2022年06月23日

出発4630 箱揺 :イカスミ柳

出発4630 箱揺 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4630 箱揺


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/06/23
    造詞、冴柳小夜・正     2022/06/23
    監修、そうきょう連      2022/06/23
    挿絵、香 淳時正             2022/06/23
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
モスクワの春 父母とともに
おばあさんとも 赤い広場
箱揺を伝える日 大きな地震が
波状の土地に残る
のこぎ゛りの土地 建物のそばで
今日も見てる あかゆはなの土地

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/23
【ロシア箱揺】
 ロシア箱揺、ロシアの大きな地震。
クレムリンの外の土地がのこぎりの歯のように
なっていた。赤の広場の光景。柳。
  桜。
箱揺の箱という、国を箱という、当時の
言葉という。ここでみていたという、ロシアの
大地震という。ロバが立ち上がり、牛の耳に
口を近づけて、『ドモス』という。後にドモス揺れ
という。どけいてのお揺れという。ロシアの国が
倒壊をする程の大揺れという。
 すぐに、立ち直った日の歌という。
 ロシアの不沈をいう、ロシア葉゜も沈まない国
である。このひ、アメリカのルー様という、時の統白
という、アメリカの人のいてやりという。この人も
びっくりをされて、ニコルという名のひま山という、
ここへ状態を見にいかれ、お戻りという。一緒に
いった人という若い人という。
 地が波のようになっていたという。地震のあとである。

 ウクライナから来て、戻りを出した地震という。
モスクワからウクライナへ、モスクワからカザフスタンへ
戻りが出た地震という、ロシア箱揺という。もどるせ
の箱 という、地震の言いの国という。国を箱という。

 ノバヤゼムリヤ地軸の時という。ノバヤゼムリヤの
はこれさ、という。むゆむゆの地という、ロシア論という。
論べるの地という。
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月21日

出発4620 黒い狼 :イカスミ柳

出発4620 黒い狼 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4620 黒い狼


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/06/21
    造詞、冴柳小夜・正     2022/06/21
    監修、そうきょう連      2022/06/21
    挿絵、香 淳時正             2022/06/21
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
故郷を思う 麦植える里は
思い出友とあり 乳母います里
狼が吠える 乳飲めと誘う
黒い狼 我を育てる
優しい気立ての 動物の心
思うと 今も懐かしき

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/21
【歌詞解説】
  黒い犬という、狼のことであり、犬のことである。
この狼、犬の乳を飲んでいた若い人とぞそ。
これに、大猿の乳という、動物の乳を飲んでいた
若い人である。動物を大切に、動物が酷使されて
いるのをみると、心を痛める人という。
 動物に健康安全を説く人である。動物の種を
絶やせば、地球が無くなるという。動物を大切に、
黒い犬を大事にして下さいという、黒い犬という、
動物のことである。

 マリウポリ東方と、今の若い人の家のことという。
大猿がいたという、象がいたという、日本のこととも
いう。若い人の動物愛護の話という。白い象という、
鼻が普通の鼻の象という、長い鼻ではない象も
いたという。トリケラトプスと、始祖鳥という。こんな
恐竜もいたという、マンモスのいた頃という。今も
いる恐竜という。地球に生を歌う動物という、
人ともに生きる動物という。

 アフリカのようなマリウポリという。キエフと
いう。中央アジアの国々という。動物が生きている
地の話という。アフリカのようであったという。
動物とともに生きる、動物を称える若い人という。柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発4610 若新 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4610 若新


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/06/21
    造詞、冴柳小夜・正     2022/06/21
    監修、そうきょう連      2022/06/21
    挿絵、香 淳時正             2022/06/21
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
新しい国 今できる
今までとは違う造り
民主主義こえて出る
新しい考えの上
知恵だし 健康の世
安全第一の世

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/21
【歌詞解説】
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月20日

出発4600 18城 :イカスミ柳

出発4600 18城 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4600 18城


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/06/19
    造詞、冴柳小夜・正     2022/06/19
    監修、そうきょう連      2022/06/19
    挿絵、香 淳時正             2022/06/19
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
  バンドプロデューサー  カワイ社
【歌詞】正里
城並びの頃 車は鳴滝号
ロシアの車について走れば
羽が出て飛ぶ 城の上へ着く
十八、城番の周りからくれる
朝の時 桃山城名の城

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/19
【歌詞解説】
 京都山の時の城である。一部、平地のような
麓という。この時に19城があった時とぞそ。後、
京都山の崩落という、山が崩れ、地に埋もれ
ていく今の京都盆地という。これからまた地が
盛り上がる京都山の再生という。
 沈んだ時に地の底にいたという若い人という。
周りが暗かったという、暗い我が家のありげから
という。ありげからというラッポスという、ラッポンの
ポンテスという、ポルトガル語の使いという。後、
京都山の言葉という、ポンテスの沖という、山
沖のラッポスという。高さが3000、5,600程で
ある。3500の京都山という。その頃の景色で
ある。
 ここの麓に、19城が建てられていたことという。
19の城に外国人が住まいをしておられ、私の
同居という。あちらの城へ行き、また戻り、こち
らの城へ行く、この頃の自動車という。400km
の時速である。ロシアの車という。げっつれの
自動車という。鳴滝号という名の日本語の
ロシア車という。ロシアの車という。これで行った
話という。ロシアざんと、という場所である。

 今の、桃山城のある辺りという、19城で
ある場所とぞそ。1城が、今の一条である。
この日の一条、今の一条である。1城という。
一条城という。条にしろがあった頃である。
一条麓という呼びの城という。一条麓城
という。十九城という、桃山の城という。
今の高さである。

 今ある桃山城という、その当時のつけ小城
という、やおたよのつけ城という。また行く城と
いう。この城にもひとつ同じような城がある、
つけ小城とである。伏見城と桃山城という、
後の呼びである。

 この桃山に、長岡踏切という電車の踏切
がある。ここにいた日である。うれしい日の
踏切という。私の好きな踏切という。電車が
通る踏切で、後のことである。れじょせ、と
いう当時の言いである。踏切があった話という、
亀の甲電車の頃の踏切という、遮断機が
あった話という。人が通る後のことである。
この日、人は通らなかった踏切である。

 後、人が通り始める踏切の憶えという。
この踏切で、自動車で通る日という。
亀の甲電車が通るのを見る若い人の
楽しみである。
 
 先生のおられる日という。ないたみのおかめ、
という。話のといほり、という。近くに神社を建てる
藤の森の藤津原という、長岡京の掛かりという。
藤原宮の頃である。両長岡のことという。
この頃、京都山のあった頃である。高さ4000
mという。ヨンの高さという。外国人という、桃山
の言いのことという。若い人を外国人という、
げったすの言いという。これと、当時の外国人と
いう、ロシア人という、オランダ人という、みよ浜の
言いの言葉を使う人という。オランダ人という。

 これが、後に書く、オランダの蘭学という、オラ
ンダ医学という、後にできる京都御所の夜学の
頃の学びである、即、実践で、本を書き作ると
いう時の、その本のお書きである。

 藤津原原(ふじつわらばら)ゆよやる、という。
その時の19城という。京都山の麓である時と
いう。ロシア人がいたという、自分をロシア人と
いう若い人とぞそ。これで、現代のロシア人も
おられたことという。ダックスレクという言葉に、
このロシア人の言葉がある。目の青いロシア人
という。今のウラジオスクトにおられるロシア人と
いう。だれっせの御方という、ウラジオストク城の
お住まいの人という。日本に来られていた話という。

 この御方の車についていく、私という。踏切を
越えた時の記録である。400キロ弱のスピード
である。あっという間の着きである。五条城から
十九条城への行きという。

 京都山を、ラゲルキという、その頃のロシア語と
いう。ポントクの山という、ポンテスの言葉という。
これで、外国のマリウポリへ行く、ポルトガル語を
使うマリウポリという。当時ロシアの領である。
ソビエトの領という。ここにいた人という、ロシアの
人とともに住まうことという。他に世界の人という、
400名の移動という同居という。マリウポリ東方の
お書きという。柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年06月19日

出発4606 私講義220619 足芸:イカスミ柳

出発4606 私講義220619 足芸:イカスミ柳

他の拉致被害者の方、お元気で、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4606 私講義220619足芸
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/06/19
【京都19城】
19城が今の伏見桃山城辺。
1城は、一条通りという。
キャースル・アインスというドイツ語を使う、
京都の19城の呼びとぞ。これが、アメリカ・
ウィネマッカ、スポケーン近の村の劇場の
足芸の劇に一部出る話という。
 西部劇で有名な俳優の足芸という、その
お方のお教えという、日本にも来ておられた。
19城の住まいという、ここの、5城の城と
いう、ここにおられた。移動人種の話という。
ハリ堀という井戸掘りのアメリカの俳優も
おられた、歌手でも、その人もおられる
ことという。五条城という。後、七条城へ
移られるアメリカの人々という。
 ここを、ウィネにらべ、という。日本語で
いねにらべ、という。ここに住まいをされる、
後、セリの田になる。ウィネほんれく、という。
ルルーラセッンという、ウィネのいのはり、
という。後、アメリカの針治療という、アメ
リカの医学の針治療になる。これが、足芸の
掛かりより出る、針の治療という。井戸
掘りの芸という、アメリカ足芸のたっとさ、
という。針治療の一つである。
 ウィネマッカにある、芸と針治療という、
アメリカ王といわれるお方のお作りという。
アメリカのアラバマ付近になる。ここの言葉が
針をハリーともいう、ハリ掘るベラという。
ここの御方である。井戸掘り芸の延伸という、
針治療という。アメリカの針治療である。

京都19城
アメリカ、スポケーン近ウィネマッカ、その劇場。
アメリカの俳優の足芸、井戸掘りの話の足芸、
これらの掛かりの話です。15分。

http://otoko.org/2022/220619_009.mp3
柳。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽