2022年04月27日

出発4331 硫黄島、米国の大きな人 :イカスミ柳

出発4331 硫黄島、米国の大きな人 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4331 硫黄島
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/26
【伊藤峰島】
大東亜戦争という、この戦争当時、アメリカは、
硫黄島を攻撃していない。当時、伊藤峰島という、
硫黄島である。

 この硫黄島に、さんとう、というあてすられ、という、
これを、峰島という、これを名にする、伊藤峰富士
という。伊藤峰という。この時に、すられ、という、れ
とんの言いをする、これを、あてすられ、という。名
付けの一種という。

 伊藤峰島には、誰もいなかったことという。大東
亜戦争の頃である。無人島にアメリカが攻撃を
するという。これが、アメリカのはやめられ、という。
アメリカの名の私という、自分輪アメリカと言うた
ことという。『アメリカが来ます』という、若い人の声
という。これだけのことである。『アメリカの小林です』
という、若い人の、アメリカから伊藤峰島へいった
ことという。

 アメリカが武器を持って攻撃をしたという話という。
当のアメリカは攻撃に来ていない。私がいっただけ
である。

 このアメリカという、自分をアメリカという若い人
の言葉という。アメリカに住んでいた話という。
アメリカの軍隊が来たように言うた話という。
ただのそれだけのことという。
【米国、日本人収容所】
 アメリカの日本人収容所という、そこにもいた。
日本人収容所と書いてある場所の住まうことと
いう。収容所という住まいである。日本人が強
制労働をさせられていたという。普通の労働を
していたことという。別段見張られていたことで
もなければ、何も問題もなく、普通の暮らしを
していたことという。私の話である。

 この収容所の波揺りという、アメリカにまだ、
ロッキード移動の残りという、この地震があった
ことの言いという。ローキッド移動が原因だという、
これに類する地震という。これがあった話という。
【アメリカの大きな人】
 最近、大きなアメリカの人ができたという。
ひょっとすれば、このロッキード移動の影響かも
しれない。2メーターを越える人という。
【ロッキード山脈移動の影響】
 ロッキード移動が体に影響を与えたことという。
体が大きくなり、また、小さくなる。人といい、
動物という。これが、時を越えて影響与えた
かもしれない。これが考えられることともいう。
私の推論という。ニユースをみた話という。

 『うくらび』という言葉が、これを物語る。
『うっつ』という、米語で、『ゲランゾレ』という。
『ゲテソレ』という、当人の周りに、『ゲラン』
『ゲテ』という言葉が出る。これがあれば、
ロッキードの影響が考えられる。アメリカの
古い地の言葉という。私が少しいた場所という。
一週間ほどである。『ゲッチマ』という古い場所の
名という。ゲレンゼラの村という。げこしこ、ともいう。

 ゲチスバーグの家にいて、そこから行った日である。
ゲレンゼラという。当時の村名という。この日に、
日本の伊藤峰島へ行くという、ことを言い、当地へ
行ったことという。『アメリカからきました』という、
若い人の言葉である。この日のアメリカ、ダラスの
近くのアースビーという、けねっせけの・ろみふみ、と
いう。ケネディーろんてす、という。ケネディ空港の
小さな頃の空港という、そこを経由して、遠く、日
本の伊藤峰島へ行く。その大きな人の家のことを
いう日に、そこの人かもしれない。『ケネディー』が、
言葉に出ることという。

 これも言葉に出る、私の言いで、その大きな人
のいたにいたという、それであれば、ほぼ、ロッキー
ド移動を知る人という。体がロッキード移動輪物
語ることという。ロッキード山脈の移動の影響という。
その周りに比較的大きな人が住むことという。
アメリカの、いたきさ、という。その大きな人の脳に
継がれたロッキード山脈の移動という。随分、昔の
話である。その地方に、日本語が少しある。
O'man という、 O'woman という言いの言葉という。
O' が、日本語の『お』であり、丁寧な意味の言葉
という。この O' の言葉がある。この言葉が、日本
語と米語を混ぜた言葉である。
【日本の大きな定規】
 大きな人の口から、この言葉が出る話という。出
ればロッキード移動を知る人という。多分、口に
出ると思います。日本にも大きな人がいた、2メー
トル35センチの人という、私の大お爺さんです。
自分の身丈を一尺という言いでその定規がある。
自分の身長に合わせられた篠山定規という。

 大きい人が、自1/¥s.1メートルという、
あるいは、1ヤードという自分の身丈をいう、2メー
トル35センチの定規という。大きな1ヤードである。
その定規を使う人である。1ロッキスという、単位で
ある、2メートル35センチである。アメリカのロッキード
山脈移動の単位という。これが影響した定規で
ある。古いアメリカにある定規という。ロッキード定
規という。多分、ニュースで報じられた大きい人だと
思います。ロッキード山脈移動の影響の、栄誉ある
お体と存じます。その人の脳にあると思います。
【西から東へ移動したロッキード】
 ロッキード山脈が、西から東へ移動した。
初め3キロメートル、少し休、また、2〜3キロメー
トル移動した。
 その大きな人の動きに、3−3、3−2の動きがある
。例えば、3歩、極少休、三歩。色んな所
で、体の動きに、この 3−3、3−2があると思います。
ロッキード移動のこととです。

 大きな人の御健康と御安全を願うものです。
さんそくろくの世という、ロッキード移動の話という。
記事にしてすみません、お許しの程を。

  大お爺さんお教え、『日本へ帰れば、体が大
きくなる。』 ロッキード移動の影響という。2メートル
以上になり、また、元に戻ったことという、一週間
程です。今は、どちらかいうと、小さい人です。

 動物もこの影響があり、大きな動物、小さい
動物がいます。動物も知るロッキード山脈の移
動です。動物を大切にしたいものです。
【硫黄島】
 硫黄島に行く日のお書きという、アメリカから硫
黄島へ行ったことという。硫黄島の、しんづ、新津
という場所という。硫黄島の、あずれば、という。
この縞、ロッキード山脈の移動の影響あった島
という。物に現れた影響という。自然の作り物
という、人骨のようなものという。たくさんある物という。

 私の話で、私の記憶です。
私は学者や専門家ではありません。上の文は、
そういう私の論です。
 
蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽