2022年04月23日

出発4300 緑星 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4300 緑星


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/23
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/23
    監修、そうきょう連      2022/04/23
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
緑の日のお祝い 御叔父御上に申しあげては
歌う 私に歌 作り下され 穂浦の世を
懐かしむ時 大き星が 出ていた時

柳。
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/23
【歌詞解説】
緑の日のお祝い 御叔父御上に申しあげては
歌う 私に歌 作り下され 穂浦の世を
懐かしむ時 大き星が 出ていた時

【今常】
 穂浦の世、懐かしい時。空には、大きい星が
出ていた。緑星もその一つ。箒星のような星と
いう。長い大きな星である。頭が月より少し
大きい。また見える日が来る。
 大きな星がドーンと見えていた。私の家の裏、
海岸である。大きな海、五条条川という。こんな
日の京都、穂浦という。大きな浦である。

 四月二十九日、緑の日、穂浦の緑の日である。
 この日、香淳とちいう、光合の鯉原の、こうわみ、
という。こうわみの・といしら、という、日とぞ。
これが、香をみた、という、みた淳という。みたゆたの
言い、とぞす。

 香淳という、穂浦世の、わてふて、という。そう
きょうの穂浦という。夕方になれば、我が家の裏に
出で、世をめで、世を祝う、穂浦の、祝おめ、という。
祝いの日という。御叔父御上おられる、おりしら、と
いう。御叔父御上の日という。緑香淳という。穂浦
の香淳日である。唱和という歌の日である。
 空に緑星出ていた、はこゆらり、という。緑星の
周りをいう、緑の園という。地を、とい山、という。
といせらの頃の言いとぞそ。穂浦の海という。

 この日 、デジタル・カメラもあったことという。空に
向かい、人工衛星を飛ばしていた頃という。湯山
号という、よいしらの・おっぱれらく、という。古い昔
のことである。

 http://akinokori.sblo.jp/archives/20201112-1.html
こんな頃である。現代図絵という。画家は、全くの
素人である。
 数々の曲の挿絵は、専門家である。駄作者言。

本歌DE4300 挿絵。
 岩に腰掛けておられる御方という、有名人である。
蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽