2022年08月27日

出発5068 円盤、シャープ・フロント :イカスミ柳

出発5068 円盤、シャープ・フロント :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5068 円盤、シャープ・フロント
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【円盤、シャープ・フロント】
 円盤でお金を作るという、原始人銀行の作りとい
う。アレキサンダーという円盤という、
ビジブル・ラウンド・フライという、ビジブルが、
ビューティフルの意味です。この頃の
イギリスの言葉です、アレキサンダー・イングリッ
シュという。フィリップ・イングリッシュという。
【フィリップ王】
 アーサー王の丘の住まいという、原始人が闊歩して
いた頃という。アリス城から来ましたという、
原始人のことという。挨拶が、『ビーヒム・ロー』
という、アレキサンダー・イングリッシュです。
クッド・マスクという、フィリップ王のお言葉とい
う。そういう意味という。ギリシャ・パルテノン神
殿のフィリップ王という。京都の淵祭をご覧の王とい
う。
【円盤での造幣】
 400人程乗れる円盤という、円盤の中のお金作り
という、スウェーデン王と、デンマークおうち用の
お方という、他国の王朝の方々という、バッコさん
もそうである、お金作りという。一日10万円という、
滞在費用という、ジョージ五世王の御提案という、
原始人の世界銀行という。お金作りに携わっておら
れたことという。色相の湖のことという。

ロシア人、ゲメセレ柳さん
中国人、周柳さん
インド・ヒンズーの、アッテクサ柳さん、デカン高原
のお住まい
ネパールの音山の、イットレゼルの、ミュンパス柳さん
アフリカのごんはらのメペセのこっせき、という、
そこの住まいの、エジプトよめすま、という、
 ランテラさん柳、コンゴのブラザビルという、ノソ
ンガの村のノソンガ柳さん
キエフのゼッケスという村の、ゼッケス柳さん、後、
ゼレン柳さん、ゼレンスキー柳さん
マリウポリのリカルド大お婆さん柳、ポトガルの、グ
ランド・ポンテス柳のお婆さん
南アメリカの今の南アメリカの、ペルーのペテロ柳さ
ん、土人の、ユンパ柳さん、ウンパ柳さんとも
アラスカのミヨユミ柳さん
ロサンゼルスのロイス陸の指山という、ロイス柳さん
007のイアン・フレミング先生柳

メキシコ、ロドリ柳さん
南アフリカのマユリ柳さん、白いアフリカ人
オーストリア・ニュージーランドの、ハカの村の、
マッキノン柳さん、クック柳さんという。
オーストラリアのれてさらの地の、アーネムラン
ドの、ウィルラック柳さん
キャンベラの、キャッサー柳さん、後、きなせらるの、
れてその住まう人の丘という、キッスズ柳さんという古い
名のお方、キーナン柳さん
サンクトペテルブルクのオラ柳さん
ウイグルの、しょっそ柳さん
その他の国の人達という。

その人達の滞在費用という。お金の作りです。
一月、三百万円 X 5000人 という。
原始人、円盤資本主義経済という、円盤共産主義経
済という。円盤経済学という、世界の経済学の一つです。

名前が全部入れてあるお金もある。等価交換という。
今の小切手のようなものという。これが当時の桜井の幕
寄の流通貨幣です。 桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5066 スウェーデン :イカスミ柳

出発5066 スウェーデン :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5066 スウェーデン
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【スウェーデン】
 日本の御所で、スウェーデン楽を奏する、新宮殿
の催しという、今の皇居の新宮殿という。
『ゆりかごの歌を、カナリヤが歌うよ・・・』とい
う、歌がスウェーデンにある、イナリ湖の村という。

原始人がまた行くストックホルムのイエンという
地区という。ここの住まいの頃のことという、琴で
もある。今のスウェーデン王室の話という。古く、
三重をいう、三重の神社の楽という、『ふるゆ
み』という歌という。
【伊勢神宮】
 今の伊勢神宮の宮司をしていた原始人と
いう、二見やっぱす、という、稲荷掛かりの神宮
の頃という。この『稲荷』、古く、アレクセーとい
う、アッパスの古王朝をいう、アバルラのエイトス、
という。エイトスが、英語の八です。京都八光と
いう、ここの宮の『いのせら』という、これが、稲荷
の元という。やなるのいのみろ、という。この『ろ』が
道である。いろ、という。いの道という、これを、
【稲荷】
 いなり道という。いなり数福の道みさ、という。
口ずさむ道のみさ、という。この『みさ』で、キリ
スト教の『ミサ』で、古ローマの・ぎっそきそ、とい
う、祈りをみさという。寺のみさという、古い寺
の言葉という。
【仏教のみさ、キリスト教のミサ】
キリスト教のミサと同じ意です。
これが、伊勢のキリシタンという、伊勢神宮の古い
時の、みさ、という、『カンモーモー』という
声を出して、みさをすることという。伊勢みさの・
とはまく、という、これを、伊勢られ、という、めめ
めの花山という、めめめという、三ツ目礼という。古
い伊勢神宮の三拍手という、内宮にこれがある。
【五条城の三拍手】
 うちの五条城の三拍手という、神前の前の拍手と
いう。宮を建てられたイギリス人の三拍手と
いう、古い伊勢神宮の拍手という、伊勢神宮の宮司
という、御名を、一夜(ひとや)さんという、日本人名
という、水色の袴をはかれた時という。一夜宮とい
う、原始人家の隣の宮です。
【イギリス、ロック】
 大きな、ふくすめ建てという。れれせるおいすら、
という。宮を老(おい)ということの言いのこととい
う。この老がイギリスの、エリザベス女王の丘の
王朝という、さっぱさの王朝という。ケネディス王
朝という。エリザベス王朝の掛かりという。ケネ
ディス王朝の第二王朝という。ここの楽が、
今のイギリスのグラスゴーの楽を奏でるひぃという。
この楽を、スイットンという、すいっちょの楽という。
律が後に強勢をとる、ロックの楽という。またみた
のお律という。1 2 3 4 という、2と4を強くす
る律という、イギリス・ロックという、イングリッシ
ュロンという。ろんろくという、イギリス人の律と
いう。

東京麹町の城の一部の律です。京都のあっべという、
阿部城の律という。あべさん・ゆれた、という。
後に強制をおいていく、こうろめのお律という。こ
うろめ、という、れっくそん、という。
この『れっくそん』が、京都七条の、キンクスです。
七条大門の話という。イギリス・ロンドン
ブリッジの、ゆんため、という、ゆんため律という、
日本語言いです。

 これらが、アレキサンダーの・けめせ、という、
古く、アラブから中央アジア、ゴンドワナ、
インド、インドネシアにかけての楽という。月の楽
ともいう。この『月』が、桜井の色相湖の
月ともいう、場所のことという、バイデン・ブース
の一地です。柳の天崎(あまさき)という
場所という。柳が植えられていた天崎という。楊の
やなぎ、とも。

 天崎で、アレキサンダー大王がおられたこととい
う。ギリシャ、フィリップ王という御先祖という。

バイデン・ブースのトルドー道のお住まいという、
天崎のそと、という、そと地区という。  桜。

健康と安全の為、お名前に『柳』を、
お付けします。

ストックホルム柳
イエン柳
伊勢神宮柳
宮司柳
二見柳
アッパス柳

みさ柳
三拍手柳
内宮柳
五条城柳
キリシタン柳

ケネディス王朝柳
一夜さん柳
第二王朝柳
エリザベス女王柳
グラスゴー柳
ロック柳
阿部城柳

ゴンドワナ柳
インド柳
インドシナ柳
バイデン・ブース柳
中央アジア柳
月柳
天崎柳
アレキサンダー大王柳

ギリシャ柳
フィリップ王柳
トルドー道柳
そと地区柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽