2022年09月16日

出発5100part4 御葬 :イカスミ柳

出発5100part4 御葬 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5100part4 御葬
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/09
【ごじょん】
 ごじょんを、いそるし、という、これを、かんるれ、と
いう言葉という。天皇ゆっきし、という。天皇のかち
ゆち、という。後、GHQという、ここの言葉という。
めぶせまの・おちゆら、という。天皇落ちという。
天らづの・ときゆし、という。ゆんれる・さあるらあ、
という。めそゆそのいそみる、という。この『みる』が、
英語の mill という。製鉄の意ともいう。
【卑弥呼夢】
 ごじょんぱあれす、という、ぱっせらの・りそるそ、
という。これを、みやつつ、という。古く、卑弥呼
夢、という。卑弥呼のゆろれる、という。卑弥
呼っ芝、という。卑弥呼のるいさい、という。
これを、そいさい、という。そうむるの・れてろ、と
いう。
【ジョン・ブル】
 卑弥呼の葬という、卑弥呼を葬る、しみすり、
という。これが、ごじょんの言いという。じょぱすの
いそみそ、という。この『じょん』の意という、古く、
英語のジョンという、この『ジョン』、という、ちょっこく、
という、ちょくせくの・いそるそ、という。古く、イギリスの
英語という、古いイギリスのジョン則という。じょての・
みぶせむ、という。じょんを、葬礼という。イギリスの、
ジョン・ブルという。古い、スコットクという、スコッツの
葬礼という、ジョン則という。ジョン・ブルの葬礼という。
【世界の葬礼】
 イギリスのウィンドルという、ウインドのかざゆり、と
いう。ウィンドスという、ウィンの城の葬礼という。これを、
日本の京都の壬生でする、イギリスの王の葬礼という。
昔、京都壬生でしていたイギリスの王の葬礼という。
これに、アメリカの大統領という、ソビエトの葬礼という、
南アメリカの葬礼という、全世界の葬礼をしていた
ことという。なきゆき、という。仮面をつけて、死者を
送る葬礼という。全世界の大代表的な人の葬礼と
いう。
【古い江戸皇居の葬礼】
 バブン・テケスカという。これが、古い江戸皇居の
葬礼という。壬生と合わせてしていたことという。
これを、どくれす、という。私の家の葬礼という、
この二箇所に合わせる、私の家の葬礼という。
これをしていた私家である。世界の人々の写真
を飾っていたことという。この写真を、ゆいけせ、という。
ゆいとれ、という。私家のかめそむ、という。これが、
葬礼にも使う、写真という。古く、桜井市色相湖の
しきたり、という。
【写真】
 またするという、写真はない話という。旅に出た
写真という。まだ一枚も帰ってこないことという。

 葬礼のしきたりという、これが写真それぞれに
ついている、それぞれの葬法という。これがある、
写真の話という。御所れんそむ、という。

 写真が、葬式の葬法をいう、しみせま、という。
この写真に、それぞれの手紙が届く、これが、
えちまつ、という、手紙の礼儀という。この手紙も
皆、旅に出て、私の傍にはない。葬法も手紙も
私にはわかることという。
【源氏物語】
 これを、とせみ、という。チャールズ山のお書き
という。深き際にはあらぬが、こしせらを、ろひ、
という。こみせらのお葬るし、という。後、げんための
言いを、文にする、これを、源氏物語という。
古く、げんための文という。紫式部という、色相の
おめさら、という。お葬るし(おそうるし)、という。

 バブン・テケスカという、皇居の葬礼という。これを、
つるれ、という。私のする葬式という。写真なくとも、
葬式をする、お送りのことという。悲しきゆ・らてそて、
という。まゆせらる・ろりそり、という。古い人のお送り
という。

 アメリカのブッシュさんという、ブッシュ大統領のお
送りという、ハワード大統領のお父さんのお送りという。
お爺さんのブッシュさんという、

 御兄、『ぶっしゅ』と仰り、東に向かい、手を合わせた
お送りという。ボースベーという日本の葬法という。
【イギリス・カレードニア】
 イギリス・カレードニアに、一緒にいた原始人という、
後のブッシュ大統領という。桜井の色相湖の前である。
後、色相湖という。粋そうれんすむの・あいらめ、という。
色相湖のブッシュさんという、三代のブッシュさんがおら
れたことという。御兄のお家の隣という。色相湖でのこ
とという。原始人の葬法という。『悲しきにや、ありそ
られ』という。
  柳。
  塩。

健康安全の為、正、柳をお付けします。
2022/9/16 よい日。
ごじょん正   ごじょん柳  
いそるし正   いそるし柳  
ゆっきし正   ゆっきし柳  
GHQ正   GHQ柳  
mill正   mill柳  
卑弥呼正   卑弥呼柳  
夢正   夢柳  
芝正   芝柳  
ジョン・ブル正   ジョン・ブル柳  
ジョン正   ジョン柳  
スコットク正   スコットク柳  
スコッツ正   スコッツ柳  
葬礼正   葬礼柳  
大統領正   大統領柳  
ソビエト正   ソビエト柳  
アメリカ正   アメリカ柳  
仮面正   仮面柳  
イギリス正   イギリス柳  
しきたり正   しきたり柳  
葬法正   葬法柳  
手紙正   手紙柳  
礼儀正   礼儀柳  
源氏物語正   源氏物語柳  
チャールズ山正   チャールズ山柳  
紫式部正   紫式部柳  
文正   文柳  
ブッシュさん正   ブッシュさん柳  
ブッシュ大統領正   ブッシュ大統領柳  
カレードニア正   カレードニア柳  
御兄正   御兄柳桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5100part3 五条城 :イカスミ柳

出発5100part3 五条城 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5100part3 五条城
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/09
【五条城スウェーデン王御部屋】
 五条城の造りは、真ん中に大きな、自然の
ままの木の姿を使い、根が少しあって、周りが
加工の柱で、入り口に、大垂(おおたり)という、
屋根のことという、下が玄関という。東寺の
ような建てという。ケネデーさん御一家と、
(後の)スウェーデン王が、私のお爺さんとおられ
た、御親戚の大お爺さんという、住まって
おられた話という。
【ストックホルム六根】
 ストックホルム六根の御部屋という、スウェ
ーデン王の御部屋という。ケネデーさん御一
家の御部屋を、なずかま、という。
この『かま』、英語、カマー comer と
いう、カマーズ・ルックセラという、カマーズ・
ローションという、御部屋という。私のお爺
さんの御部屋を、ごきとき、という、ごもせま、
ともいう。大お婆さんおられ時という。

 御親戚の大お爺さん御方の住まいを、
のっとれ、という、のちそる、という、御部屋の
ことという。後に、しのゆまれ、という、ろいそ
いの・おるってす、という。これが、ノルウェーの
町のオスロを掛けた言いの御部屋という。
【ドイツ・ウィルヘルム公】
 周りに城があり、圧宇野民家もあり、外
国人のお住まう場という。ロンドンメクップメー
という、ドイツ・ロックスともいう。ウィルヘルム
公のお言いという。
【キエフ公ゼッケスさん】
 キエフ公が、私の隣の家におられたことと
いう、ゼッケスさんと仰る御名という。ゼレン
スキーさんの大お爺さんという。
小池もりそめのお城のお住まいという、五条
城のことという。小池と仰る大お爺さんがお
られたことという。小林壱裕のめふめ、という
城という、五条こんきす、ともいう。
【絶家】
 日本の絶家という、ぜきみて、という。意味が
たゆふめ、という、『た』を、ろいそる、という。
『ろいそる』が、ゼーラン・ファールという、れれせるの
・うるれんせらー、という。絶という、こんしばの言
葉という。いとやまれ、という、糸の使いのことという。
糸絶という、この意の絶の時です。糸のことを、
絶という、今風、絶家を糸屋という。

 これが、小石をいう養蚕の糸石という、蚕
を小石という。
【ゼレンスキーさん、すきのめさん】
 ゼレンスキーさんという、日本人名で『すしの
め』さんという。これが、『寿司』に掛かる、『すしのめ』
を、絶家という、ゼッケスという御名という。寿司を
食べることを絶という、寿司屋を絶家という。

 これで、寿司屋を、鋤で食べる寿司屋を絶家
という、絶家寿司という。農具の是連が、食卓の
是連になる、フォークという。フォークで寿司を食べ
る時に、絶昏という。絶家則告という。これが、京
都府宇治の言いという。寿司屋を絶家則告という。
【寿司屋】
 これで、自分が寿司を食べる、この自分を、
すしこす、という。この『すしこす』という言葉が、
マリウポリ東方にある。この言葉が、日本語と
マリウポリ語の掛かりです。『すしこす・はらぜる』と
いう。自分を、ぜっけく、という。
【マリウポリ、農具】
 農具を、ぜすとす、という、マリウポリ語です。
この言葉が使われた時という、いざうりの山の
、ふちゆち、という。『ふち』が、京都の昔の、
ふち祭のことという。これで、日本のような祭の
山車がある、マリウポリの祭という。
【宇治の祭】
 宇治宮ふめの祭という。『**』をいわない祭
です。宇治宮ふめ、という、言葉がそうです。
自分のことを宇治という。
『宇治は、いきみまして』という、『私は、祭を
見ます。』という、これを、そいさい、という。

 『いわない』という、岩内という。『岩内いきそら
れす』という、岩らべのおっしず、という。『私は、
祭られる』という意とぞそ。これを、ぺっぺず、と
いう、宇治津やんふられ、という。岩内の・いきさ
める、という。ぺぜせらのるいおす、とぞそ。これの
、てんせら、という。『てんせら、よってしょっと』という。
**ふれすれ、という。これを、天べく、という。
**を、天の一角という意とぞそ、空のことである。
この**の言いの、祭られという。祭を、祭られ、
という。『私は祭られる』という、宇治ゆちの言い
とぞそ。そいさい、という言いとぞそ。
【祭られ、祭のこと】
 きますれ、という石炭をいう、せきとのいそみそ、と
いう。私の故郷の祭という、祭られという。古い祭の
言いである。私の故郷という、宇治という。これを、
まりうせら、という。まりせらのおしゆし、という。
おっすず、という。宇治おっすず、るわるおっそす、と
いう。後、**ゆみ、という、**の祭という。
**が空の一角という意である。これを、つっさく、
という。古い御所の言いという、空の遠い一角と
いう、**という。古い御所の言いである。この
御所、今の皇居の中の御所である。江戸城と
いう皇居という、そこの御所という。つっさく、という。
これを、ごじょんしよ、という、ごじょんしょつっさく、と
いう。江戸皇居の御所を、ごじょん、という。
御所に住んでいたものだけが使う言葉である。
一般には御所という。
塩。

健康安全の為、正、柳をお付けします。
2022/9/16 よい日。
スウェーデン王正   スウェーデン王柳  
部屋正   部屋柳  
親戚正   親戚柳  
かま正   かま柳  
comer正   comer柳  
ノルウェー正   ノルウェー柳  
オスロ正   オスロ柳  
ドイツ正   ドイツ柳  
ウィルヘルム公正   ウィルヘルム公柳  
ゼッケスさん正   ゼッケスさん柳  
小池正   小池柳  
絶家正   絶家柳  
小石正   小石柳  
蚕正   蚕柳  
寿司屋正   寿司屋柳  
絶昏正   絶昏柳  
フォーク正   フォーク柳  
すしこす正   すしこす柳  
山車正   山車柳  
**正   天皇柳  
宇治宮ふめ正   宇治宮ふめ柳  
祭正   祭柳  
宇治正   宇治柳  
そいさい正   そいさい柳  
岩内正   岩内柳  
おっしず正   おっしず柳  
祭られ正   祭られ柳  
空正   空柳  
一角正   一角柳  
江戸城正   江戸城柳  
ごじょん正   ごじょん柳
 
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5100-part2 ゼレンスキーさん :イカスミ柳

出発5100-part2 ゼレンスキーさん :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5100-part2 ゼレンスキーさん
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/09/07

【キエフ、ドストメラ通】
 DE4990 http://akinokori.sblo.jp/pages/user/search/?keyword=DE4990&tid=seesaa_hotspot&hid=167&c=12&search=1&ic=shift-jis
の歌の挿絵の、キエフのドストメラ通りのキエフの
旗の家におられた、ゼレンスキーさんという。
中国、周柳さんの、鋤のお造りという、同じ造り
という。
【京都語勢沼製鉄所】
 京都の、語勢沼製鉄所という、この東に、
五条城があったことという。この城の東の家に
御家族と住んで居られたゼレンスキーさんという。
隣が、ロバート・ケネデーさんという。まだ、京都
が泥地であった頃という。

 DE5090の歌の挿絵に、三池に舟が浮かん
でいる、この船の使いという、和船団以前に
色相湖へ行った時の船という、鋼鉄製の船と
いう。何回か色相湖いっておられるゼレンさん
という。和船団の人達がそうである。
Zelensky houseという、ゼレンさんが語勢沼の
家で住まっておられたことという。ここと、私の家
の二軒隣りという、ここに泊まっておられたことと
いう。ここから、製鉄所へ通い、Zelen houseか
らも製鉄所へ通っておられたことという。
【色相湖行船長ゼレンスキーさん】
 色相湖行き和船団の服頭荘(ふくとうそう)という
お役で、船長の役目という、幕寄のそったす、と
いう、羊羹役という。これが、後の、幕府の、
All Cobaks オール・コバックス という、幕府
役の姿が、藁編みの三角の帽子を被る、腰に
小刀を三本指す、羽織袴という。幕府という、
幕寄の時の、丘役目という。
【キエフ】
 三角の編み笠帽を、ろっかる、という、ろっか
ろんかく、という、これが幕寄の言いです。キエフ
に、ろんかく、という言葉がある、古いキエフの言葉
という。この時のキエフを、キーナミという、キーウ
より新しい言葉という。
キーウ → キーナミ → キエフ という、町名の
変遷という。初めのキーウが、キエフをいう、この
キーウが、キエフを古いという。キーウ、キエフと、
同じ頃の言葉という。キエフがソビエトであった日
の言葉という。ウクライナという国名のキエフという。
【キエフの真珠湾】
 このキエフが、古い言いという、キエフ公というお
方がおられたことという。キーランゼーラーという、
日本の言いという、キエフ公のことという。
この『ゼーラン』の『ゼ』が、『ゼレ』という言葉の『ゼ』
という、言葉の話という。是連(ゼレ、ゼレン)と
いう日本人名という。キエフ公のことという。
ロシアのキエフという日の、キーランゼーラという、
このままの、お名前という、キエフ公という。
真珠湾に一部の箇所に、キーランゼーラという
場所がある、キエフ公所という、真珠貝の住む
真珠湾という。
【真珠貝疾走す】
 真珠湾のキエフの真珠湾です。太平洋ハワイ
にも、真珠湾がある、他の国にもある日という。
真珠という貝の、帆を立てた姿の泳ぎという、
これを突撃という、戦争用語を使う、真珠湾の
言葉という。貝が早いスピートで疾走する、
波面の表現という、一つの表現という。真珠湾は
この言葉を使う所という、今では、使わない。
貝が泳いでいると、普通の表現を現在という。
波山の言いという。この波を乗り越える真珠
貝という。あっという間のスピードで泳いで行く
貝という、しっそめらる、という、疾足貝という。
【五条城、ゼレンスキーさん御滞在】
 五条城は、木造の四階建てという。一番上が
藁葺きという、藁屋根の頃のお越しという。ゼレン
スキーさんのおられた頃という。周りは泥であった
頃という。

 ゼレンさんという、ゼレンスキーさんという、どちらも
御名も使っておられたことという。
【五条城東】
 五条城の東が、渡巣(わたす)という、渡泥海
(わたどろうみ)という頃の話という。ゼレンスキー
さんと名乗りをされた、この渡泥海の頃という。
キエフ公のおとせまのお方という、ゼーランキー
スキーと仰る、キエフ公の石槍というお言いの、
浜背のゆられ、という。一度地震があったことと
いう。この地震を、らいさみ、という。今の、震度
で、8、くらいという。震度8の、いとやりふらる、
という。この時のキエフ公のおられ、という。
8と、言われたお方という。

 大きな地震で、波がそのままになった、後の
塊という。約5メーター程の高さである。これが
五条城の話という。
  柳。
  塩。
そうきょうよいお書き。

健康安全の為、正、柳をお付けします。
2022/9/16 よい日。
part正   part柳  
キエフ正   キエフ柳  
ドストメラ通正   ドストメラ通柳  
キエフ正   キエフ柳  
鋤正   鋤柳  
中国正   中国柳  
旗正   旗柳  
周柳さん正   周柳さん柳  
語勢沼製鉄所正   語勢沼製鉄所柳  
ロバート・ケネデーさん正   ロバート・ケネデーさん柳  
服頭荘正   服頭荘柳  
隣り正   隣り柳  
藁正   藁柳  
三角正   三角柳  
小刀正   小刀柳  
幕府正   幕府柳  
幕寄正   幕寄柳  
キエフ公正   キエフ公柳  
キーランゼーラ正   キーランゼーラ柳  
キエフ公所正   キエフ公所柳  
真珠貝正   真珠貝柳  
渡巣正   渡巣柳  
泥海正   泥海柳  
頃正   頃柳  
石遣正   石遣柳  
浜背正   浜背柳  
地震柳正   地震柳柳  
塊正   塊柳  
高さ正   高さ柳  
Cobacks正   Cobacks柳  
All正   All柳  

******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽