2022年05月07日

出発4370 火山の村:イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4370 火山の村


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/05/07
    造詞、冴柳小夜・正     2022/05/07
    監修、そうきょう連    2022/05/07
    挿絵、香 淳時正     2022/05/07
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】京都市
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
転がる岩 道には岩 昨日の夜
噴火した山 火山弾の村 大きな
手一杯の岩がゴロリ 一夜で村は
岩々埜村井

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/05/07
既出
【火山村】
 京都を笹山といった頃のこと。JR丹波口駅
周辺を笹山というていた頃のこと。
 京都の東山が火をあげ、西山も火をあげて
いた頃。原始時代の京都。

 夜に寝る頃に、火山弾にあたらぬようにと、
布団の中で祈る。よそへ行っても火山弾が
空から落ちてくる。

 我が家に寝る。

 東山から、我が家まで5〜6キロ、こんな
所へ火山弾が降ってくる。朝、起きて外へ
出れば、火山弾がゴロゴロしている。
所々、大きな火山弾が転がっている。
大きな物で、1メーターぐらい。岩だらけで、
火山弾の村という。

 我が家から、西へ3〜4キロ、葛野(かどの)
大路という道がある。ここくらいまで、火山弾が
飛ぶ。

 そんな頃の京都で、笹山という頃という。
東山火山の噴火という。

 若い人はいう、『原始時代を通りきたった』という。
『岩が天から降ってきたんだ』ともいう。雨のように
降ってきた岩という。そこらじゅう、岩石がゴロゴロ
している火山弾の村という。今の京都市の町中である。

 **岩々埜村井という、岩ざれ槍のいい。
『埜村(のむら)』という、めんたれのいいという。
村を埜村という。村山の磯原という。ここの
『む』という、村の前の言いという。村のことを
『む』という、後、村という。この『のむ』という。
埜の村という、ノームラテックスという、ノミシー
という、のろんそそ、という、のろんそ、という、
村のことである。

 ここの笹の浜瑠璃という、後、浄瑠璃という。
でわせらの・いっそり、という。これが、るひせしびの・
おちふり、という。れれての・さみしら、という。
るりるりの・あいさり、という。岩のことを、ぬうたれ、
という
。るるせるの・るかんす、という。大岩を奥槍
という。奥槍るっくすの糸目という。岩が聳え立っ
ている姿という。火山岩という、大きな火山岩とぞそ。

 私の家の前に落ってきた火山岩、4メーターの程
岩という。ちいさい火山岩がゴロゴロ、火山時代で
ある。東山火山という。

柳。
桜。
楡。
鮫。
猿。
あああああいいいいいうううううえええええおおおおお
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月06日

出発4360 竹 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4360



バンドプロデューサーで作成。

    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/05/06
    造詞、冴柳小夜・正    2022/05/06
    監修、そうきょう連      2022/05/06
    挿絵、香 淳時正     2022/05/06
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロデューサー   カワイ社
【歌詞】正里
竹が生え 雀が飛び出す 丘の道
親しげに鳴いて パッと飛ぶ チチと鳴く
竹村に住むか 世をめでる かぐや姫と
とも 月夜住まう 竹の葉は 雀の
お宿の行き帰り

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/05/06
【歌詞解説】
柳。
桜。
楡。
鮫。
猿。
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月03日

出発4354 五島列島 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4354 五島列島
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/05/03
【五島列島】
 『丹波篠山、島がの波背、ヨイヨイ・・・・』
 『丹波篠山、波のしらふ、ヨイヨイ・・・』
  丹波篠山節という、後藤列島の、ふくたりすら、
という。南丹の歌という。これを、れおん、という。
みのそっぴさ、という。ふくらず・いそすり、という。
みみせの・たいりらり、という。みそすその・あてとめ、
という。ここが、京都の伏見の桃山の城の場のことの
言いという。しろふりららの、りおんそってす、という。
【小西芋】
 今の京都の伏見の桃山の辺りである。ここを、
たんそんぴっさ、という。ろすてすの・いいそめり、と
いう。今の京都の桃山周辺である。ここで、とれる
芋を、丹波芋という、主として、さつま芋、甘藷の
芋の類をいう。ここの言いの、小西芋という、京都
の市場もこれをいう。小西芋という、薩摩芋類である。

この『小西』の言いの元 という、丹波列島という、
これを、れっとき、という、れっとき・とんふら、という。
この『丹波』が、後藤列島の丹波という場という、
列島を丹波という、これが、今もある言い方という。
小西丹波という、小西のおうひみ、という。小西の
言いという。私の言いという。
【京都桃山】
 これで、丹波が、京都市の今の若い人の家周辺
という、また、京都の桃山周辺という、また、九州の
五島列島 という。また、京都府長岡京の五島
列島のという。御叔父御上がおられる所を、五島
列島という。ここを、小西芋という。若い人が住む
今の京都の、しまんつ・わらみさ、という、後、しまんつ、
という、後、島津という、後、島原という。JR丹波口
駅周辺をいう、子コワ、小西芋という、五島列島
という。御叔父御上おられる、島である。

 これを、ごんずっしる、という、ごぶしれ、という。
ござれいすの・えるこ゜゛っつつ、という。御叔父御上
おられる今世のいっぱさ、という。御叔父御上あり
せらら、島世のおんちそ、という、御叔父御上、
おられおられ世という。小西芋におられる御叔父
御上である。
【大阪茨木】
 これが、『島がの波瀬・・・・・・』』という、丹波四
の歌の、しらんす、という。丹波四・さっきす、という。
後、大阪の・みとゆり、という、ここの歌のことという。
々歌である。丹波せんはる、という、るるするの・おいと、
という。これを、大阪水浸き、という。茨木海という
頃の歌という。
『丹波篠山、茨の海の、たたな、はなのな、りりさられ、
 ヨ〜イヨ〜イ、デッカンショ』という、茨木の歌である。
この茨木を五島という。
【阪急相川】
 五島の掛かりの話である。阪急相川の、せろ芝、
という、相川の・ふきさみ、という。ここに、『丹波篠
山の・・』の歌がある。阪急せろけはき、という。ここの
相川盆歌という、『丹波、篠山、山鹿(やまが)の猿
が・・』『丹波篠山、山鹿しまれ・・・・・・』という歌という。
阪急ぼっこす、という歌という、自分を丹波篠山という
、れせんすらっくす、という、たうふぇるの・とりりり、と
いう。大阪梅田世の歌という。日本全国の丹波
篠山である。これてい゛、丹波篠山が日本全国に
あることという。青山にもある、森のことという、
森の・たってますそ、という、てりっさのお言いの
森という、森のたんせま、という、丹波篠山
のことである。
【青森】
これを、りおり浜せら、という、言いのことという。
たっしられるの・れおっそ、という。りとんそ、という。
これで、森を、りとん、りとんそ、という、たっすす、
ともいう。このひの、あちらり、という。また山の言い
という。これを、たんさっきす、という。
【東京津軽家】
 また行く、森、津軽、という。よくいった津軽という、
東京津軽の御家という。東京津軽家である。
御叔父御上、御叔母御上おられる、津軽の家と
いう。青山つめふみ、という。皇居から行った津軽家
である。皇居住まいの頃という。写真もたくさんある
ことという。『蓮池』と言うた頃である、宮城(きゅうじょう)
にある蓮池である。
【敬宮柳】
 蓮池に向かって『蓮池』と言うた人という。ふって
すの・いそりんちす、という、れっするれいれいの・お
っぴす、という。敬之宮リハバンという、リハールロン
という。私の名を敬宮という、古い私家の名である。
敬宮を五島宮という。敬宮柳。
葦ヶ原の敬(よし)という。日出葦の頃の名ともいう。
京都丹波篠山五島列島という場所である、そこの
葦のことである、敬という葦である。皇居に敬と
いう葦が植わっているか、ふっふっふっふっふ、
愉快。愉快敬のお書きという。愉快な葦敬(よしよし)
、にんにく屋敷の、よしふかれ、という。私の住まい
という。今もあることという。
【迪宮柳】
 GHQへも、そこから行った、皇居のことである。
皇居の隣にGHQがある話という。GHQにいた頃
である。アメリカGHQの横に、イギリスGHQがあった
という話であるとも。ふっふっふっふと笑う、俺の
笑みという。迪宮(みちのみや)と言うた場所が、
そこである、俺が言うた話という、GHQという。

柳。
桜。
楡。
鮫。
猿。
あああああいいいいいうううううえええええおおおおお
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月02日

出発4352 キエ :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4352 キエ
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/30
【キエ、キエル湖】
 ウクライナのキエフの村の東。ここに、消える湖と
いう。湖がだんだん消えていく。1ヶ月で、1/3に
なり、半年で全部消える湖という。これが、
ウクライナの村の東になる場の湖という。
これを、キエル、という。キエル湖という。
これが村の名のことに繋がることという。

 キエフという日に、キーウという、これのまえが、
キエという、この前が、キエフという、村の名である。
キエフ → キエ → キーウ → キエフ 、という。
私のいた村という、あたりるせいすり、とぞそ。
 悲しい村という、きすすゆの・みのやり、という。
これを、消えるという、気得る、という。これの掛か
りの裏表という。裏が出れば、消えるという。
表が出れば、気得る、という。良意の村という。
これを、悲しいという。悲しむ日々の私という。
湖が消えた村という。まとよとの言いのはいあみ、
という。てっせる・つみふみ、という。私の思う村と
いう。思い出す日に、悲しみの山が出る。
湖が消える悲しみという。

 悲しい村とぞそ。柳をとるベルバという、ウク
ライナの村の屋という。ここの言いの、柳という、
ベルバという。私の胸が、悲しみをいう。

略意。

【ウクライナ、京都公園】
 これは私の記憶で、いつの時代であったか、
林行という、これが、林港という。湖の林の中の
港という。りんかみの・いそみら、という。これが、
めいたら、という、はみさみの・おしひし、という。
ウクライナ・みんふる、という、ロシア・ロッテスとも
いう。

 ロシアをいう日の、まとりょり、という。今様、
マトリョーシカという。この造りの人形の話と
いう。これが秋田の人形の、こけし、という。
それの造りの、まとりょらる、という。外見、
少し似ている。

 こけし目の、おざみ、という。こけしを、めでる
言いという。こけしの目を、おざみ、という。
これが、マトリョーシカの、おざれ、という、おざ
れ目という。どちらも言う。マトリョーシカと
こけしの目を、おざみ、おざれ、という、どちらも
使う。

 これが、青日原(あおひばら)という、林の原
という。マトリョーシカ連絡という。マトリョーシカ
を、れってむ、という、さんひらの言いという。
まゆんせっぺすの・けざふら、という。

 青日原の浮く去りという。去って行った、浮
き水という。消える湖という、キエル湖の、
きえせら、という。

 ここへ行く日の、レオパスという、れおんぜらの・
いきちゃき、という。あれさきゆきの言いという。

 この林の、おこふまる、という。これを、マトリャラ
という。後、マトフサ、という。まれしらの・うりたり、
という。これを、マトリャンゼルという。まれしらの・
うとらみ、という。後、マトリャッ閣の言いという。
これを、みよさらの・くよせざ、という。ここの林の
ことの有様の言いという。水のある日に、林を
植える、この林のありの方の言いの、植村と
いう。林を植えた場所を後、植村という。
木の村で、林の村という、群。植群の植村
という。これを、林子(はやしこ)という。

 後、林子平(はやしこたいら)という。この
林子平を小林という、木の植わった場所
である。これが、京都公園という、先の
言いの、小林公園という。これがある
話という。ウクライナの京都公園になる。
その以前である。小林公園という。ここを、
マトリョンフという。ぺっさりの言いの・そい
ふい、という。磯見闇ともいう。磯野ゆん菊
ともいう。ここの言いとぞそ。いっぱしの言い
という。いんてらふっきす、という。
小林公園磯野見植村構という。
林山お書きという。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年05月01日

出発4350 朝凪 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4350 朝凪


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/30
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/30
    監修、そうきょう連      2022/04/30
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
染めの朝空 きれい いつも
起きてみる時 東の空に 顔を
出す日が こちら見ては 頬の
笑いの額光る 輝いてる 私と世と

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/30
【歌詞解説】
柳。
桜。
楡。
鮫。
猿。
あああああいいいいいうううううえええええおおおおお
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽