2022年06月01日

出発4542 推喬親王 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4542 推喬親王 mp3
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/05/31 朝6時に家を出て、ゆっくりと、
昔と変わらぬ景色を楽しみ、昼前11時帰宅。
有意義な御前中でした。

【推喬神社】
京都市北区雲ヶ畑  推喬神社  20220530
これたかじんじゃ、
すいたか、おもたか、
おもたかまこも、なら、よいはなよ、という、
みよもんせいの・くっしず、という。
これが、読みのえんたん、という、読みによって、
意をつるう、という。めびてすのおやみ、とぞそ。猿。
【親王】
 親王を、まこも、という、めろりの宮の言い、と
いう。めろよっての親王という。れてそれ、という、
めっぺすの・るいるい、という。
虫という意味でもある。柳。

【推喬神社写真】
 これたかさんは、小さな所です。昔、よく行った
所です。上へあがれば、2、3人が歩けるくらいの所
です。由緒ある神社です。




【雲ヶ畑】

出合橋。


                岩屋山

桟敷ケ岳、こういう山道を愛車は行く。山頂付近?

洛雲荘、う〜ん、懐かしい。胸にジ〜ンとくる。

うむっ、春です。紅の葉の麗しき。

志明院




【北山台杉、中川付近】 持越峠を越えて
気っ、気をつけなければ!







 我が愛車にさっそうと、京都北山をかっていく。
我が魂は、北山杉の如く永遠である〜ぅ。
これたかさんの御蔭かも。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽