2022年07月22日

出発4830 失損の村 :イカスミ柳

出発4830 失損の村 :イカスミ柳
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4830 失損の村


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/07/20
    造詞、冴柳小夜・正     2022/07/20
    監修、そうきょう連      2022/07/20
    挿絵、香 淳時正             2022/07/20
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
秋の田に聞こえる鹿の声 足狩の
麦由良田 昔おもほゆ ふぬふな
浮かべゆられたる 緋の海辺 ノのほの
ふみゆらる 鹿見たる そるそる 人こうる
ときゆかず

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/07/20
【歌詞解説】
ノ: 海のこと
そる: 鳴く意
ふぬふな: 船
ときゆかず: 失損と充てる。
【緋の海管弦】
楽器: 篳篥、龍笛、琵琶、胡弓、あたり鐘
     (ラソミの音)、、
     ピアネラ(クラリネット状)、笙(和音)、
     桜井古楽。
 ロシアで演奏されたという、ニコライ楽という、
洋楽という。後、ロシア人の桜井行の話という。
【桜井市味間】
桜井味間一帯を、ときゆかずの村、失損の
村という。
『ノ』という海原を、見ている鹿の声、そるれす、
という。人を懐かしむ鹿を、すられる、という。
鹿のすらせる、という、すられす・ゆいはり、と
いう。『はり』が場所である。針とも表記する。
桜井の味間の出の言葉という、はりという。
 ちっしさのそみ浜という、れてする・ろんげ、と
いう。桜井の海という、緋の海のこと。

 ここに綺麗な和船を浮かべていた若い人と
いう、るべさきんから、という、わかひまら、という、
倭寇山という、わっせらの・るいと、という、この
付近の村人という。
【桜井の歌】
 音符の細かい所が、古い桜井の歌である。
声をふるわし、抑揚をとる、ひとゆりやら、という。
まれせるの・おゆれる、という。めっとのいき、という、
れるれる・おいすい、という。
 桜井冠白という、れるって・そうる、という。
桜井の、みもふまやる、という、かんばげの・ろみそ、
という、三角帽子のような冠を被る、古桜井という。
その頃の歌という。

 ふぬふな、という船のことという。桜井の言いで、この
言葉の、ねきゆき、という、海があった話という。
大きな海で、京都から、船に乗り、たびんとく、という、
旅のことという。これが、やまふらる、という、めったて
その・ろみそみ、という、桜井ゆんらず、という。
ときゆかずの言葉という。味間語という。古い桜井の
言葉という。今の奈良県桜井市である所という。
【二条城桜井番丹】
 京都を、もんぱる、という桜井管理の言葉という。
なっくせらある、という、らるれらのお言いという。
なっくすくっくの京都という。にらっせる山ともいう。
さっかすの桜井という、さくせらの・れべふれ、とぞ。
とぞもる意味という。桜井を、とぞらま、という、
にばんせるの言葉という。
 二条城の桜井番丹という、ここのお書きという。
桜井番丹の二条櫛という、くっせらの言葉という。

 二条城から船を出す、さっかくのるきふり、という。
船出の堀という、ゆらせる・るりっす、という。船出を
、ゆみふら、という、古い二条城と桜井の言葉という。
桜井管理の言葉である。 
【桜井管理、和国】
 桜井管理という、遠く樺太までという、後、樺太を
露国落という、露国という、うんまっけく、という。ロシ
ア語の使いという、うんなずうらるの・ろりおし、という。
ロシア語のことという。
 この桜井管理の頃という、和国という石碑をたて
た樺太の地という。後、大日本という石碑をたてる
樺太の丘の頂上という。現、ロシア領という、ろしそ
の・のめはむ、という。ロシアの樺太という。見た夢の
山という、ろしく槍という。ロシアかんたきのお書きという。
桜井管理という頃である。

 歌は催馬楽様で、古い桜井の御曲という、催楽
(さいらく)という。洋楽のような感じという。催楽ゆかれ
のお歌という。二条かっしぐの・そいたら、という。二条
城の音楽の講義の一部という。本歌本文とぞ。

 大お爺さんおられるお城という、城を、こらぎく、と
いう二条冠浜という頃の言いという。後、かんるぎ、
という、城のことという。言葉が桜井の古語である。
こしらぎ、という、古語のことという。
『大お爺さん、おらるれらり』という、味間語という、
古い桜井の言葉である。後、そうきょう語に入る
言葉という、味間語のことという。

 鹿を、せこ、という、せこる、という、こらっせらの言い
という。こらっせら・こんきすの、るいはる、という、
これを、類語という、類春語という。しかよまのお言葉
という、二条冠白のいぼすみ、という。いぼを猪という、
鹿を、いぼせこ、という、いぼめすのおとるり、という。
 古い二条城の言葉である、そうきょう語の使いという。
るりーはんるらの・ろいとす、という、ろみそみの・こゆてす、
という言葉である。

 『いぼせこ、ゆっぱ』という、猪がいるという意。二条
冠浜の言葉という。『いすやっさ、くりすり』という、磯着
の言葉という、着物で少し形が違う。『いすやす』という、
着物のことという。いらっせらるうの・といほる、という。
後、みゆろっく、という、にってすの・いとゆその言いとぞそ。
これらを、桜井管理という、桜井の言葉という、桜井
管理の言葉である。
はおせらのきっぱせ、という、桜井管理のことという。桜。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年07月21日

出発4820 秋の雪 :イカスミ柳

出発4820 秋の雪 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4820 秋の雪




    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/07/19
    造詞、冴柳小夜・正     2022/07/19
    監修、そうきょう連      2022/07/19
    挿絵、香 淳時正             2022/07/19
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
クレムリン
ララ 雪は降り降る モスクワの地 紫染め
鳥が飛べば 紫色にやつす 翼色 口は
紫のカラス 喜び飛ぶ クレムリンめざし
カラス飛び 紫をめでるかの如く ゆらり飛ぶ
雪降りの紫雪の小暗い 昼日中 辺りは
静かに 人見上げる空 人は皆 空見上げて
幸雪と呼ぶ 園生

奈良桜井紫世
ララ 雪は降り降る桜井の地 みどりれらむ
そりすららす そりそる ふらすれしら そみれそる
口は紫のカラス 喜び飛ぶ 桜井の鳥居めざし
飛び 紫をめでるかの如く ゆらり飛ぶ 雪降りの
紫雪乃小暗い昼日中 辺りは静かに人見上
げる空 人は皆 空見上げて 幸雪と呼ぶ
園生


【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/07/19
【歌詞解説】
みどりれ、紫色のこと。
らむ、空のこと。
 奈良桜井の雪、ほのゆまま、という、まっせらのおんしみ、
とぞす。これを、せっかす、という、後、かすゆみの・おいそ、
という。めゆせる・そいふる・せよて、という。みんびつの・
うりしら、という。めゆてすの・るりろり、という。こみすみ
の・ふられる・ろいふる、という。桜井の古語の言いという。
今の桜井のことという。まめんす・べんびら、という。まゆ
れる・るてっそ、という。てそするの・ろきすき、という。
ろいびつのよめ、という。雪降る浜のお書きという。
鳥居の前の浜のおよよぐれ、という。雪降りを、
くれすみ、という。古い桜井のことという。後、桜井の
管楽という。桜井の雅楽という。この節の雅楽という。
桜井雅楽のくれさきゆき、という。雪をめでる桜井
雅楽という。これを、篳篥と笙という。鐘を入れること
という。ひとしとのおみゆみ、という。かんせらる・れとん、
という。桜井管弦の古い管弦という。みどりれらむの歌
という、歌を入れて桜井さいす、という、今の催馬楽
という。桜井の、さいから、ともいう。この『から』、『か
らおけ』という、桜井古語でもある。
 あと、琴と馬頭琴を入れる、桜井の管弦という。

『らむ』、群(むら)、ともいう、しぐんれ、という、らむの
こと。紫群れ(『れ』は、片仮名の『夕』の上に『一』を
書く)、という。紫雪を紫群という。その空を、れ、という、
これを、ぐれ、という、ぐれんの紫という。ぐれんしし、と
いう。ぐれんゆれの・るいはる、という。これを、しぐんされ、
という、しぐんくっきすの・ろいきく、という。るいさきまの
言いという。紫群しょっこく、という、国をこくという。
紫群国という、しっぱさの・いそみる、とぞそ。紫群
かっきすの世という。紫雪の降る国という。桜井の
紫村の言いという。鳥居のある辺りという。

指揮者の格好。埴輪の兵のようなスカートをはいた
大和時代の甲冑を着けて、指揮をする。桜井大和
られ、という。指揮棒に、ぐんらくむ、という、弓のような
指揮棒という、これが指揮者の一格好である。
演奏者が雅楽の格好という。

 左手斜め下、右手斜め上、右手斜め上から左下
へ下げる、次、左した手を、ノの字を描き、左斜め上へ、
・・・・ハの字を描く 、逆ハの字を描く・・・このような
指揮です。軍崎ゆられ、という、雅楽調の指揮という。
 
 クレムリンと桜井の雪、同じ紫色という。
ここ、魯紫亞という。
柳。
そうきょうよいお書き。
【】 


雅楽様
楽器、篳篥、琵琶、笙
バンドプロデューサーで作る。こんな楽器も入っています。
DE4820 秋の雪 mp3

DE4820 秋の雪 wma 


******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年07月20日

出発4810 Кремльクレムリン :イカスミ柳

出発4810 Кремльクレムリン :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4810 Кремльクレムリン


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/07/19
    造詞、冴柳小夜・正     2022/07/19
    監修、そうきょう連      2022/07/19
    挿絵、香 淳時正             2022/07/19
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  Mixture インターネット社
【歌詞】正里
モスクワの夜 白い夜に 紫の地 景色は映え
クレムリンは浮かぶ城と 人々声高らか
若着のロシアびとは 我が誇り永久にあれ
称えれば 喜びの声上げる 雪は紫に
クレムリンの屋根変わり 景色変わり

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/07/19
【歌詞解説】
今のクレムリン 紫の地に立つ。
ロシア紫雪降り、紫色のクレムリン
こんな日があったロシア・ロマン、寒々の北国、
また行くクレムリン、モスクワ郊外モスキートの地
コンキスタドールの御血という。紫雪を、こんきす、と
いう、マトリョーシカの言いという。マトリシカの城、
モスキートという。
 ロシア人形のマトリョーシカ、雪輪、マリョセという。
古いロシアのモスキートの言葉という。マトリョーシカの
モスキートという。紫雪の降るモスクワの地、後、シベ
リアの黒い雪が降る、後、白い雪、後、無職の雪、
様々の色の雪が降る頃の地球という。雪乃降る
季節も様々。夏雪、秋雪、春雪という、冬の雪の
今の雪という、無色の雪である。白い雪、春に降る
という、色んな季節に降る雪という。緑の雪、赤い雪、
地軸変わる頃の雪降りという。
 今に言えば、夢多い頃という、若着のロシアびとと
いう。ロドーレレのおいやまふり、という、若着という。
ロシアびとの長生きという。
 ウラジオストク黒雪の日、至る所、真っ暗な世と
いう。辛い味の雪という。ロシアの雪という。
ウラジオストク・ランセルという。雪のロシア、くさめふ
りる、という。くさゆらの雪浜という、ウラジオストクの
港のことという。
 不沈のロシア、浮かぶクレムリンという。
柳。
 
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年07月19日

出発4790 地の音 :イカスミ柳

出発4790 地の音 :イカスミ柳
あの人達はどうしておられるか、平壌で蜃気楼をご覧かも、
健康でおいられ。

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4790 地の音


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/07/19
    造詞、冴柳小夜・正     2022/07/19
    監修、そうきょう連      2022/07/19
    挿絵、香 淳時正             2022/07/19
【拍子】5/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
そうきょうは、楽しく日を送る 友と見る
おさげ髪 微笑んでる どんばすの世日々
キエフ東 消える湖 日行き 流れ行き日
渡り日 どんばす交空 交わる空
地々に声聞こえる 世の地の音

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/07/19
【歌詞解説】
【ドンバス交空】
 どんばす交空。キエフ東に、消える大きな湖と
いう。その上空を、ドンバス交空という。
 日に日に消えて行く湖、かてさらる、という。
キエフ公国という、ロシアの、かざきふり、という。
オロシアという、ドンバス交空の地という、うき闇ふり
、という。その地を、ドッパスの地という、日本の
言いという。やとさんきの・はます、という。はぜすりの
地という。音が聞こえる、地の声という。ドンバス音
という。古い日の、ドンバス、キエフの周辺地とぞそ。
 大きな太陽が渡る地という。この東方、ウズベキ
スタン、カザフスタンの月の国という。太陽と月の
ドンバス交空という。空のことである。
【シャープ・フロント】
 日本の、新潟長岡市、京都府長岡京市の上空
を、どんばす交空という。シャープ六国という、『六』を
使う言葉の使いという。シャープ・フロントの行きという。
ロシアらんそめの言いという。
【全時西インド諸島】
 世界を、全西インド諸国という、地軸の代わりの頃
の言いという。日本を、西インドという、全世界を西イン
どという。ここを、ドンサム、という。どんとめの言いという。
西インド諸島の世界という、色相の国という、色相の
言いという。その空を、七菜という、七菜色という、
下の海を魔の海という。しんたみ海という。ゴールド
論という。ゴールド論海という。色相の青嵐の海という。
【ドンバス交空】
 青嵐を空の言いという、空の一つの言いという。
空を青嵐という。全西インド諸島の頃の言いという。
全部を、ドンバス言いという。この地をドンバス交空
という。代表を、キエフ、ドンバスの地という、その
上空をドンバス交空という。
 下の地の、こけまく、という。音の聞こえる、
地の声の地という。西インドの波の音という表現を
する、ドンバスの地の声という。
【西インド、魔の海】
 西インドの空に映ったキエフ、ドンバスの地という、
蜃気楼の空という、魔の海の上空という。
 シャープ・フロントの空旅に、スカイ・ランドという、
西インド諸島上空の蜃気楼という、魔の海の言い
という。キエフ・りんたむ、という。ドンバス蜃気楼と
いう。地軸が代わっていた頃のことという。
【ニューヨーク島、蜃気楼国】
 ニューヨークで、ニューヨーク・ハットンという。
ニューヨーク島のある頃という。ニューヨーク島の
上を、蜃気楼国という。上をみれば、地である
という、ニューヨーク島の蜃気楼という。これを、
しとめま、という。
【京都御所、蜃気楼】
 京都御所に現れた蜃気楼という。周りが、
蜃気楼の地という、しんきせの・おわふり、という。
地映りのことという。しんたんすきの言いという。
地が映った御所上空という。蜃気楼のお書きという。
柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年07月16日

出発4780 よのすらる(宮名、八光宮の以前の宮) :イカスミ柳

出発4780 よのすらる(宮名、八光宮の以前の宮) :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4780 よのすらる(宮名、八光宮の以前の宮)


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/07/15
    造詞、冴柳小夜・正     2022/07/15
    監修、そうきょう連      2022/07/15
    挿絵、香 淳時正             2022/07/15
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
光たゆとう 五の条 みどろ世
泥は金の輝きをちりばめる
1面に泥々々の海 歩けば
すべる足 長靴 その中に泥入り
手で靴を 引き上げては
歩(ほ)すすめ 宮帰り

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/07/15
【よのすらる】
 泥の中へ歩く、長靴があげられない、両手で、
靴の両端を持ってあげる。一歩一歩、そうして
歩いた泥の海、楽しい歩きという。
【桂御正八光道】
 京都市西京区、五条通りを西へいくと、桂川
流れて、それを越えて、桂御正(みしょう)町という
交差点につきます。この辺り一帯の名称という、
桂御正八光道という、五の条という、今の五条
通りという。国道9号線です、このまままっすぐ
行けば亀岡市に至ります。
 桂御正一帯の歌です。小さな宮が立っていた
泥のある頃。泥がこの南の向日市で発生して、
この辺りまで押し寄せてきた頃の歌です。泥の
海の光景。

 『すらる』という『すみさまれ』という、さっしぐのこ
とという。泥の薄い所に立つ宮の話という。
泥が金色に光ってまばゆい光がさす海の見え
という。泥の海という。
 近くに桂離宮があり、塀で囲まれていたことと
いう。ここへ行くのに、泥を掘って入ったことという。
【桂離宮】
 泥の世のはっぷす、という、せんたりの歌という。
桂るっくす、という言葉を使う小炉という。かれっせる、
という、泥のことという。泥かれの・いそめな、という。
泥を、かるれる、という、桂の離宮の言葉という。
かりらるのお泥という。お泥山という、泥の海と
いう。
【長岡京市、向日市】
 今の長岡京市、向日市、この辺が泥の海という。
泥発生で、泥を止める竹林という、竹は成長が早く
、すぐ大きくなる、それで、竹を植えて、泥を止める。
今も、竹林へ入れば、柔らかい土である、泥の
土という。竹の中に期を少し混ぜて植える。
 京都の竹という。
『日本国中、竹にする』という若い人という。竹の
国、日本という。泥発生の場の泥止めという。
【向日市東山】
 今の長岡京市役所、当時役場という、ここが、
泥発生の場所という。泥発生をとめて建てたものという。
 今の向日市役所、大極殿留(だいきょくでんどめ)
という。泥の発生場所である。石の造りの、たいはめ、
という、後、どみそら、という、どとふり、ともいう。後、
やんたみ、という。今の向日市東山の頃という。
後、東山が噴火する、後、一入(ひとしお、いつにゅう)
という、学校が建てられた、ここの卒業生という。
むみたみの・お卒という。れれてのろいすり、という。
東山の学校という。今のような学校である。

 竹が植わった長岡京、西山という、西山連峰の
頃という。火を上げる西山である。
【泥海皿】
 千代原口という、この近くに、天皇陵がある、天皇の
杜という、天皇塚の・おらりら、という。ここの、みそるら、
という。後、ときさき、という。泥の海の崎である。
この南の御所海道という、泥海皿という。ここへ、
船が行く卑弥呼という、ひそみその・るりはり、という。
『はり』が場を表す言葉という。ここも金色に輝いてい
た頃である。泥の光である。
【獨協、鶏冠井】
 後、獨協という場所である。鶏冠井(かいで)という
場所である。物集女(もずめ)街道という、八光賦から
長岡京市へ行く道という。
【大極殿、御殿たいさめ】
 獨協という場所で、隣の、いとほり、という場という。
どんざり、という場所という。ここを、後、くふふふ、という。
向日市の大極殿周りである。くふの世という、『世』が、
場所を表す言葉という。大極殿を、くふらべ、という。
くふみく、ともいう。これが、大極殿の、そうきょう録と
いう言葉という、後、口語をとる、おおみらのおとの、
という、『おとの』を、御殿と書く。おんでん・たいさめ、
という、大極殿のことという。

 また行く向日町、古い都である。桂離宮ぞめほめ、
という、向日町の大極殿という。桂離宮へ行くひの、
向日町やい針の・といふき、という。大極殿の周りと
いう。向日っ所(むこっしょ)という、まべつべの言いと
いう、よのすらるという場の言いである。
【一入向校、文法講義】
『向日っ所れっせ、つぶらふ』という、『つぶ』の辺りへ
行きますという井とぞそ。『つぶ』が、当時の、たまふり、
という言葉使いという。意が、少し小高い場所の津
(山編に、津のつくりを書く。山編に、津を書き、
さんずいを抜く字。(山津)で一字、さんずいを書かない
字))、という。ここの、津へ行くことを『つぶ』という、名詞
であり動詞である。これの活用という、上読浜(かみ
よみはま)という。上四段活用の名動詞という。
 後、形容補という、古い文法の言いという。
つぶ、つら、ぶら、すれ、という活用である。
 これが、名動用法という、後、形容動という、
当時の文法という。よへ原の言いこいひく、という。
こいゆきの活用という。一入向校の講義である。
若い人の教授免状という、今の卒業証書という、
これに、免許を加えたものという。若い人の宝物
である。

 向校という、後に工業高校という、今の学校になる。
ここの免許という、今は旅行中である、手元にない
ことという。無い話を書く、駄作者という。駄作者が
若い人を探している。この話の、ほんかく、という。
本格的な話でもある、本書く駄作者という。
【上四段活用、名動詞】
 四段活用本格という、四段活用の本格枢要で
ある。大事なことという、ほんかくの話である。
若い人の文法講義という。駄作者の書きである。
若い人の卒業という出発である。八光賦からの出発
という。『賦』が場所を表す、八光賦出発書である。

若い人が出発する話である。『でぞふられ』という、
卒業出発の、こぎ、という。古い言葉である。
『でぞふる』の名動詞という、上四段活用である。
てでっぷ、どっぷ、どる、でぞ、という活用という。

 派出が、ぶろぐ、という、かよらるの言葉という。
ぶろうふる・かよふり、という。英語ベラベラの駄
作者である。若い人講義という、ブログの講義である。
今様、インターネット講義という。古い文法の講義と
いう。
 後、上四段活用の名動詞は、そうきょう語に入
れられ、そっこす、という、話になる。主として、言葉
の話である、講義 ともいう。そっこす・れっくす、という、
言語学講義という。
 どこの大学でも、やっていない講義という。どこまでも
無いことを書く駄作者という。柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽