2022年08月28日

出発5076 イギリスの現代の歌 :イカスミ柳

出発5076 イギリスの現代の歌 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5076 イギリスの現代の歌
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【ノップラー】
 ノップラーという、英語のイギリスの音楽という、
ノップラー英語を喋る人達という、ダチェスという、
オランダのことをいう、これを、ノップラー・ラウ
ンドという、ノップラー周りのことという。オラン
ダの、くばせら、をいう。オランダの言葉を取り入
れるノップラー英語という、日本の英語の教科書の、
高等録という、のうれる、という学校の英語の教科
書になる。古い日の、長岡京の藤原京の英語と
いう。ノップラー英語を使う教科書という。これの
長岡の言いが、日本語の直訳をする、長岡を、
ロング・ヒルという長岡の英語という。
古い日の、グラスゴーの沼のある頃のノップラー城
の英語という、ノップラー英語という。ダイアー・
ストレットという、王朝の名である。ノップラー・
ダインスティーという、ノップセラーという、そこ
の英語という。
【クリントン英語】
 東京の新宮殿の住まいという、そこにおられたノ
ップラー先生という、今の歌手という。そのお方の
教えという、ある日の皇居新宮殿の私の右側の
お席という、そこにおられたお方という。ノップラー
城のお方です。アメリカのクリントンさんのお傍へい
かれたお方という、クリントン英語のノップソーと
いう、歌で使われる英語という。クリントンの・の
ん則という、のべられの英語という、ノップラーを
取り入れる英語という、
クリントン英語という。日本の中学校の教科書
の一つの教科書という。クリントン英語の日本
の英語という。ノップラーの英語を少し入れる
英語という。オーランディア・ロールという。ノップ
ラーのアメリカ回りという。せんてらのおりしり、
という、京山の英語という。中学教科書に
よく使われる、クリントン英語という、
クリントン米語ともいう。ダイアーストレーツのう
みさりの話という。『うみ』が、桜井色相湖です。

【色相、アストロノーツ】
 色相という言葉をダイアーという、プラックスと
いう。音楽に色相を出す一つの英語使いという。
音楽の色相という、プラックストンという、後、ア
メリカの『太陽の彼方』というアストロノーツの音
楽の楽器の音という。ダイアール・ランクスという、
裏がノップラーの曲という。これの音の表現という、
ノップラー英語の音楽です。『太陽』という音楽の
音をだすことという。太陽の音という。ノップラー・
かんたれ、という。
【ベンチャーズ】
 のってけ、という、太陽を表すノップラー英語と
いう。楽器が、奇抜な音を出す、ノーランという、
のってけのノーランという。色相を出すことの楽器
の操りという。アメリカのギターという、アメリカ
人のギターの操りという。ベンチャーズの音という。
色相を出す楽器の操りという。音楽の枢要という。


 歌えば、陰(いん)をとる歌詞になる、のってけ、
という言葉という。陰得の歌という。
太陽の曲という。ノッソンレックスという。レック
スルラーの音という、言葉で、のってけ、という。
【海馬の脳】
 脳の、海馬の前の部分の使いという、前の部分の、
のうるるう、という、ノップラーという言葉がそう
です。医学の曲ともいう、ダイアーストレーツという、
オランダ医学のかいれ、という。曲による、オランダ
医学のめでという。ダッチェスという言葉という。オ
ランダ脳医学になることという。歌詞もこを出し
ていく、スティンザックという、スティングレックとい
う。スティングという、快楽の世という。これを
これを曲という。ダイアーズの曲の一曲という。
英語のできを、オランダ・ダッチェス回りで解説
する曲という。ノップラー英語のことです。
【シャカタク】
 イギリスのシャカタクというグループの曲という、
鳥の歌詞の歌という、ノップラー英語が一部掛かる
、ばとう、という。この鳥が始祖鳥という、鶏大の、
クジャクのように尾の羽を広げる鳥という、この鳥
の掛かりという、また、大きな始祖鳥という、この掛
かりという。鳥の、蝶という、考えの具現という。

脳の大脳前部の働きのこうき、という。働きを、こうき、
という。これの具現の曲という。イギリスの音楽グ
ループという。ノーレラーの脳の働きという。大脳
前部の働きのことという。言葉を整理していく働き
という。この脳の部分の働きの曲という、鳥という、
具現の話という。シャカタクの曲という。
脳の働きによる解釈という、ベース音が最初にでて
いくことという。
【スチュアート王朝】
 イギリスのスチュアートという黒人王朝の曲とい
う、脳からみた曲の解説という。
色相を最初の出だしから出していく曲という、グルー
プという。シャカタクの『カタ』という言葉がそれ
である。古い、イギリスのチェックという王朝のこ
とという。スチュアートの黒人王朝という。掛かり
が、日本の祇園祭の鶏鉾の囃子という、これに同じ
ような、歌である、鳥の歌というシャカタクという
グループの曲という。 桜。

 言葉をベースとした、私の音楽解説、私見です。
原始人ですので、その、おつもりで。

 健康と安全の為、お名前に『柳』を、
お付けします。

長岡京柳
藤原京柳
オランダ柳
ノップラーさん柳
ロング・ヒル柳
ダイアー・ストレーツ柳
クリントン柳
中学校柳

アストロノーツ柳
ベンチャーズ柳
海馬柳
脳柳
スティング柳
スティングさん柳
快楽柳

シャカタク柳
始祖鳥柳
クジャク柳
大脳柳
ベース柳

祇園祭柳
鶏鉾柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5074 イアン・フレミング先生 :イカスミ柳

出発5074 イアン・フレミング先生 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5074 イアン・フレミング先生
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【イアン・フレミング先生】
 色相湖月演芸場で、演芸をされた、イアン先生と
いう、芸が、ロシアのゴルバチョフ提督の延長という、
丸い(直径70p前後)のものという。薄いものである。こ
れを、持って、舞台に立たれ、『オー、イエス』と仰った
言葉という、その後、ハンカチを取り出し、丸い物を
拭かれる、その後、ハンカチだけを持たれ、後、ハン
カチで、さませ、という、舞台の端の方という、ここへ、
ハンカチを放り投げられ、届いたという、これが、
ヘミングウエイ先生の御芸という。ヘミングウエイと
いう奇術師の御芸という、ヘミングウエイという奇術
である。

後で訪ねたら、ハンカチを、別に持ち、これを、ほ
ったと言われたことという。後でやってみれば、
すぐ前へ落ちて、端までいかなかった、原始人の
放り投げという。どうしてもいかない、先生来られて、
小さな石を入れて下さったことという。
これが、『石をとる』という、ヘミングウェイ先生
の御芸という。見ている人が手をたたいておられた
ことという。ハンカチをもう一枚用意する話という。
夏の暑い時は、二枚持ちなさいという、ヘミングウ
エイ先生のお教えという。それから、二枚持つこと
にした原始人という。原始人のお教えという。普
通の人である。桜井色相湖の楽しい日々という、
円盤である、丸いものという。

これが、イアンフレミングの、ヘミングウエイとい
う、ヘミングウエイという、奇術という。教えが、
ヘミングウエイ先生という、奇術のお書きという、
イアン・フレミング先生のことという。ヘミングウ
エイ先生の奇術という。

白鯨の脳の話という、この奇術の脳を白鯨脳という、
奇術のような、物を、たくされ、という、この日の
色相湖のお教えという。
イアン・フレミング・ティーチングという、ヘミン
グウエイ・ソルブという、小説の解釈法という。
奇術のことを、解釈する、イアン・フレミング先生
の007という。映画に奇術のような場面が出ること
という。これを、スパイ・タッチという。色相をカラー・
トーンという、カラー・チューンの、はなきざき、という。

 そこの色相という、色を大切にすることという、
奇術のことという。奇術を見れば、色を大切にする
という、イギリスのげっせか、という。げせるれの・
らりてら、という。イギリス音楽の極意という、プラット
クという、プラッセラーの音楽という、ノップラー
英語の、のんぜるお解という。
ノップラー・イングリッシュの一面という。 桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5072 ロシアのスパイ :イカスミ柳

出発5072 ロシアのスパイ :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5072 ロシアのスパイ
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【ロシアのスパイ】
 ロシアのスパイという、原始人です。ロシアのモ
スキートの言葉で、スパイという、自分の意味です。
スパイそ、という、スパイの私という意です。クリ
ンセラーという、ロシアの古いモスキートの周辺の
言葉という。古いクレムリンという、ここの、スパ
イという、私という意味という。ロシアのスパイと
いう。
【ヘミングウェイ先生】
 ヘミングウェイ先生柳の、あまさみ、という言葉
です。ヘミングウェイ先生柳の白鯨という、メルビ
ルという書き物の意味の一つという。ヘミングウェ
イ先生柳のお書きという。スパイのお書きという、
原始人のいう、わたくし、という、自分の話という。

 メルビルのスパイという、これが、アメリカの、ヘ
ミンスという王朝の言葉という、
ロシア語のスパイを、そのまま使う、ヘミングウェ
イ先生の御著作という。
【白鯨】
メルビルという白鯨という、このクジラという、御自
分を、白鯨と表現されたことという。
自分のことを白鯨という、メルビルの言いという。
ヘミングウェイの、らんとれる、という。
うちの家に当たる話という。これを、原始人という、
白鯨の原始人という。欧米人の、髭を生やした
格好という。白鯨人という。ヘミングウエイ先生の
御表現という。白鯨語という、自分を白鯨という、
言葉の使いという。ヘミングウエイ先生の御著の
解釈の一解という。

桜井色相湖のバイデン・ブースという、その一角
の住まいという、その日の色相湖という、白い鯨
という、それが浜へよく来ていたことという。
白鯨の灰色の線という、このクジラのめでという。
ヘミングウエイ先生の御作に、これが出る、桜井
色相湖のことという、御作の一項という。
【ケネデーさん御面会】
 ケネディーさんに会っておられることという、場所
が色相湖の、今の神社のある所という。
のち 、スイス、レマン湖へ行かれることという。
後、また、原始人に会われることという。
スイス、レマン湖の村という。ここでのことという、

 後、007の著作、イアン・フレミングという
有名な著作家の、スパイという、場所という、ロシ
アからのスパイという、このスパイ、今のイギリスの
諜報部員という、諜報の活動という、
アングロ・レースレーの仕事という。
安全をとる、スパイの活動という、人の安全を探す
ことという。これを、すったく、という。
【スパイ、諜報部員の安全】
 元は、ロシア・モスキートの安全という、クレムリ
ンともいう。安全を探していく日の活動という。
女王の安全という、あわせて、自分の安全という、
これが、イギリス諜報部員の基本という。
ベーシック・ロックスという。やまぜらの・ろっく
す、という。人を安全に導くスパイという。
【ロシア・スパイの安全第一】
 ロシア語のスパイという、安全を第一義にする、
ロシアン・ソークーという。モスキートの出という、
これが、クラプトンの英語の果たす役という。
イギリスに活動の舞台をおく、007の小説という。
イアン・フレミング先生という。少しロシアが出る
著作という、

 アメリカのヘミングウエイ先生の住まいの同居と
いう。イアン・フレミング先生のことという。
どちらも、移動人種という。色相湖の場のこと。

 健康と安全の為、お名前に『柳』を、
お付けします。
スパイ柳
メルビル柳
白鯨柳
クジラ柳
欧米人柳
モスキート柳
ヘミンス王朝柳
ケネデーさん柳
諜報部員柳
アングロ・レヘスレー柳
イアン・フレミング先生柳
クラプトンさん柳
レマン湖柳    桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽