2022年08月18日

出発4996 -4990続 :イカスミ柳

出発4996 -4990続 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4996 -4990続
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/18
【バイデン・ブース、星】
 色相湖のバイデン・ブースという、この周辺を星と
いう。4990の歌、似たような歌が諸外国にある。
ミユで演奏され、歌っていた人達という。H.G.アフ
トンという歌という。

 イギリスの作家、H.G.ウェルズという御名の作家
という。『火星年代記』という御著書という。
この桜井の、バイデン・ブース周辺、星という辺りの
ことが書かれ。原始人周辺の人のことが書かれて
いる箇所という。この箇所、他の国の著書にもある
話という。ただ表現の仕方は、その作家による。
古い桜井の箇所という。和船団の頃よりも古い
記述もある。

 世界の絵、著作、音楽で似たようなものという。
これを、同時発生という一つの見解という。ロシアの
パブロフ心理学の古い論という。条件反射の御説と
いう。同時体験が下という、同時発生の一つの
見解という。桜。

 スペインの、バスコスという歌、
 パスカルというフランスの歌という、
 似たような歌という。

 駄作者の歌という、和船での歌という、似た
ような歌という。同時発生、同時体験が、時間
を経てでたものという、思い出という。似たような
歌が和船で歌われたという。

 火星の着陸という、バイデン・ブースの辺りの
ことという。
 
 この星という場所という、桜井の宮という、
五隻の和船団という、後、諸外国から船が
桜井へ着く。合計20隻ほどである。バイデン・
ブースの浜という。この浜を横という、横浜と
いう。

 横浜というチェコの人がいたという、チェコからの
訪問という、4隻目の乗船という。プラハからの人
という。プラハのチャッセクという場所の丘の人と
いう。また、行くというプラハという、原始人の
ことという。
プラハのチズルーという歌という。柳区という場所
という、チズルーという柳という意味という。
 ブタペストの、ほくさき、という、プラルレのぴしびし
という場所という、日本語呼びという。ここの、
ほてすた、という歌という。ハンガリー語の、ほっちょ、
という歌という。ほちょてすきく、という花がある
場所の歌という、ハンガリーの指揮者の歌という。
エルメドットスという歌という。

 スペインの、まよふ、という歌という。
 リスボンの、といかきふき、という歌という。
  マドラスという歌という。スパニョーメスという。
 ソビエトの、サンテレスキー、という歌という。
  サンクトペテルブルクという町の、にょうきふ、と
  いう、このままの日本語の歌という。 サンクト
  ペテルブルクの、いからぎれ、という歌という。
  日本語の歌である。

 ニュージスという、ニュージーーランドの、マッキノン
 という場の歌という、まられる、という。まじょってす、
 という、マジョルカの歌という、ロシア語の歌である。
 ニュージーランドのまっさらり、という場所の、あり
 おり槍の歌という、桜井の山の歌で、ありおり槍
 という、歌という。この時、古い桜井の歌と説明
 がつく、奈良の緋海(色相湖)の歌という説明と
 いう。歌の内容が、京都から奈良の桜井へ行っ
 たという、旗を揚げた、ジャックソー船という、
 内容という、長い歌です。これが、内容で、
 言葉が、古いマオリ語という、ブーズー語一部
 、英語という。オーストラリアも同じという。

 中国の、武漢の城の歌の一部ともいう。
 ブーブーミョーノーという、中国の古い、ウイグル
 語混じりの童謡という。

 台湾の、アミヨミの人という、ここの、台湾という、
 『きみがみてた』という言葉がある歌という。
 武漢での城曳きの時の人という。その人が
 歌っておられたという。武漢城曳きの後、桜井
 へ来られた人という、名を、周という人という。
 周柳さんの御名という。

 世界各国にある、似たような歌という、
 桜井行きの和船団の歌という。

 H.G.アフトン柳
 H.G.ウェルズ先生柳
 パブロフ先生柳
 バスコス柳
 パスカル柳
 バイデンブース柳
 横柳、横浜柳
 プラハ柳
 チェコ柳
 ブタペスト柳
 ハンガリー柳
 スペイン柳
 リスボン柳
 マドラス柳
 ソビエト柳
 サンクトペテルブルク柳
 ニュージーランド柳
 マッキノン柳
 オーストラリア柳
 マオリ柳
 武漢柳
 ウィグル柳
 台湾柳
 中国柳
 周柳さん柳
 英語柳  
   桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽