2022年04月18日

出発4290 円墳 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4290 円墳


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/16
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/16
    監修、そうきょう連      2022/04/16
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  バンドプロデューサー   カワイ社
【歌詞】正里
丸木橋の墓 円墳に眠る 夏の夜の
眠り 寒い中 外は星が落ちる夜
里は闇 眠る夢墓 昼の疲れ
安い眠りの墓のひろぎ

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/16
【円墳】
 京都府向日町にあった円墳の墓の家 。
石造りの墳墓という。今の向日町向陽へ行く
所の地である。川が流れていた所という。
【飛行機に乗ることを拘引という】
 この江の花着という、墳墓をあしらった柄とぞ。
向日町のがられる、という。がっその柄という。
これを着て寝る、円墳寝という。毛布にくるまって
眠る、あんたんのねよふり、という。あんの滝のお
言いという。うれしまの言いという。裸のなよふりと
いう。円墳の着物をあんたん着という、ありせるの
なみすみ、という。裸の寝という、着物を着て寝る
ことをいう。これが、向日町の古い言いにある。
あんたんという、アントムの飛行機の拘引という。
飛行機に乗ることを拘引という。
【向日町の精悍】
 向日町交範の言いという。あんとまなみのおり
しき、という。向町の精悍という。ろろせる・ろふ
れる、という。ゆよゆよの・るいひみ、という。
これが、向日町の円墳の言いである。
飛行機を精悍という、向日町交範の用語という。

 かいきみ山のお言いという、向日町を古く、
かいきみ、という。この、むこうまち、全国のむこう町
である。向日町をたっとぶ、かいゆられの言いという。
 京都府向町の伊の山のお絵という。伊川という川が
流れていたところという。円墳の場所という。山のような
円墳で、遠くからでも見える円墳である。
ここから太極殿へ行く、いのふりやりみり、という。
行くことを、見る、という、向日町の言葉という。
 また行く円墳の里、かんたき山の里という。
この円墳の西の方に滝があった。円墳を、よくせま、
という。よいさりのいよすり、という。いよの円墓という。
私の故郷という、喜墓円墳という。向日町にある。
【中性子の自動車】
 ここの行きという、中性子の使いをする、水素中性子
の自動車という。これを、ないはく(内博)という。内博号
という。ほぼ永久機関という、中性子の出を、ないきる、
という。ないきるとっこ、という。中性子の自動車である。

 ハンドルがやや小さく 、今の乗用車の形である。
スピードが三百という。三百キロ時である。これが、
兵庫県明石へ行った時の自動車である。

 向日町を、あかきまる、という、この自動車の
中性子という、これを持つ私の言いという。向日町
私という。向町の円墳のことを、わたしび、という。
私を渡ともいう。向日町渡という。むこう山のお
言いという。

 古い日の、太極の園の言いという。太極園田はむ
(たいきょくえんでんはむ)という。向日世のお書きという。

 向日町園田はむの、もずはむられの・もずゆみ、
という。もず語という、えんそめの言葉という。向日
町の古い言葉である。また行く向日町の里という、
円墳のあった町という。物集女(もずめ)街道の沿い
である。古い山、向陽という。紅葉とも。

 懐かしき山のお絵という、文の絵という。景色を
文で書く絵である。文絵とぞそ。
古い昔のことである。

蛛B
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽