2022年06月18日

出発4604 樺太 :イカスミ柳

出発4604 樺太 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4604 樺太
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/18

【ロシア人】
 当時、日本にロシア人という、少しくおられた
日という。。私の家にも来られて、喜びのことを
いわれた人という。御名を、****さんという。
 この****さんのお話という。『日本は、
オトロがやってくる』といわれたことという。
オトロはこのままのオトロという。オトロの国という。
日本のことである。オトロ国という。この****
さんの言いという。
【サンクトペテルブルグから京都へ】
 サンクトペテルブルグという、ここに一緒にいた
若い人という。さわせらのおつゆつ、とぞす。おつゆ、
ともいう。さわせらのおつゆ、という、りりそひの・れ
べすら、という。これを、オトロルという。この『オトロ』
『オトロル』を、当時のゲノール語という、今のロシ
ア語という。アールセンラッサーレ、アールセンラス
という、これが、当時のロシア語のサンクトペテル
ブルグの、いとめの世という。サンクトペテル語の
『住まい』という意味という。ロシアのそうきょう語という。
【五条城】
 一緒に軍艦で日本へ来て、京都の壬生に住まい
をし、後、今の私の家のある、場所の城という。この
城に住まう、家安(いえやす)の住まいという。当時、
五層の城である。後、五条城という。今の二条城
の一部にこの城がある。城門を含む周りの塀が
それである。****さんとともにこの場所にいた
若い人ぞそ。明治の世という。ろいとのすみうみ、
という。私の家の場という、その昔である。大きな
城である。条城という、時の京都の城並び
という。一条から十九条という。北南に同じ
場所に城が並んでいた。今で言えば堀川通りと
いう、二条城のある場という、これに平行に十九
の城という。直線状に並んでいた話という。条城
の頃という。ゲノール並びという。

 この並びをフランス人が、『ア、ボン』という、フ
ランスの、エファレンシアという、城のことという。
フランスのそうきょう語である。城を、エファレンス
という。エファレンシア・ルーという、日本語と
フランス語の混ざった言葉という。
【タヌコーサス】
 タヌコーサスという、狸を飼う日の言葉という。
タヌコーサスという、樺太の言葉である。樺太語
の使いという。他の外国人も樺太語を使って
おられたという。総勢400人の同居という。この
十九の城に400人がおられた、外国人ととも
という、アルファンラスの同居という。全世界の
外国人という。

 ロシアのサンクトペテルブルグから、モスクワを
経て、中国武漢、朝鮮の平壌、南の、ごそ
くま、という、北京の町という、朝鮮の京城の
町という。当時北京といっていたことという。
ペキンと読む、中国語読みをする、平壌、
ペキンの住まいという。後、日本という。

 、九州伊万里という、そこの住まいとぞそ。
そこから、五島列島の、しおさら、という場の
島の、皿城という。ここへ住まう。後、広島、
丹波ささみら、という、今の丹波篠山である。
そこから、今の亀岡という、そこの篠皿百合
という城の住まいという。後の、園由良原城
という、ここへ住まう。

 後、五条城という、ここへ400名同居という、
十九の城に別れ住まう。この住まいが、サク
ラメントという、桜の原産地という、アメリカの
サクラメントの行きという。400名でサクラメント
へ行く。サクラメントから樺太へ行く、ここで
一緒に住む。若い人の移動人種という言葉の
言いという。樺太語で、タヌキコセという、日本
語のそうきょう語という。
【高山城】
 金崎の御叔父御上という、ロシア人の御名と
いう、同じ御名前である。今の飛騨高山城である。
この城の大きい時である。ここへ行き、また、樺太
へ行く。高山に樺太の話がある。樺太の大泊と
いう、きょうめはぬ、という、ロシア語のそうきょう語
で、タヌコーサスという。そこに住まいをする。

 このタヌコーサスの『サス』、コーカサスの『サス』
と同じ意味である。『町』という意味である。
樺太にこの『サス』の言葉がある。後、アイヌの
言葉に入ることという。

 後程。柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月17日

出発4602 日本人強制収容所 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4602 日本人強制収容所
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/17
【日本人強制収容所】
 米国ニューヨークの南の小さなニューヨーク町、
ここから、日本へ帰る。飛行機が着いた所が、
皇居前である。B-60という飛行機しという。
 この飛行機のことを、米軍機という。
操縦が、一日本鈍である。この日の太平洋という、
『天気晴朗にせ、波おだや』という、これが太平洋の
上である。糸山の家のお書きという。
【B-29,B-60】
 米国ニューヨークからの飛行という、小さなニュー
ヨーク町からである。このニューヨークからの飛行に
、ためすら、という、日本の冠語という、、これを
使うB−29という。これが、B-60である。
この日ののアメリカの言いという。
【江戸城周りの麦畑】
 日本の江戸の城の周りという、まだ家がなかっ
た頃である。B-29が飛来したという、B-60である。
このニューヨークの小さな村という、ここに、日本
人の、うるわる家という、これのことの言いを、
日本人強制収容所という。ここにいた話という。
アメリカの家という。あめそめのいそゆそ、という。
強制収容という、作物の収容という。そこの家の
話である。
【ニューヨーク町】
 日本へ帰るので、作物を早く切って、そこへ
収容した、日本人収容という、日本人が収容
した話という。これを強制収容という。アメリカ
の日本人という。イラ山の場所という。小さな
ニューヨークの一区である。
【青麦の首をはねる人達】 
 作物の首をはねてという、麦の首である。
これを切ることの形容という。アメリカ人が、
これを見て、『オー、クルーエル』という。青い
麦の収穫という。いくつかの収容所で、そうし
た話という。アメリカの人も首をはねておられ
たのである。強制収容所の話という。
首狩族というそこのアメリカ人と日本人で
ある。
【江戸城を作物小屋という】
 これが、マナスラという、日本の青麦の刈り
入れという。後に日本へ帰り、江戸城の周り
の麦も刈り入れることという。アメリカの人と一
緒に刈り取った青麦という。江戸城が強制
収容所の日である。この日の江戸城、作物
小屋という。これが、英語で言われる、麦の
小屋という。首を切られた麦が入っている所
という。
【世界の首刈族という、青麦の首刈】
 この城の家という、青麦屋という。後、首
やり浜るり、という。英語の『ヨロ』という、
英語の冠語のことという、この日に、冠語を
そうきょう語というた話という。アメリカ人が
浜瀬の人である。今の、ピッツバーグという、
ここのお方という。麦わら帽子を被り鎌で
切っておられた話という。これが、B-29の
来帰の日である。

 後、ここを、青麦山青はなれ、という。
日本の城の青麦の刈りという。青麦山の
お話という。ピッツバーグのアメリカの人の
麦わら帽子という、この帽子がまだ日本
という。日本の一番厚い日という、真夏
の日のような日という。アメリカン・セイと
いう。ベスト・ホット・デイという。

 後、イギリスの人もおられた話という。
イングリッシュ・コークという、アメリカから
一緒に来られたイギリスの人という。
自動車の会社の興しをされた人である。
【グラスゴーのストーン・サークル引き】
 一緒に京都まで来て、我が家の周りで
泊まり、寝起きを共にする、若い人という。
『グラン』という言いの大きな石を引く箱幕
という、ロールス・ロイスの話である。自動
車のことである。イギリスのグラスゴーの
ストーン・サークルの引きという。

 この話がイギリスの、かませ、という瀬の
場所の話という。グラスゴーの瀬という、
水の付近の言葉という、『グラン』という、
グラスゴーのストーン・サークルの名前と
いう。我が家へも来て下された自動車の
お方という。この御方の御教えである。
『グラン』という言葉のお教えという。

 今のグラスゴーの沼の浜という、グラン
パという。B-60で言ったグラスゴーという、
江戸城からの行きという。総勢200人と
いう。首狩族の人達である。青麦の刈り
入れの話という。

 ロシアのウズレスという、今のウズベキス
タンの人という、アフリカ人という、、モロッ
コダガという黒の肌の人という、白い肌の
アフリカ人もいた、インド、中国、東南アジ
ア、オーストラリア、ヨーロッパの人という。
世界各国の首刈族の人達である。
青麦の首刈の人達である。

 移動人種の人達という。みゆれる花
山のお書きという。花山御所連ずめ、
という。

 これが、日本人強制収容の私という。
アメリカ人強制収容という、アフリカ人強制
収容、・・・・・・・という。世界の人の強制収
容という。アメリカの日本人虚勢収容所でも
そうしていた話という。作物保存という収容の
話という。

 江戸城の中にも麦畑があることという、そ
の頃の江戸城の住まいという、、世界の人々
200人という、首刈族仲間の住まいである。
皆、農業をすかる人達である。江戸城のあ
る日という。グランパへ行くという日の前日と
いう。

 自動車の会社を興される人という、一緒
に風呂へ入った話という。イギリスの人という。
私の世界首刈族見聞記であります。
農業人種のことです。作物の取り入れを
することという。柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月15日

出発4592 学校 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4592 学校
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/15
【学校】
 若い人がいう、『学校へ行くという。学校へ帰る
という。自分の家です。』という。
 この学校、若い人の住まいという。この隣りに、
篠山高等助という、後、青山せい、という。
青山のささみさという。さみさの・ついよい、という。
これを、さよけっさみ、という。さってさの・いそりそ、
という。ここの家の話という。
【青津湯田】
 青津という、後、湯田(ゆた)という。ここへきた、
ゆいふらすの・みのるり、という。ここが私の家である。
今の学校という、ここに住んで寝起きをしても一日
を過ごす日の、かいさまれる、という。この名残がま
だあることという。学校の隣が学校であって、そこに
住んでいるという。学校生活という。青津ゆんばれ
る・おんりろ、という。
【学校の生物】
 この頃、トリケラトプスという、始祖鳥という、後の
言いのマンモスという、アルマジロという、こんな動物
が住んでいた青津湯田の学校という。

 先生が鳥であったという、熊が校長という、そんな
頃の私の家である学校である。学校という家である。
学校に住んでいますという、若い人である。
【役場が家である】
 こういう風で、市町村役場も、私の家であるという。
古い頃の言いをする若い人という。『お城は家やね。』
という、若い人である。お城の中に田圃があった時もあ
る。蛙が出てきて笑っている城田蛙、この蛙、金江(
かなえ)という所の蛙で、吉水よまという、吉水庵の
蛙跳(かえるとび)という。城田蛙蛙という、蛙がえる
のいよさみ、という。これが、今の二条城の中である。
昭和の御代のことである。この昭和、若い人の昭和
である。
【二条城村、城村】
 この二条城の隣の二条やまふまという、テーレル
ソレッツという。二条のうくしまふら、という。ベレールウ
という、ベーレソレという。これを、がっぱれ、という。
後、あっぱれ、という。城の隣りに城が立っているこ
との言いとぞそ。二条こんふき、という。ベレール
テンソレのゆめふれ、という。二条城村という。
城町の興りという。城を人のように扱う、城の住人
という。昭和の話という。柳。
【人祖城】
 この頃の桂という、桂離宮という、そこにいた人の
話とぞそ。城を人祖(じんそ)という、城の住人を、
きさめす、という、城の中の作り物を、きそそき、という。
城に住む動物を、きよつ、という。これが、城の民と
いう、城全部の言いの、たみさみ、という。城全部
を、たみさみ、という。

 このたみさみの言葉が、青津にある。これが、
津をつる、という、つるたみそみ、という。これが、
歌山の家の言いという。歌山が城であることという。
【昭和】
 これで城で音楽をする、音楽の曲を奏でる、
こよとす、という。音楽城という。歌を歌う唱和
という。唱和のあきやら、という。揃って歌を歌う
城の住人という。唱和の、あきらびと、という。
昭和の人という。昭和という、唱和の一種という。
この中の、ふよゆぎべ、という。『べ』が場所をいう。
二条ふよらず、という、二条城の私の音楽室という。
音楽家のことという、やわすらの・れてすら、という。
れてやっせかの・いよっそみ、という。これが、家康
の頃の二条城住人の言いである。二条そっきょす、
という。二条城はこれらの人の物という。

 学校の場という、しょうきょうさく、という。ソーレス
という。そみせまのいとゆそ、という。これが青津湯
田という、今るらの・りろそり、という。若い人のいた
学校である。たくさんの学校という。この学校、まだ、
当時のままあることという。

 後、一つを、東大へ持って行き、そのままの使い
という、家であり学校である。この頃の東大、青門
があったことという。ここを青津という、後、青勢(あ
おせ)ゆらふ、という。ここに住まいをして学ぶ話という。
ごっぱぷ、という、東大の初期の頃の話とぞそ。

 こういうように学校を興して行った人という。この
行為のことを、しんとみふま、という。マッテスという。
若い人の行為という。日本全国、このたちである。
【赤十字】
 赤十字という、席に十字の飾りを置いて、学ぶ
話という。これを、じゅみそみ、という。十字架の
置きという。若い人の十字架である。後、キリスト
の十時という、赤十字を興し、キリスト教へ置く。
ぜんべつ、という、十字架のおきやり、という。
全ての学校に、この話があるという、この話が
出る時がある。十字架を、かめふまま、という。
まりせらり、という。この日のお書きという。
【二条城のこと】
 唱和、昭和という、若い人の作った言葉である。
唱和の城の二条城という、そこで作ったことという。
昭和ろっそめ、という。これを、ろしろる、という。
後、ロシアの訪いという、ロシアが訪れた昭和と
いう、二条の城の唱和の部屋のことという。
今のソビエト連邦という、この邦が訪れた二条
城の大政奉還の間の、寝室という。寝室にあてた、
ロシア人の寝室という、ロシア人の訪問の頃という。
若い人が一緒に寝た、大政奉還の間である。
【ロシア人来訪の二条城】
 世界のロシアという、世界をいう露国人という。
これを、ロシアの世という、地軸がベロルラにあっ
たという頃のノバヤゼムリアという。ベロルラがノバ
ヤゼムリアの古名である。ロシア人が知る若い人
という。ロシアの色んな場所から来られたロシア人
という。二条城のウクライナ語という、後、ロシア
語を使う二条城という。この頃、若い人の家から、
二条城まで、電車線路が敷かれていたことという。
若い人が私の家という、現、若い人が住む家で
ある。ここから敷かれていたことという。

 この線路、なよ線という。なよかわれく、という、
川の名の線という、なよ川という、川があった話
という。二条城を古く、なよ城という。なよ川城
という。

なよなよした山のお絵という。
なよなよした川のお絵という、絵を江という。
川のなよ行きという、なよてのていそ、という。
二条のなよ川という。これが二つの言いで
ある。徳川家康の言いという。家康の二口
という。二条城の奥しらずの言いという、奥し
らつ、という。津という江という。これを、
二条湾という、にろその言いそらゆ、という。
ロシア人来訪の頃の若い人の言いという。
まだこの頃のロシア人がおられることという。
【ロシア人来訪の私家】
 私のいた二条城の話という。猿。
泥棒の話という。私という。泥棒渡しの橋と
いう、二条城の橋である。樺太という、樺太
橋という、泥棒山のあったことという。
ロシア人来訪記念の樺太橋という。樺太へ
行った若い人という。また行くことという。
樺太の古い頃である。二条城のどこの橋で
あるか、天皇のなかった頃の言いである。
この後、天皇を作る話という。
私の家へも訪問されたロシア人という、小
さな家である。ウクライナ人、サンクトペテル
ブルグ人、モスクワ人、ウラジオストク人、
・・・・等の人達という。一緒に樺太へ行った
人である、若い人という。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発4590 篠里八幡世 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4590 篠里八幡世



    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/06/14
    造詞、冴柳小夜・正     2022/06/14
    監修、そうきょう連      2022/06/14
    挿絵、香 淳時正             2022/06/14
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
篠里八幡さんの旗 楊の気が植わり立ち
村は賑やかに 蒸汽走る 保津の川に
霧立ちて 世は晴れや 気も晴れる
夢里八幡 夢なる里

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/14
【歌詞解説】
『かめられっくさら るんてられっくさら
 木曽のるっきらす せもれたっされす
 ・・・・
 ・・・・』
 そうきょう語の歌。保津峡のこと、
亀の甲電車、電車の上が家であった。
そんな話です。柳。

 私講義 篠里周りの話 10分 220614_001.mp3 
歌は、かの有名人です。

猿。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月13日

出発4582 ロシア国旗 :イカスミ柳 お詫び


他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4582 ロシア国旗
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/13
【お詫び】
 先日、ロシアの国旗は鎌と書きましたが、
白、青、赤の横三色旗です。間違いました、
お詫びいたします。今後、気をつけます。
よろしくお願いします。柳。
すみません、深くお詫びいたします。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽