
チャールと仰るチャールズ皇王という。チャールズ
王という。チャールス山のお絵という。
【はなぶさのお国】
 るる照らすイギリスという。はなぶさのお国という。
チャールズ・るるひむ、という。この『ひむ』を、
おうひむ、という、これが、日本の『ひむ』である。
【チャールズ皇王、日の帝】
 英語表記で、O-Him と表し、O'Him と表す。
『O』が、日本語と英語で、Oh とも表す。
これの謂れという。クジャクの庭園の日本風という。
私が行ったという、若い人のお行くその日の、チャー
ルズ皇王という。これが山澤の・ひのよま、という。
ひのよま、という、意味が、日の世の間という。
チャールズ皇王のことを、日の帝という。
【こうはまさん、皇浜さん】
 ここを、にったれ、という。にそしそ、という。
日本名を、こうはまさん、という。皇浜という。
皇浜さんの、おきやり、という。その日本式庭園
という。ジョンふむの・りよく、という。この『りよく』
の『よく』が、クジャクの羽という。
【イギリス、東インド会社】
 このクジャクが、インドの東インドの英国の
東インド会社という。この東インド会社、今の、
やさるき、という。このインドの東インドという。
また山のインド会社という。隣が、日本の
東インド会社という。サージカル・スプーンと
いう、スプーンの船という、匙船という。

 遠く日本のいそめ槍という。この槍の位置
という、一という。日本の富士山をいう、いそ
め槍という。これが、日本式庭園の小高い所
という。いそめ槍という場所の名のことという。
チャールズ・いそめ、という。これを、そめゆま、
という。そこのお住まいという。チャールズ皇王
の御場所という。
【京都御所】
 これを、いのふまるれ、という。この『いの」と
いう、京都の御所の猪という。この猪のことを、
『いの』という。猪を、てよふら、という。
猪と言うたひの、いそれらる、という。これを、
すめるられ、という。すめらの・いとさり、とい
う。日本の皇居の王という。現皇居の王とい
う。これを、御親内、ごしんうち、という。
【皇王】
 皇居の王を、皇王という、イギリスのチャー
ルズ王のことを、チャールズ皇王という。
英国と日本の古い行き来という。古い日の、
ジョージ二世という。これが、皇太王という、
尊の言いの、ジョージ二世という。ジョージ
二世皇太王という。古い日の、もひとつ古い
江戸みゆふま、という、皇居という日以前の
、現皇居の場の呼びという。
【ジョージ二世皇太王】
 これが、ジョージ二世皇太王を、ジョージくむ
いみ、という。この『いみ』が、皇太王を、好太王
という、りせされられの言いという。ジョージ二世
好太王のお居間という。皇居の一室という。
ここの間を、御虚という、おうつみ室という。
うつみお遣り、という言葉使いという。

 英語と日本語がある。おうさみ、という、言葉の
種という。『O』を使う使いに、英語と日本語という。
ジョージ二世王のお置きという。ゆったし、という、
言葉使いという。りゆむっすず、ともいう。
【好太后】
 これが、好太后という、ジョージ二世王妃という。
これが、二条の城の柳城という呼びの城の言葉
という。二条柳城のお呼びという。皇居と二条柳
城の呼びである。

 ジョージ御皇太芝という、しっぱす、というしぱ
せらの言いという。ジョージ二世王がおられる
皇居という、二条柳城という。

 『そこの天皇、言うてみぃ』という。

 私の家に、小さい墓があった。小さい墓標である。
御親戚の御墓、世界の人々の御墓、動植物の御墓、
物の御墓という、星の御墓という。全世界の御墓が
あった。
【ジョージ二世御墓】
 この御墓の上の空を天当という。これをいう、
二世天という。ジョージ二世の『二世』の御墓という。
ぼけめらる、ぼけゆらぎ、ぼけみり、・・・・・・』という。
この江の泓という。ふけぞら、という、泓空。これを、
こうふり、という。
 
 イギリスの日本庭園のクジャクのいる庭園という、
ここの空を、ふけるら、という、二世天という。これが、
チャールズ皇王の『皇』の意という、その一意という。
【チャールズ尊皇王、チャールズ皇尊王】
 チャールズ皇王の・おとゆまれ、という。この『おと』
、めんたれの音、という。葬の時の御音である。
これが、チャールズ皇王の、尊をとる、チャールズ尊皇
王という、チャールズ尊皇という。その御部屋がある、
日本の皇居新宮殿の中という。
【ブッシュ大統領、皇居新宮殿】
 アメリカのブッシュ大統領のお座られた御席の
隣りという。新宮殿の一角である。私の同席という。
『どこであるか?』

 『そこの天皇、言うてみぃ』という。
新宮殿の言葉使いという。御玄関かんふき、という、
言葉の主という。『チャールズ尊王の御席はどこか。』
柳さっかれぬ、という御席という。

 ブッシュ大統領の御席を、ヤナギッシュ、と
いう。ごめんせられるおこと、という。新宮殿の
いとそめ、という。これが、皇居の御所の言いと
いう、京都御所及び他離宮の言いという、
やなぎろく、という。柳っ所ろり浜ともいう。
皇居をも、柳っ所という、御所っ白(ごしょっぱく)
という。『言うてみぃ』という、御所常用の言葉と
いう。
【イギリス代々王】
 御兄おられるおあらせらる、ジョージ五世という、
ジョージ三世の・よとぎゆたせ、という。これを、
そうりし、という。ジョージ二世という、葬に御出に
なる、エリザべんせる、という。エリザふんりす、
という、エリザベスという御名のエリザベス二世と
いう。二世の、ごじせい、御時勢、という。
二世を諱という。これが、皇尊王を、現とめ(
げんとめ)という。現とめれんせらーという。
ゲンセラーを、つまっせる、という。ついさり、と
いう。てよそれの、現尊皇王という。現尊を
現存という。現存皇王という。
 これを、クジャックスという、クジャクれんてす、
という。みよふっぱすの・られろ、という。『ろ』
を道という。
 皇尊王れる、という、てよそっずう、という。
チャールズ王を、とんれみ、という。クジャクの
後をお歩みの王という、これを、るばせら、という。
みよたっせるの言いという。チャールズ・ロントス
という。
【人生劇場】
 人生劇場という日本歌謡の『時よ、時節よ、
変わろとままよ・・』という。尾崎ゆんびさ、と
いう。吉良の仁吉という、昭和柳天皇のこと
である。『べらんめぇ、べらぼうめ』という。
この『べら』が、影兵衛の『兵衛』という。
仁吉ゆんひる、という言葉使いという。きっつぁれ・
よんしょう、という、ちきぶつの・きんこしょ、という、
きんこ・ゆっきすのいそめる、という。仁徳ともいう。

 これが、古きの仁徳の、ゆみひられ、という、
仁徳庭という、俺という。
【日本式庭園のクジャク】
 イギリスの日本式庭園のクジャャクのことを、
日本では、りりし、という、りりし鳥という。生ま
れも育ちも、恐竜おんせら、でござる。『手前
由緒は、りりし住まれとて、おんによされ、る
せら、そきす、とぞとぞいわれ、ろくせらのおり
しよ、すすす、すすむれとれと』、おいらっせの
いわれでござる。

 リラリラリラと鳴くクジャク尊鳥でござる。
イギリスのクジャクとぞそ。イタリアを呼ぶ、
イギリスの鏡に映る、映鏡伊の国という。
映鏡伊鳥という、おいせみんべす、という。
エリザベス二世女王という、御時勢の踏襲と
いう。クジャクの鳴き声を、御時勢という、
時の声という。カックシュキーという。
且主期という、クジャクの鳴くころという。
これを、コロシーフル、という。日本式庭園の
クジャクの呼びである。

 イタリアの声の鏡映る、こわかえり、という。
声が返る池の音という、日本式庭園の池と
いう。これを『行くとよい』『行くといい』という。
こだまのように声が返る池とぞそ。表記に、諱
1941、1911という一つの表記という。
日本式庭園のことという。

 チャールズ尊皇、御兄おられおらせる、鏡
ゆっきくれず、という。バーモント・レーテクと
いう、エリザベス女王御声、『 a little 』という、
お教えという。原始人は言う、『英語は少し
わかります』という、 a little difficult という、
『I would understand English a little.』という
原始人という、よくわかった人という。
『Diffcult、English』という人という、よく
わかっている人である。
【きょしふりさん】
 エリザベス女王のお教えという、『ア、リトル』
という、古くジョージ二世のお言葉という。
ジョージ二世の御踏襲という、『きょしふりさん』
という、日本名のチャールズ尊皇という。御時勢の
お方という。古い東宮という場所でのお住まいという。
皇居と、京都御所東宮という。古い、京都御所東
宮でのお呼びという『きょしふりさん』という。

 エリザベス女王をクジャンスという。クジャテスの
おちゆち、トゾソ。
 エリザベス女王はじめ御祖先の踏襲をされる、
そみそてのごいそ、という、踏襲のことという、
これを、尊皇(そんこう)れく、という。
エリザベス二世という、御尊女皇という、『諱』と
いうお印という、お判という。
エリザベス二世という尊称という、古い京都御所
東宮での尊称という、東京皇居内の御所とも。
【東京皇居新宮殿れっくす】
 新宮殿れっくす、ともいう。れってすのといふり、
という。『きょしふりさん』という意味ともいう。
御名をつけて『チャールズきょしふりさん』という。
これを、おじ越しという、おじ腰ともいう。こしゆらふ
の言いという。おじ腰を、柳おじ、という、柳腰と
いう、安全をとる、越し腰の、やなぎゆせってす
、という。やなぎよっきしの・りっせる、という。
リットン・ファールレーという、英語、 Willow locks と
いう、りゆんてすの言いという、柳言いという。人名
に柳を付けることという。これを、御所やなぎれ、という。
柳礼の・おあんてむ、という。外国人名に柳を
付けることという、英語の場合、(Name) willow という。
Charles willow、 willow Charles という。

 チャールズ尊皇という、御尊影を飾っていた私家
という。Willow Chales san という、原始人家の言いです。

 悲しみ多くにや、あるられら、ういとみ、ありして、
そそす。れよよ、かくする、れてす、おりりっくす、
すそうしょうせら、おおく、れとん、いとそて、るるす、
れむせら、うういるっしる、おりらんせ、みよっとす、
ししする、ろりすり、せせる、よっとす、
これを、りとよ、とぞそ。りとよのチャールズ尊皇という。
【チャールズ尊皇霊天】
 チャールズ尊皇霊天(そんこうれてん)という。
チャールズ尊皇の上の空という。これを、かみそき、
という。古い御所の頃の言いという。チャールズ
尊皇霊天のことを『り』という。魂の空という。魂空
という、霊天のこととぞ。
【殿中やなぎふみ】
 桓武柳天皇を、吉良の仁吉という、仁徳柳
天皇を、ジンタックスという、じっけく、という、じみん
それ、という、され、という。みみんすすの言いという。
この言いを、殿中やなぎふみ、という。じっけす
れいてく、という。これが、古い、京都墓町の頃の
呼びです。墓町を、れこるき、という、りよっとす、
という。京都りよふられ、という。ふらっせる・るん
しい、という。めぶれってす、ともいう。りよふみの
やなんそる、という。りよりよのおこと、という。
***御叔母さんのお教えという、東宮でのお
教えという。岸本語という、はながべ語という。
後、雅語ともいう、雅語に入れられた言葉という。
上の言葉です。柳雅語ともいう。おりよ語ともいう。

 御々兄ありられ、るるてす、そてんす、れよそ、
悲しみにや、ありらりる、ろりしり、おてす、せて
そて、チャールズ尊皇お言う、るいするれとそて、
とぞそ。悲しみの越え声、ありてたっとき、ありし
し、すめすめ、ろとる、れとそ、るいるい、おりす
る、すらんす、れてその御祝言という。
葬を『いお』という、出の意味という。手を祝う、
そめそれ、という。この『出』が、良の出です。
陵という、 Stone tombs という、 stone circle
の頃の古い言いという。、 Departure という、
英国の古い葬儀という。

『ふれるら、ありてそ、ふるしるれてみ、そいそい、
うるっしら、るおれて、ありしす、そみる、ゆってし。』
古い葬という、東宮のチャーチスという、その葬の
言葉という。オンリー・チャスゲという、すげゆげの
れおそす、という。お葬のひまれく、という。
この言葉が、御所の葬の言葉です。送に掛かる
言葉という、出に掛かる言葉という。

 stone circle で葬儀あったことという。Departure
という、 Onllyという、 『 l 』を重ねる、古い英国の
言葉とぞそ。 Stone circle出 の言葉という。
ジョージ二世の御葬儀という。各地でもあった
御葬儀とぞそ。ジンタックスレッツの言いともいう。
日本語と英語の掛かりの言葉のことという、ジン
タックスレッツという。
【イタリア】
 エリザベス二世尊女王、おあられおあられ、今を
時勢と仰る、ろてその言いそみ、という。今も、
おあられおことと、という。これを、ごしつり、という。
東南の方におられるという。れくつの列席墓という、
霊窟の御御霊という。ここを、いたさり、という。
イタリアの国の名のとり所という。イタリアの国の
尊さという。ドラシレルという、古いイタリアの国と
いう。英国のシェークピア先生が、イタリアを
書かれる一つの所以とぞそ。イタリア尊霊国という、
イタリアの尊称という。Departureの国ともいう。
英国をDepartureの写し国という。英伊遺影の国と
いう、イタリアとイギリスとぞそ。写真を飾る尊さ
という。原始人の御遺影という、いきかげゆき、
という。写真を映祖という、ごしょかっくすの言いと
いう。

 五十音に柳をつけておきます。これを、柳影みっ
ぱす、という、チャールズれっすげ、という。
古く、ジョージ二世付けという。ウィロー・ロンテス
という。東京の麹町城の付けともいう。ジョリックス
という、じぇめすめ、りとせろ、るいらき、れとんふり、
という。言葉に全部、柳がつけてあることという。
ジョージ王のお教えという、ジョージ六世のお教え
という。ジョージ代々王の、みのそべ、という、言葉
に柳がつけてあるというお教えという、正(やなぎ、
しょう、せい、柳、 willow、right、good)ともいう。
Right King George という、 Willowばっぜす、
という、ジョージ王のことという。

 バランセラという、古いイギリスの名である。
イギリスを、れんづけ、という、れってすれいれいの
・るいおっせる、という。これを、チャレッセラーという、
ふみすりの言いという。
【プーチン卓語】
 ちゃれっせらの言いで、ロシア・カムチャッカ半島を、
日の出由良という、日出る国という。日本を、ひませ
まの国という。これを、プーチン・ラッセルという、
プーチン卓語の言いという。日本を日出る国という、
てっすべの言いという。カムチャッカの日本言いと
いう。
【色相湖のプーチン道】
 日本がカムチャッカを、日の出由良ふら、という、
日出る国という。でむそられれの言いという。
これを、チャッカスという、チャーメスという、
チャリッサという、チャッセラの言いという。
プーチン卓語という、プーチン・ディナー・フィッシュ
という、ターリルのいのそべ、という。プーチン
さんの言いという。プーチン・ラッセルという。
色相ゆまれの、プーチン道という。
【トマト太陽のお顔】
 プーチン・ラッセルという、色相湖の浜辺の、
ケネ路の一部という。ここを、卓道という。
宅道れく、という。食卓の稲の植わる道という。
ここの言いを、カムチャッカの言いの同じという。
カムチャッカに一部日本語と同じ言葉がある。
これを、プーチン特区という、そこの言いに、
色相の言いと同じ言いという、これを、食卓の
日の出という。朝ごはんの、プーチン卓という。
トマトを添えたりする。このトマトを太陽の映り
という。プーチンのがめふり、という。
プーチンさんのお顔をトマト顔という、日の顔
という。これが、プーチスという、チャレッセラー
の、チャキすり、という。トマトのプーチンさんと
いう。トマトを浮かべる、不沈の国のロシアと
いう。これを、プーチンルックという。ゼレンス
キーさんのノウハウという。
【トマトをゼッケスという、食卓の赤い太陽という】
 農業のトマトを、ゼッケスという、キエフ論
くく、という。キエフのゼレンスキーさんのおい
さりさら、という。トマトをさらに盛る、
ゼレッテスという、これを、ゼレン皿という、
フォークをゼレンスキーという。キエフ・ランテム
という。キエフ皿という。ゼレッケスのきろしろ、
という。トマトを食べるキエフの人という。
マリウポリ論句ともいう。マリールウという、
れもせろ、という。

 トマトを、めとそみ、という。日本の、目と、
そみ、という。目と見のことをいう。トマトのことを、
みらせる、という。これを、大統領の目という、
トマト列という。ロシアの古い言いという、
トマトを、ローショという、ろけたり、という。
ハラショーのローショという、トマトが植わる
畑という。大統領という、政則という。
プーチン・サックレーという、プチッスソーという。

 ロシアの全時ロシアという、これを、ぜっけらけ、
という、ゼキンスという、ロギンシアのむりふる、
という。ロシアの、皇ふら、という、『ふら』を『み
ら』という、ミラーフル・ルロスという、ミラッショの
オスロレシアという。ロシアを、とっこく、という。
突国という。ゼレスレーの言いという。
КГБ東独の言いという。プーチン大統領の
КГБの関連という。太陽をめでる、КГБ
という、日本の影兵衛という。КГБ、影兵衛
のおかかりという。
【ジェームズ・ポンド000原始諜報】
 原始人の見立てという、イギリスの、000という。
イギリスの諜報部員である、イアン・フレミング
先生の御著書の『影』の部分という、原始人が
諜報部員という、000という、原始人という。
ジェームズ・ポンドという、000の影の話という。
原始人の部分という。

 ジェームズ隠れという、ジェームズ・ポンドという、
ジェームズ池という、色相湖のブッシュ・シーズの
横という、ジェームズ隠れという。

 本の字の書かれていないところという、影の
部分という、字は魚である。そこに書かれている、
影という、忍者のような諜報部員という。
原始人のルックという、大統領というお方の影
という。

 世界の大統領という、その方々のおかげという。
大統領の健康安全という。影の書という。
000が働くという、大統領の衛兵という。

 イギリス王室の、000という、原始人という。
影の人という。ジェームズ・ポンドの池の生まれ
という。色相湖の埋まれという、000の出生と
いう。

 ジェームズ・ポンドの鯉がいる。影魚の鯉と
いう、グラスゴーの沼の鯉、大きな鯉という。
イルカのことという、影魚という、トマトを食べる
鯉である。太陽食影魚という。ゼレンスキー魚
という。語勢沼の製鉄所の池のイルカという。
ゼレンスキーさんが見ておられたという。
いそるみ山という、語勢沼辺り一帯をいう。
京都の五条城西辺りという。

 000というイルカの、ほけすら、という。ジェー
ムズ魚という。大統領を見るイルカという。
大統領影魚という。大統領のおかげという。
太陽魚のトマト食という。

 これが、食制という、食盛という、しょくせの世
という。食べから見た大統領という、影ともいう
べき部分でもある。000の見という。

【ベンツ車】
 日本のトマトを、太陽果樹という、太陽の
ある国という。全世界をトマトという、さんすれの
ベンツという、東独のベンツという車の言い
という。

 これの言いが、カムチャッカ半島の食卓という。
朝食に、トマトをのせて、『あら、日の出』という、
日の出の国の朝食という。れてせらトマトという。
これを、ぶっきく、という。ぶみすみ、ともいう。
【アメリカ、ブッシュ王朝】
 アメリカの、ブッシュ王朝が、サン・ライスと
いう、朝食を、サン・ライス・イートという。イー
テイングともいう。サン・ライスを、サン・ライズ
という、ブッシュ・シーティングという。
【ブッシュさん三代続きの色相湖御滞在】
 ブッシュのモーロソーという。ブッシュの
めよめよ、という。トマトを見て、太陽という。
『太陽が傍へやってきた』という、トマトの食
宅という。ブッシュ王朝の食べ物という。
色相湖のブッシュさんという。お爺さん、
お父さん、ブッシュさんという、三代続きの
お住まいという。ブッシュ・シーズの傍と
いう。この『ぞは』が、蕎麦という。
 ブッシュ家の落ち葉世(おちばよ)という、
小さい墓の墓碑という。ここが、ブッシュミスと
いう。ブッシュ・シーズ・ランという。昔、丘で
あった所という。ここと、ブッシュ・シーズの浜の
上の山手という、月演芸場の左側とい、少し
離れている所の墓碑に、ブッシュさんのお爺さ
んのお写真が添えられていた、屋根付きの
小さい飾り屋という。影という場とぞ。
【朝鮮真珠海】
 蕎麦とトマトを食べる、色相湖の食べ物
という。プーチンさんが食べておられたと
いう。プーチンさんのトマト口という。
太陽が太陽を食べていたという、カム
チャッカの島という。この島が日出る国と
いう。チョッソン・パールスウという、キム
らるの沖という、日の出の皿という。
朝鮮の海という、ブッシュ・シーズの少し
離れた海という。朝鮮真珠海という。
【朝鮮金色の海】
 朝鮮が、これを、丸い金という、金色の海
という、こんじきの海という、きんいろ、ともいう。
【経済学】
これで、トマトを金という、これがトマト札という、
色相湖のお金という。これが、原始人の世界
経済学でもある。太陽札という、皿を金という。
金札という。ロシア皿の使いという。ブッシュ
経済学という。ブッシュ王朝の経済学という。
食宅から経済を説いていく、太陽経済ともいう。
円盤経済学を解析する原始人の経済学と
いう。食宅を、エコノミーという、ブッシュ経済学
という。
【アメリカ、ブッシュミス】
 ブッシュミスという、ブッシュ・シーズの、ラッ
シュモア周りのセブン・シーズの一つのブッシュ
・シーズという、ここを、ブッシュミスという。
ここのとまとを金という。トマトを持ってラッシュ
モアへ行くことを、ロシア身という。
【プーチンさんを自分に引くプーチン落としという。】
これが、選挙のプーチン落ちという、プーチンさん
を落とすという、プーチンさんを自分に引くトマトと
いう。プーチンさんを自分にとる、プーチン・ラッセル
という、色相湖の言う落ちという。
『落ち』を、『来る、行く』所という。
プーチン落とし、プーチン落ちという、
プーチンさんを選ぶことをいう、自分に引くことをいう。
【落ち】
 この頃の日本という、アメリカ落ちという、アメ
リカ行きのことという。ペルー落ちという、ペルー
へ行きことという。この意味の、プーチン落ちと
いう、プーチン・ラッセル論家という、プーチン経済
学の落ちゆち、という。結論周りのことである。
結論を『落ち』という。

 これらの文の人名という。全部、脳の各部の
名前にする、原始人脳学という。
 ブッシュ脳、プーチン脳、朝鮮の金さんの脳、
中国の周柳さんの脳、他の人名の脳、という。

 ブッシュ経済学の脳論という、プーチン学れし、
という。経済学用語を脳の言葉に使う、エコノミー
・パッションという。供給という、脳の頭脳の、海馬の
前部という。ここの一地点の脳部という。プーチン・
パーセルという。これが、カムチャッカの経済学である。
【キエフの脳学】
 えてすめのお学という。プーチン脳落学という、
ノボシビルスクの古い脳学という、古い経済学という。
プーチンしんそめ、という。影兵衛の落所脳論という。
キエフの町の古い脳学という。ゼレスレーという。
【ブッシュ王朝農学】
 ブッシュさんのお爺さんのお教えという、ブッシュ
覧落という。トマトによる農学という。ブッシュ・
アッセンブリーという、王朝農業という。ブッシュ・
モーロソーの農業という。ノッキス・レッソレーという。

 経済学書を読んでいたら、こうなったという、
原始人の脳という。凄い解釈という。柳脳の
働きという、プーチン・ラッセル論という。
 ブッシュ・シーズ学派という、ブッシュ王朝の
人という、影にいるという原始人という。御家
をお訪ねした原始人という。大お爺さんが
おられたという。原始人の夢所である。
ブッシュさんのお家を夢所という、色相湖の家と
いう。
【ブッシュ落所をブッシュミスという】
 色相湖落楽という、原始人作曲の駄作という。
ブッシュ落所の色相湖という、ブッシュさんの
お住まいという。色相湖のブッシュ・シーズの
近くという。
【王朝のこと】
フールフィルという、モーロソーのダイナス
ティーという、アガペッパーともいう、アッセン
ブリーの王朝という。アガペッパー・
モーロソーという、モーラのことという、アッ
センブリーのことという。

 アガペッパー・ブッシャラという、シューラ・
ブッシュのいそとれ、とぞ。ブッシュさんの御家
という。
【プーチンさん、仁王浜さん】
 プーチンさんという、御名を、仁王浜さんという、
ブッシュさんの色相湖の家の近くという、御名を、
炉家菊茂(ろかきけす)さんという。しげのみれ
すら、という、れもそての・るいさい、という。
古い色相湖という。
【ブッシュさん】
 ラッシュモア・セブンシーズの、グリーン・ブッシュ
という、セブンシーズでの御名前という。

 何でも、柳をつけるという、言葉には柳がつい
ているという、古いジョージ一世のおことという、
ジョージ三世のお教えという。ジョージ五世の
『The human mind』という御著書という。御祖先の
踏襲という。
【御祖先の踏襲】
 エリザベス二世女王を、御祖先を踏襲される、
チャールズ御尊皇という。チャールズ王という
御名という。
【鏡国のチャールズ立君】
 イギリスという、夢さりのお国という、鏡国の
チャールズ立君という、立君子国という、イギ
リスの君子という、君子国の・おばらき、という。
『おばらき』を柳という。やなぎせられすの御国
という。鏡おばらき、という、ちゃめすれの・弓山
という、イギリスのチャールズ立ち、という。
スタンド・レッソン・ルーという。古いカレドニアの
言いという。
【きょしふりさん】
『きょしふりさん』という、きょし浜の御在という、
きょし浜を、五条城るり、という、五条の浜の御
在という。『御兄』『御々兄』という、原始人のお
呼びという。

 『御々兄、お立ち立たれ、影みらる、エリザベス
二世御尊女王の御影』という。じょじふらの・りそ
れそ、という。スタンド・レッソン・フールーの、
スールーという、モーラのダイアノニーという、
ダイナスティーのきよきし、という。清き・そし
すさ、という。昔来ておられた衣装の、サイの
ような見えという。とうときお、という。とうとう
、という、だふれる・とう、という。尊々立という。

 尊き山ありすらる、れとよと、とぞそ。これを、
レッソン、という。居間の英語の Lesson という。
チャールズ尊皇の Lesson という、尊いという
意とぞそ。古タキシタンという、Co old moraと
いう、タキシードのお姿という。古い日のおや姿と
いう。王室のタキシードという。尊皇尊王という
御姿という。

 原始人、出発を慶びたり。Departureの御国、
いでます尊皇という。出輦のみよすめ、とぞそ。
ありるありせらる、おありおあられ尊すめの
ゆきざさ、ゆきくしの御国とぞそ。
 エリザベス尊女王おあられる、じょみとの御国
とぞそ。居間、山を御覧おあられ、ゆゆゆ、みみす、
みゆみゆ、ろっそり、とぞそ。ゆいゆいのお立ち、
とぞす。御所家言にて、御身送り、涙ゆ、今、御笑み
の御恩、御音、御影、おありてありるすっすす、
ゆゆゆ、めよめよるるす、るいしるれとよ、すす。

 レッド・フィズ論これなるを。

 むつべの御鍵、ありるせる、れとよと、といす、
すうする、るおん、すすれる、れみ、とぞす。
Red Fixis Rock、これなるを。英語で、ろくしゃま、
という。これを、英日花という、花語という。
日本語と英語の掛けの言葉です。色相門すべ、
ともいいます。

 むつべの御鍵、今、旅中にて、お立ち立つ、御鍵
とぞ。存費勲章、存日の給い、今、旅中にて、お立ち
立ち、女王尊女王お立ち給う、これを知りたる、
Zombie Medal とぞそ。お知り給う御勲という、
立ち給うあり。ゾンビの魂なり、ゾンビ勲章とぞそ。   柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽