2022年08月26日

出発5064 色相湖のタリバン :イカスミ柳

出発5064 色相湖のタリバン :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5064 色相湖のタリバン
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【タリバン、和船団の曲】
 後、和船団の曲という、同じような曲という、こ
れの歌いに、ロルソという掛け声をだす、
始の合図という、後、曲を始める。歌詞が、湖の色
相湖という。ペルシャ語の範疇のタリバン語
という。今の、アフガニスタン、パキスタンという、
この地域の言葉という。時には、フランス語の
『パスカル』の歌詞を歌う、タリスラーという、合
いの楽器が、葦笛、縦笛のおんきさり、という、
材料が木という、竹ともいう、、これに、センタと
いう、合いのもとゆれ、という、今の雅楽の笙
の口の着いた笙という。これを三管たく、という。
これに、弦楽器の、シターという楽器という。
太鼓の入れという、小さい、コンコンと鳴る音の太
鼓という。日本の小鼓と同じような楽器という。
【歌うタリバン】
 歌を歌うタリバンという、ウサラーのれりそり、
という。日本の歌と同じ歌がこれです。
『君が代』と色相湖の和船団の歌という。他にもあ
る、『美しき天然』という曲という、
これが日本語で歌われることという。この林さんの
雅楽の演奏という、雅楽の演奏で、
『美しき天然』の曲を奏する、日本でもこれをする、
めっつせ、という、京都御所のことという。
皇居の御所でもこれをやる、めっつら、という。言
葉がペルシャ語です、タリバン語という。
【スームレー】
 アフガニスタン、パキスタンの王朝という。スー
ムレという、ペルシャの古い言葉という。
アッジャン・シー・ルーラーという。アッジャン・
シーラーともいう。ゆたやたのおとめ、と
いう。この『おとめ』を、アッパスという、アッパ
ス王朝のことという。古くの、アレキサンダーの
町の王朝という、タリバンに引き継がれたこととい
う。アレキサンダーという町がたくさんある、
サウジアラビアから、インドにかけて、という。こ
のアレキサンダーの名の町がたくさんある所を、
エッファレーという、エッソともいう。この『エッ
ソ』が会社に使われる、アラブの油という。
古く、アレキサンダーという名の会社という。ふく
ゆき釜の・かませ、という。岩手釜石の
古い石油会社である、ガソリン等の会社という。ア
レキサンダー・オイルという、この地方の油
という。
【四歩即八】
『トトチルチルタル、トトチルチルタル』という律
の四拍子の歌という、古くの宮城県水戸の歌と
いう、これと同じ歌という、『ターリス、かおられ
ら〜』という歌詞の歌という。
アレギサンダー会社の古い社歌という、今の宣伝歌
という、一部ペルシャ語が入る歌
という、大きな会社で、今の日本の、みっつさ、と
いうことの言いの会社という。会社を
『みっつさ』という、古い日本の、やしろか、やし
ろうた、という。幾分か、神社がかかる
意という。勺の掛かりという。歌語の歌詞です。タ
リスという、かためのことという。
この『かため』がかかる、伊達正宗という。アレキ
サンダーから話という。
林さんという、君が代作曲者のお教えという。
【麹町城の工事】
『トトチル』という律で、雅楽の『トラロ』という
越天楽よりも古い、御所の洋楽風という。
四歩則八という律という、今の等間隔のアルペ
ジオという。このアルベジオ、古いタリバン語にある、
ベルオラリーという、古くのベルリーという等間隔の
アルペジオをいう。

この御所、江戸の麹町という、この城の工事という、
江戸を工事した時の、やっつるの道具の
律という。この律、古くのマリウポリに出る、マリ
ウポリのやっため、という。ポルガルから伝わる
リバセラという、ポルトガルの律という、トトチル
の四歩則八です。麹町の古い所に、工事の歌
が出る
【スウェーデン】
これが、すおふみ、という楽という。古い、すお府
です。これが、スオミという、スウェーデンの湖
の名という、イナリ湖という、スオミ湖という。こ
の湖の、スオミという、当時の奈良の桜井の
色相湖、このスオミ湖に充てた、スウェーテンの
話という。歌が同じになる、同じ歌がある、東京
の、麹町の城の歌という、バルッテ・レッセンという、
レッセン・カールクというスウェーデンの歌という。
これが山辺の花山の歌です。スウェーデンが、かま
すという、かませらの言葉という、スウェーデン語の
ことです。京都古御所の祝い歌がある、スウェーデ
ン、スオミ湖という、イナリ湖という。
古い琴を使う、スウェーデン王室の、バッテレとい
う、この琴が、日本の大和琴という。
これを、合い伴に入れる、『トトチル』という数え
をする、四歩則八の伴奏という。今も使う伴走です。

ギターのアルペジオを、スウエーデン語で、ぎっし
ょき、という日本風の言葉という。
スウェーデン王朝と、日本の御所との掛かりという。 桜。

 健康と安全の為、お名前に『柳』を、
お付けします。

ペルシャ語柳
パスカル柳
色相湖柳
美しき天然柳
君が代柳
京都御所柳
皇居柳
日本語柳
アフカニスタン柳
パキスタン柳
エッソ柳
岩手県釜石柳
ガソリン柳
アレキサンダー柳
四歩則八柳
神社柳
伊達正宗柳
アルペジイオ柳
イナリ湖柳
スウェーデン王室柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5062 タリバン蛸踊り :イカスミ柳

出発5062 タリバン蛸踊り :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5062 タリバン蛸踊り
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【蛸踊り】
 この蛸踊りの演芸です。タリバンの丘の踊りという。
山々の音弓という、楽器がシターという楽器で、
インドのシタールに似た楽器という。古い日の、
私のペルサマルという、ペバスレという、ペルシャ名の
頃の、タリバン名です。オサムという名という、オサム・
オーユマラという名です。

 これを、修大目晴(オサム・オーユマル)という漢字
のタリバン名という。これを、コッキスという、こんらぐ
のえとよと、という、私の故郷という意味という。コッ
キスの里という、タリバンの浜目らら、という所の・
すませまの屋という、偶像の近くにある掩体映体
という、大きな岩の住まいという。まだある話という。
【ブブク】
 そこで祈りの声を上げていた原始人という。
『アアアアア〜』という、後、立ったまま地に手をつく
礼拝という。振るタリバンの礼拝法の一つです。
タリバン節礼という礼拝という。偶像を拝む時にも
これをする、今の大きな偶像という。これが、ビン
さんのお教えです。オッサマルリという、るりさりのおい
すい、という。タリバンの山のお絵という。ブブクとい
う服も着ていたことです。

 男のブブクという。顔を全部、巻布で巻く少しの
間という。後に外して、顔を出し『アアアアア〜』という。
ぶぶらまめの・おこよ、という、ブブク由美(ぶぶくゆみ)と
いう。手に尺(さし)を持つ、これを持つことを、ブブベラと
いう、篦の尺という。日本の口前に立てる勺と同じような
形という。

 これを、上へ上げて斜め下に構え、お祈りの言葉を
出す。ぶぶけり、という。タリバンの古い礼拝です。私の
ことを、アッジャスという、『アッジャス・ローマ』という、ろま
ねらの祈りという。古くの、はるれるの・えてゆと、という。
この『ローマ』という、ペルシャ・タリバン地域の私という
意味という。私のことを、ローマという、古タリバン語という。
【色相湖・月演芸場でのビンさん御芸】
 また、タリバン地域、イスラマバードという、ここの芸です、
月演芸場の芸という、ビンさんの芸です。髭を生やすひぃ
に、生やさなかった色相湖でのお姿 という。後、髭姿
という。これを、ビシャムムという。ビシャリラともいう、古タ
リバンの言葉という。
【タリバンのローマ】
 この『ローマ』、仏教の『ローマ』ともいう。イスラム(タリ
バンともいう)に入った仏教という。バーミヤン地区に
中国人がいたという。その中国人のお名付けともいう、
原始人の『ローマ』という名の一部という。像人一体と
いう、日本の神社の新人言ったという、これと同じ考
えという。古タリバンに入った仏教の言葉という。
【アイスランドのロボ】
 自分を『ローマ』という。この言葉の意味という。古い
アイスランドのロボという。これと同じ意味です。
後、言葉をつけて、ローマロボという。アイスランドの
人のお教えという、ローマロボのお教えという。
アイスランドの『ロボ』という言葉に、意味を連ねる、
アイスランドの磯という。モンキーのあるアイスランドの、
めるれら、という日本語の言いという、アイスランド語
で、エメセという、えめらめの言葉という、アイスランド
語のことという。
【君が代】
 これが中国のウイグルという場所という、バーヤミ
ヤンの近くという。林太守さんという君が代の作曲
者という、一緒に行ったことという。ここで、日本の
雅楽のような曲がある、君が代の古い曲です。
林さんの御指揮という、ここの曲の一つという、
君が代と同じ曲です。 柳。

蛸踊り柳
シター柳
シタール柳
修大目晴(オサム・オーユマル)柳

ブブク柳
ローマ柳
ロボ柳
アイスランド柳
雅楽柳
君が代柳
林大守さん柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 14:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5058 タリバン・アパサマルク :イカスミ柳

出発5058 タリバン・アパサマルク :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5058 タリバン・アパサマルク
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【ビンさん】
 私の家の近くに住まいをされたことという。イギ
リス人のお建ての宮への参拝という。色相湖の、
バタレカ、という、ユースール浜という、ユーの王朝
という。そこのお方である。
【バーミヤン】
 原始人を呼んで下さったお方で、偶像を教え
て下さったお方という。バーミヤンの山という。
そこの偶像という。色相湖の月の演芸場で、
座って足を組む、それに、頭二巻布という、
格好の芸という。この相判を、さいたす、という。
さいたすの人が、中国のウイグルという所の人と
いう。この日の芸という、(今日の日付という、
8月25日)である。秋という頃です。
【アパサマルク】
 タリバンのアパサマルクという、れてのいとよみ
の場という、月演芸場のことです。このお方の
教えという、偶像のとめふり、という。偶像を、
たきゆら、という、日本語の使いという。偶像
を大気というお教えという、この大気が、雲の
ことという。タリバンの古い教えという。
【イトウという魚】
 アパサマルクという。伊藤という日本人名です。
この伊藤を、原始人に下さったことという。原始
人名を伊藤という、原始人という。この伊藤が
魚の伊藤という。伊藤魚の原始人という、タリ
バンの言いで、アパサマルクという。偶像大気の
そわされ、という。偶像の備わる名という。ここの
偶像の、手持ちの小さい偶像をさったお方という。
タリバンの先生という。ビン・ラディン先生という。
【オッサム・ビン・ラディンさん】
 手紙を下さった話で、お写真もあったことという、
家に飾っていたことという。お手紙もお写真も、
今は、旅行中です。オッサムという名の言いと
いう、オッサム・ビン・ラディンと仰る御名という。
後の京都会議で、飛行機で来られた、
丘のある頃の京都市役所という。今の、
京都市役所の地の古い建物です。
【蛸踊り】
『オサム』と仰るお方という、原始人を、ソッチョセと
いう、その頃のタリバンの地域という。拝み方が、
アッラーモルという高い声で、アッタールラという。
両手を地につける格好という。原始人がよくし
ていた祈りです。アラーの家のお書きという。
『アアアアア〜』という祈りもある。総称イスラム
教という。私の、タリバン名という、オーユマラ、
という。意味が、蛸踊りという。タリバンの蛸の
踊りという。原始人のタリバン名である。

 健康と安全の為、おん前に『柳』を、
お付けします。

ビン柳
バタレカ柳
ユースール柳
バーミヤン柳
ウイグル柳

アパサマルク柳
大気柳
イトウ柳
伊藤柳

オッサム・ビンラディン先生柳
京都会議柳
オーユマラ柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5056 タリバン :イカスミ柳

出発5056 タリバン :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5056 タリバン
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【タリバン】
 バーミヤンの像という、雲を呼ぶ像という、この
近辺の地域、大きな雲が発生する。
原始人の御従兄という、いとこはとこの像という。
石から生まれた石人という、原始人という。
ラムセス二世のいとこという。アジスのおけきて、と
いう。巨石建造物の時の生まれという。

 インドネシアのはとめ、という。また山のお絵という。
死人の、おとゆまれ、という。死人の山のお据えという。
死者の魂を持つという、イスラマバードの立作という。

バーミヤンの石窟という。後、タリバンのといかく、という。
タリバンの古い頃である。私がいたタリバンという、ブブク
という服を着る女性という。ここの、玉野の、いとめら、
という。中助(ちゅうじょ)の、映体という。ラムセス二世像
を映す像という。これを、アジャシーという、アジャレラの
タリバンという。タリバンの偶像崇拝という、古いタリ
バンという。やなゆらのタリバンという。一部の仏教
を取り入れるタリバンの人達という。後に、いとめ、
という。偶像を、いと、という。原始の、しょったさ、
という。
【ビン・ラディン先生】
 ここからの色相湖への来訪という。アフリカ出発の
船の乗りという。えりさりの船という。タリバンのアーラ
マーという祈りをする人達という。そこの人のお教え
という。タリバン先生のお教えという。雲の大きなお
教えという。御名を、ビン・ラディンという。かまその
丘の住まいという、、イスラームのお方という。

 健康と安全の為、おん前に『柳』を、
お付けします。

バーミヤン柳
インドネシ柳
ラムセス二世柳
はとめ柳
死人柳
死者柳
イスラマバード柳
タリバン柳
仏教柳
偶像柳

ビン・ラディン先生柳
タリバン先生柳
イスラーム柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5054 給料 :イカスミ柳

出発5054 給料 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5054 給料
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【グランド・ポンテス大総監】
ポルトガルの大お婆さん、お鼻のお高いお方という。
京都会議という、その御出席という。色相湖にも
おられたことという。リカルドさんというお名前という。
グランド・ポンテスという。大総監というお役という。
マリウポリ東方のお住まいという。

 色相湖での生活という、一律10万円という、
月にして300万円という。5000人の人達に
御支給したこと、円盤で作ったお金という。
原始人の経済感覚という。世界銀行と
いう、そういう頃である。まだまだたくさんのお金がある
という、金も銀もたくさんあることという。後、日本の
国においたことという。日本国経済という、原始人
経済が元という。金のある国という。金も円盤で
作ったことという。原始人の錬金術という。その金が
まだある。世界各所に埋めておいた、金山のことで、
原始人の山作りです。造山幕得という。
御兄のお教えという、この書き物である。

 ジョージ五世のお傍にいて、こうなったことという。
ロシアのスパイという、ロシア・スパイは、世界周知の
事実である。原始人のことをスパイという、007のこと
という、原始人のことが書いてある項という。
イギリス諜報部員という、アメリカの自由の女神の
兵士という。原始人の御叔母である。スパイという、
原始人の名という。プリミティブという、石の碑という。
エジプトのラムセス二世像という、私の弟という原始
人という。

 ジョージ五世王、王茂(おうも)のお方という。
お金に、名前が入っているお金もある。山々の
セトルカ、という。みっとみの・およそよ、という。
お金を、そよ、という頃のことです。

 健康と安全の為、おん前に『柳』を、
お付けします。

グランド・ポンテス柳
リカルドさん柳
マリウホリ柳
円盤柳
お金柳
世界銀行柳
日本国経済柳
錬金術柳
金山柳

ジョージ五世王柳
スパイ柳
007柳
イギリス諜報部員柳
自由の女神柳
プリミティブ柳
エジプト柳
ラムセス二世柳
そよ柳

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5052 跋扈 :イカスミ柳

出発5052 跋扈 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発5052 跋扈
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/26
【跋扈】
 奈良市三条の桜井山、これを潰し、桜井の
緋海に土を入れる。月得海という。煉瓦を周りに
入れて、土でおぼむ、月得海山という、緋海のこと。
【桜井飛行場】
 ここを、桜井飛行場という。この工事の総監督と
いう、バッコさんというお方という。

 京都の四条河原町を、島という、辺りを、島せる
き、という。この日の御滞在という。和船団の後の、
御滞在という。色相の跋扈という、幕府の幕得と
いう、幕寄るき(ばっきるきょ)、という。幕府の、色
相湖の呼びという。幕寄るらるの・えいしみ、という、
これを、跋扈という、幕府の幕寄の、斉藤という
役目のお方という。
【イギリス、スチュアート黒人王朝】
 桜井の干拓に来られたバッコさんという。役目を
名前という、人名と役職名の、名前という。跋扈
のバッコさん、という、イギリスの黒人の王朝という、
幕寄るらく(ばっきるらく)、という、スチュアート王朝
という。黒人のスチュアート王朝という。
その王朝のお方という、王朝をチェックという、
チェックのバッコさんという。日本の色相幕閣と
いう、これを、ばっとめ、という、幕寄すうるき
(ばっきすうるき)、という。京都四条河原町の
干拓にもきておられる。
【チェック】
 京都四条の出会いという。京都市場の
ふとるら、という、そこの一山という、島という。
そこでアウという、バッコさんのお言葉という。
今(2022年)から、7、8年前のことである。色相湖の
同居という。今、思い出した話という。
幕府をチェックと言い、幕寄をチェックスと
いう人である。
【ロンドン・バックス・スールー】
 記憶が戻りかけている頃のことという。
まだ、幕府があり、幕寄があることという。
私の仕事、タクシーの運転手という、
仕事中に、タクシーに乗ってこられたお方という。
7、8年前、たくさんの外国人が
京都観光へこられていた時のことという。
この時、外国人がよく乗ってこられ、
その外国人も、昔、京都におられ、
桜井緋海のおられたお方と思います。
会っていても分からなかった
こと私です。今、思い出しことです。
まだ、幕府があり、幕寄がある、
イギリスのロンドン・バックスという、ロン
ドンの幕府という、ロンドン・バックス・ス
ールーという。ロンドンの幕府王朝という。
【相住まいの人々との出会い】
 昔の色相湖の人達である。また、京
都におられた人達で、二条城での相住
まいという、京都御所での相住まい、東
京の皇居新宮殿での相住まいという。
幕府の国際覧得という。幕寄覧びす、
ともいう。移動人種ともいう。

 ロシアのお方にもお会いしたことという。
ニュージーランド、イスラエル、南アフリカ、
スウェーデン、その他の国々のお方、皆、
お会いしていることという。昔の話が、
今の会いの話、これを、ろっけ、という。
古い日本の言葉という。

 皆、一緒に世界へ旅をした人達である。
まだまだお会いする、ことという。イキリス人
のお建ての私家の近所の宮、参拝された
人達という。日本のことをよく知っておられる
お方々という。その時の私家の近所での住
まい、後になって思い出す原始人の脳とと
いう。会っているときはわからなかったことという。

失礼なこと、お許しの程を、せつにせつに
お願申し上げます。

昔の人に会ったり、同時に昔の建物がまた
建てられたり、これを人生の色相という。
また行く世界の国々という。原始人の証明書
という、その頃の建物、手紙、写真、フィルム等、
一つも手元にない、旅をしている私の宝物という。
家に飾っていた、たくさんの外国人のお写真、
現在、旅行中です。自動車もそうである。
旅をする自動車という。

 色相の原覧という。今は、色相湖もなく、
ないことを書く本書です。20220825

 健康と安全の為、お名前に『柳』を、
お付けします。

跋扈柳
奈良市三条柳
月得海柳
バッコさん柳
京都四条河原町柳
和船団柳
色相柳
幕寄柳
幕府柳

スチュアート柳黒人柳王朝
チェック柳
ロンドン・バックス柳
スールー柳
二条城柳
移動人種柳
ロシア柳
ニュージーンド柳
イスラエル柳
南アフリカ柳
その他の国々柳
皆柳
ろっけ柳
自動車柳
タクシー柳  桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽