2022年04月09日

出発4230 こままわり(ロシアン・ルーレット):イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4230 こままわし
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/08
【ロシアン・ルーレット、こままわり、こままわし】
 こままわしという、ロシアン・ルーレットという。
ポーランド、クラクフから、キエフへの道という。
こままわりという、ロシアン・ルーレットともいう。
これを、列北のいいという。ロシア回りのいいという。
ローレルのまわりよま、という。ローリル・ロシアという。
ローライ落の山という。
 
 ポーランドを、よられたみ、ともいう。キエフのいき
がり、という。この頃のサンクトペテルグラードという、
ここの歌の周りとぞそ。

 「まどに灯り」という歌のことという。ルーレットの
並びの窓の灯りという。そのような感じの道である。
この山の見えの歌という。私の解釈である。
ロシア語はわからないということという。

 カーゲーベーのロシアという。そういう頃の桓武朝
である、影兵衛という。ロシア文字で書く影である。
影のお書きという。蛛B

КГБ、 KGB、 カーゲーベー、影兵衛。

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽