2022年08月17日

出発4995 4990続き、永野の世 :イカスミ柳

出発4995 4990続き、永野の世 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4995 4990続き、永野の世
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/16
【歌詞解説】
先頭の船の旗。
ウクライナの旗に似た旗。
 これを、最後尾に立てる。
英国旗に似た旗、そのまま
後ろのロシア旗に似た旗。
 これを、一番前へ持って行き、船の床に空へ
向けて貼る。

船の中側に張ってある、朝鮮の旗に似た旗、
 これを、英国旗に似た旗の後ろへ立てる。
日本の旗をはずし、小さい飾りの旭日旗を立てる。
 船内の交尾。
 はずした旗のあと、アメリカの旗に似た旗を貼る。
 向かい側に、中国旗のカマの旗を貼る。

 永野の世という場所で、奈良平端の辺りという、
ここでの作業という。門の通過の時という。海中の
門という。この門を、Sea Monquey(Monkey) シー
・モンキーという、木造の門という。
これを通過して、色相湖へ行く、和上船の航行と
いう。和船尊という。旗を色々変えて、航行する
世界の旗を出す船という。桜井商行という。柳。

 船のあたらり、という、船の目印の旗という。船を、
もめふめ、という、蝋燭の動力の船という。原子力
も用意してあることという。一番最初へ行く船の、
ミユという和船という。後ろの船のアドミラル三人が
見られることという。マー博らっく、という。マー由良
の和上の船という。後、マッカーサー船という。幕府
奉行姿のマッカーサー提督という。他の二人の
提督も奉行姿という。

 旗を変えた前の船の姿に、この時、音楽を奏で
る船という。遠槍山の曲という、4990の曲に似た曲
という。先頭の船に聞こえるように、音を出す楽団と
いう。音を楽団の後ろから仰ぐという、風で送ること
という。大きな団扇で風を起こす作業という。原始
人とその御兄方々の作業という。楽しい作業という。

 門を過ぎた所という。前の船の歌が聞こえるという
場所である。歌っている乗船員という。海での合唱
という。楽しい催しという。

 桜井海沖の話という。桜井へ向かう船中のことと
いう。マーカッサー提督が後船尾で、後ろの船に向
かい、大きな声で歌っておられたという。原始人の
古い楽しい記憶という。両手で口を囲み、『sea 
シー』といわれたことという。その時、上下一体の
作業着姿で、奉行姿になられたという、早変わりの
演出という、御芸のシーモンという、桜井の海の
海上という、門の場所という。
作業着姿を、マッカーサー元帥という。

 桜井和船団一景というお書きという。桜。  
  
マッカーサー元帥柳。
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発5000 名崎妙(ながさきみょう) :イカスミ柳

出発5000 名崎妙(ながさきみょう) :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発5000 名崎妙(ながさきみょう)


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/08/16
    造詞、冴柳小夜・正     2022/08/16
    監修、そうきょう連      2022/08/16
    挿絵、香 淳時正             2022/08/16
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
長歩き ロシア人 ともにいく 後ろには
インド人 名崎妙へ行く お教えを聞く
花夢 健康を手にす 薬ゆらべら
見よ 手を振る 花の笑み柳。

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/08/16
【名崎妙港】
 名前に柳をつける所という、名崎妙という場
所という。柳を正(ヤナギ)ともいう。毎正時の
お書きという。時間につけられた正(ヤナギ)という。
 時間の、0分という。例、10時0分を、正時と
いう。ライト・タイムの守りという。これを、トムコス、
という。しょっこ、ともいう。トム山のお書きという。
桜のお守りという。片手桜、片手柳の格好と
いう、トムたれ、という。これを、英語のトムという。
トムのお守りという、トム・ルースという人の、名
前という。
 アメリカ民謡の『
Hang down your head, Tom Dooly.....』という、
歌の意という、hang downという、お守り吊るしの
胸という、ペンダントという。Tomという言葉で、
意味がそうなることとも。安全の言葉という。

 ロシア人のイワンという言葉という、名前でも
ある。イワン大帝という、ロシア人の安全という。
イバ大帝という。名前に付けられた安全という。
イバ遣という、イバ言いという。英語のウィローと
いう。名前にウィローを付けることという。
 中国人の楊柳という、朝鮮の、ボードゥーダ
という。日本の柳という、安全の言葉という。

周楊柳という、中国の周さんという人の安全と
いう。朝鮮人のチョという、チョゴスという、チマ・
チョゴリという、安全の意という。

 洋服ネクタイもそうです。安全の話という。
詰襟など、色々あります。

 柳の妙という、やなせらの・るいびる、という。
やなぎ言いのことという。ルイ・ハットン・ロックと
いう。やなせらるう、という、やなぎ模様という。
やなぎを使う人のことを、ヤという。ヤ人と
いう。野蛮のヤともいう。安全の蛮人という。
やなせられいの・るいびる、という。らってす、と
いう言葉ともいう。やなぎ言いのことという。
すべらし、ともいう、すみす遣という。
すみみすの言いという。

 一つにイカスミの墨を入れる、書、壁という。
黒ずんだ壁の安全というう。イカスミを壁に使う
、きっぱれ、という。いかよまの・おそるり、という。
壁にも安全をとる家立ちという。ろっけすの家
という。ろんとむ、ともいう。とっく山のお絵という。
みよよんてすの家すり、という、みての・あんそ
め、という。きっとれのや、という家という。

 安全第一の話という。健康安全の住まいと
いう。柳飾りの家という。柳と描いて、家の、
中でも外でも貼っていればよいことという。

 宇多山の話という。宇多野こっぱれ、という。
こうるりの・おいらる、という。柳を多用する宇多
の言葉という。宇多野じんそく、という、らりって
の・るいさい、という。らりるう・ふうるる、という。

hang down.... の歌という、ペンダントの歌という、
head という通りのことという。head という地名
という。ペンダントゆり、という、揺れるペンダントと
いう。これが、安全の意という。チックソックの意と
いう。ちらせら、という日本語の言いという、ペンダ
ントのことという。ペンダントを付けて道ゑ歩く姿の
歌という。トム・ドゥーリーというheadという通りの安
全という。ここへ行く人を、トム・ドゥーリという。
安全児という。ドイツの音楽指揮者のお教えという。
えび手のお指揮という。

 エビの安全輪とる、エヒ手という。エビが立つ姿と
もいう。安全をいうエビという。アブダラハッサンと
いうエビという、ロシア・モスキートのエビという。
立って安全をいうエビという。人に安全をいうエビ
という。エビの立ち姿の意という。

 色相というう言葉が掛かる、エビ手という。指揮
者がいう安全という。エビ手のお指揮という。
色相を音に出し、光をとる、この意の指揮という。
安全の訴えという。安全大切の指揮という。
アブダラハッサン・るいから、という。『から』という、
指揮の意という。

 音楽の指揮者を、えんから、という、しょっろく、と
いう。指揮者の安全を受ける鑑賞者という。
音楽の色相という、脳の働きの、安全を引き出す
ことという、音楽の色相の一つの意という。
コンピューター・ソフトにもついていることという。
ついてない場合は、これに変わるものを利用する。
駄作者の話という。色相(いろあい)の泓(ふけ)と
いう淀という、これを使う、安全相という、色相の
ことという。エビをいう、エビ手の安全をいう。
音楽の一面という、安全のことという。

 桜井色相の港のことという。船の音出しをする、
航海の安全という。自由の女神のハドソン湾の
音出しという。

 ロシアの、のぼるゆまる、という。『まる』という船の
名という、安全の意味という。ロシア船楽という。
ろっとしすの・るいいり、という。ロシア海運の安全
という。

 古い日の、モスキートへ行く船という。湖を出る
船の音出しという。ボッボッボッという音を出す船
という。ロシア海運の安全という。この安全をいう
エビという。 エビを尊ぶドイツ人の称えという。

 ロシア人の安全を唱える、ドイツ人という、ドイツ
指揮者という。エビ手の指揮という。日本人もこれ
をいう、ロシアの世界の国の代表をいい、それを、
世界という、音楽の指揮者の言いである。世界の
安全をいう指揮者という。代表がドイツという。
ハンガリーの音階ともいう、ハンガリーの少し変わっ
た音階である。臨時記号がついた音が安全を表
す。ハンガリーの音階という。ワルツという、音という。
ワルツの音という、臨時記号のついた音という。
『安全を手に入れる』という音という。ハンガリー
短調にある音という。ワルソー・ラックという、指揮
やかの・せたせた、という。ハンガリー音楽のむ音と
いう。色相音ともいう。

 ロシア民謡を出すことともいう。ロシア民謡の
音という、色相があることという。安全の色相
という。

 コンピューター・ソフトに色相の装置がついて
いない場合に、臨時記号を使う一方法という。
ロシア人の考えという。ロシア音楽の、はくさき、
という、脳の白崎という、そこの働きという。
ロシア民謡の、はたゆり、という、音が揺れた
箇所という。

 白崎という脳の海馬の崎である。ここから、
安全の命令を出す、音の話という。音楽をいう、
海馬と中心の脳の場より出る安全の音という。
しろい崎音という、色相音ともいう、臨時記号の
ついた音という。ロシア民謡に代表をとる白崎音
という。

 ロシアの白露という、ベラルーシ、ウクライナ、
ロシアのモスクワ周辺の白系露という、白系
露人という、その辺りの歌という。色相安全の
音を使うロシア民謡という。

 原始人がいう、コンキスタドールという、その一
つの歌という。安全を手にする歌という。短調に
あることという。ハンガリーの短調の音階ともいう。
安全の意の短調という。ロシア民謡の代表という。

 ロシア民謡の『モスクワ郊外の夕べ』という歌と
いう、モスキートのことともいう。アブダラハッサンが
いるという、大きいエビがいる所という。エビが立ち
、安全をいう、エビの言葉という、手をふるエビという。
人に安全をいうエビという。

 エビ玉という、臨時記号のついた音という。短調
に限らず長調の音ともいう。世界にたくさんある音
という。エビ調、エビ目調という、短調のことという。
ひれゆらる音ともいう。

 色相湖のバイデン・ブースから名崎妙への道、
エビゆかる道という。一通りという。

 ドイツ人指揮者のお話という。京都の音川(お
んがわ)という細い川の音ともいう。川の調べという、
川の音のめでという。今の病院で、川の音を
聞かす心理療法ともいう。ハンガリー音のロシア
戻しという、ハンガリーとロシアの音という。

 アメリカのコーンビーズという、アメリカのマイトム
という音の出し方という、安全和出す音揺りと
いう、バイオリンを代表とする音出しという。
色んな高さの音がでる楽器という。アメリカ
民謡でよく使われる楽器という、バイオリンの糸の
話という。ペンデュラムという、ペンダントの糸を
バイオリンの糸を使う、トム・ハンナスという。
コーンビーズのペンダントという。安全の話という。

 バイデン・タウンから、アーカンソー、テキサス、
カンサスにかけて、民謡に使われるバイオリンという。
バイデン・ムースという、バイデン・ミューともいう、
バイオリンのことという。

 地下室で音楽をするという、バイデン・タウンの
地かという、『私ゃ、アラバマからルイジアナへ〜
〜』という民謡のバイオリンという、色相音の出し
という、バイオリンの得意という。

 ウクライナの民謡、ドニエプル川の歌、『〜〜
荒れ狂い逆巻く、ドニエプルよ〜〜』、という曲、
色相が出安い曲という。
私の見解です。ときどき口ずさみます。桜。

トム・ルース柳さん
イワン柳さん
テキサス柳
アーカンソー柳
カンサス柳
アラバマ柳
ルイジアナ柳
ウクライナ柳
ドニエプル柳

 柳という木の意、健康安全の意。
  
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽