2022年04月30日

出発4340 桂尾宮 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4340 桂尾宮


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/30
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/30
    監修、そうきょう連      2022/04/30
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
桂浜弓 はなれ 今朝乗る 原子力の
機関車 厚い木で作られた線路
御叔父上御叔母上おわす
浜桂宮園 春之

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/30
【桂離宮】
 桂尾宮、後、桂御宮という、後、京都里という。
京都に、桂離宮という所がある。今の、京都の
西南、八条大橋という場所とぞ。桂川が流れ、
この近辺の川の浜を、桂浜という。
 ここの、桂離宮の桂川対岸を、みそめ、という。
このみそめにいた頃という。桂離宮にいて、日々
過ごす、あなひらき、という、桂離宮の日々という。
あなゆまらの・おしきし、という。この言葉を、桂浜るり
、という。あなきゆふ、という、カーレセーラという。
桂離宮の、回崎山(かいさきやま)という。
【崇徳御廟】
 ここの、けめせみ、をいう。てよてよの・おい浜という。
桂浜という。りりせる・てんそれ、という。この言いが、
桂の村の、たきふらず、という言いという、今の方言に
あたることという。たきふらず、という、桂のたよめら、
という。たいせる・すっとく、という。この、すとく、崇徳
天皇の崇徳という、崇徳天皇弓浜という、桂の言い
の・とみ浜という、とみ浜の言葉という。後、崇徳状
時という。崇徳天皇という、桂らの宮の住まう日々
とぞ。後、崇徳御陵という、この、御陵、今の祇園
の場になる、いそふり、という。

 初め五条宮という。後、桂崇徳という、後、祇園の
崇徳所という。崇徳天皇御廟という。

 崇徳天皇のうらみ、という。うらみ所という。これが、
京都五条をいう、五条新道という、五条通りの
できた頃の、うおりらす、という、ていそめの・つったし、
という。『つった』という、通りのことである。
この『つった』を、崇徳録という、きっせらの・といっさ、
という。崇徳通りという、今の五条通りである。
この五条がまだなかった頃である。

 この頃 、我が家から、桂尾宮に、線路を敷く、
木製の線路という、この線路の上へ行く、原子炉の
機関車とぞそ。これが、とっきす、という、げんぱられの
・おいらり、という。桂離宮へ行く、たそよそ、という行き
の言葉とぞそ。たそよそを旅、旅行という。てよさんらく、
という。
【木製の線路】
 『たそよそ、れるはな』という、旅立ちの言葉という。
そうきょうれっけす、という言葉の種の言いという。
『かつらおみや』という、『かつらびきゅう』の・たそめま、
という。五条新道から、直線の木製線路という。
厚い板の上に、軌道敷をつけた線路という。
軌道敷も木製である。五条ゆっきしろうくそう、という。
五条ゆっきし、という。この『きし』が、岸という、当時の
岸壁である。
【原子炉積載機関車】
 この岸壁に『でんとし(電稔)』という、電柱の初めの
頃の言いという、これが並べられ、今の電車の架線
にあたる、でんねんとうろく、という、でんとしの・とみふり
、という。高さが2メーター程である。これが張られた、
原子炉の発電の、パントス、という。パンタグラフである。
このパンタグラフが電車の横にさいている、原子炉の
電気機関という。まだ、ドロが所々残っていた頃という。

 こんな中を桂川という、大きな川を渡る、原子炉の
機関車という、電気原始である。これが、ゆりふら、という。
てっかさの・としうし、という。うし号という機関車で、五条
新道周辺を、うし郷という、牛郷。
【立ってダンスをする牛】
 この頃、牛がいた五条新道の我が家とぞそ。名を、
ふっかす、という、牛の名という。ふっかす号ともいう、
牛である。この牛が原子炉を知る牛という。
立って踊る牛で、二匹で、向かい合うてダンスをする
牛という。牛の優秀な頭脳である。
【四国宇和島】
 今の四国宇和島に、この牛と同じ牛がいる。他にも
いる。牛と牛とが向かい合い、ダンスをする、このダンスを
、牛連れ踊りという。これが牛の連れ踊りである。

 でんとし、という、原子炉機関車のことという。牛も
一緒に乗る、たそゆし・かいふれ、という。
【七色川】
 この岸壁という、七色川(なくさがわ)ができる以
前の、海の岸壁である。五条海という頃の岸壁
である。

 線路を、木板線という、五条木板の線路とぞ。
五条新道が、今の、五条東新道という、七色川
という、今の五条七本松という、今の七本松通りが、
七色川である。五条木板のお書きという。
この頃の五条、川になったり、大川である、乾いたり
泥の状態という。大きな川である頃とぞ。

 京都、西の桂川、大きな川で、川幅が、倍ほど
の川という。桂新道(かつらしんどう)、単に、しんどう
とも、今の桂川街道という、この街道の西の端まで
の川幅とぞ。これを渡っていく、原子炉の発電の
機関車という。木星の四段の橋という。四段架橋
という、からんせの・といらず、とぞす。『とぞす』の
書きが桂の宮の書きである。

 懐かしい桂の宮、今ありてそ。桂離宮という、今の
桂離宮である。
【与市川】
 この頃の大きな桂川、別名与市川という。波立
ば、家ほどの高さの波が来る。この上流を『嵐』と
いう、『嵐や』という。波を、ちきふき、という。ちきそめ、
ともいう。これが、今の、なよふま、という、京都御
所のある一角という、京都御所においた言葉で
ある。この頃の天皇という、私の大お爺さんという、
大お爺さん御方々の御事とぞ。天皇という話である。
【ツェペリン】
 この頃に、初代ツェペリンという飛行船を使って
いたのである。穂浦からの飛行船という。天船と
いう。少しして、影兵衛、кгб、KGB、カーゲー
ベーという。桓武船太という、桓武の飛行船の
ことという。ドミックスともいう。てんてその・ろいきり、
という。桓武天皇のお乗りという。後、京都の、
ゆらふる、という、平安神宮の場の、まだ、ない頃
の、置きという、神宮のある所である。小さな建屋
があった頃という。後、この建屋、小さい駅になる。
今の平安神宮の場の古い頃である。飛行船の駅
という、後、小さい電車の駅という、神宮所という。
この頃を、千時という、お千時という。京都論と
いう。御所連絡のとっきす、という。原子力の機
関車の線路沿いという、今の御所の場の、古い
時である。

 この頃の電車という、原子炉をつんだ機関士や
とぞ。大お爺さんお乗りの、お召しきら、という、今
のお召し列車である。
【マリウポリの黒犬】
 この頃のウクライナという、京都水浸かりという、
その時の、うくさら、という。浮皿。この頃のウクライナ
という。マリウポンという、うっくすらっく、という。マリウ
ポリの一角である、東方という。ここの小さなドー
ムという。黒犬の乳を飲む人である。いおう山すめ、
という、黒犬のことである。
【東京麹町】
 この頃の江戸、東京江戸の、麹町という、江戸
麹のたてゆみ、という。麹町へよく行ったことという。
ばいせみ浜という所である。また行く麹町、ふらべす、
という、この頃の呼びとぞそ。
【天皇】
 天皇を、普通の生活では、おおざり、という、
大お爺さんを、おおざり、という。崇徳所の呼びで
ある。天皇を『ち』という、後、『ちせ』という、一時
期のことである。ごちせ、という、ごっとみのお言いとぞ。

『ごちせ、おいられせ』という、『おられる』という意とぞ。
【御所】
 御所を、普通の生活では、『ご』という、『尾』という、
お、び、という。びゆはっぺさの・お言いという。京都ごゆほり、
という言いとぞ。はったきろくのお言いという。はちせらの・
きっさる、という、てよてよのえてよて、という。これを、
びんべ、という。びっしらずう、という。びびすみの・いとふり
、という。崇徳上皇お書きという。この山のお絵という。
ちっちせの・ゆいとろ、という、びせみせの・ときすき、
という。この『すき』を、びんばつ、という、びんすず、と
いう。びもせよの・ろいせる、という。ろいすき、という
言いとぞもしる。びっすずのお書きという。
そうきょう上句という言葉である。桂離宮のそうるれ、
という、離宮語という。
【桂離宮】
 じみさまれすずの御家という、離宮のことである。

皇居住まいの頃、我が家を離宮と言うた、若い人
という、上品な人である。
【三段宮】
 この頃、三段の宮である、若い人家である。後、
三笠という、みよとすの・うくせら、という。三段浮宮
という、これを、三笠読み、という、すぎたらの読み、
とぞそ、三笠言いのことである。
【八光宮から桂尾宮】
 今の長岡京市の場で発生した量の泥という、
八光宮まで押し寄せた泥という。飛行船で行く、
八光から桂尾、桂尾から八光という。大きな風体
の飛行船という、しょんそく、という。れれての・ろりすり、
という。ペペのあもよ、という、飛行船のことである。
 また乗る飛行船、色んな形の飛行船という。
この世の花弓という。飛行という、かてゆさの言い
という。かおれるててそ、とぞ。これを、ひゆまる、
という、当時の御所の言いという。黒ごるせま、
という、とうとうの黒ご、という、御所のことで、
ごこっくす、という。こくすく、ともいう。この世の
あてゆさの・おちふり、という。御所くっくの山
というお書きとぞ。
蛛B
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月27日

出発4331 硫黄島、米国の大きな人 :イカスミ柳

出発4331 硫黄島、米国の大きな人 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4331 硫黄島
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/26
【伊藤峰島】
大東亜戦争という、この戦争当時、アメリカは、
硫黄島を攻撃していない。当時、伊藤峰島という、
硫黄島である。

 この硫黄島に、さんとう、というあてすられ、という、
これを、峰島という、これを名にする、伊藤峰富士
という。伊藤峰という。この時に、すられ、という、れ
とんの言いをする、これを、あてすられ、という。名
付けの一種という。

 伊藤峰島には、誰もいなかったことという。大東
亜戦争の頃である。無人島にアメリカが攻撃を
するという。これが、アメリカのはやめられ、という。
アメリカの名の私という、自分輪アメリカと言うた
ことという。『アメリカが来ます』という、若い人の声
という。これだけのことである。『アメリカの小林です』
という、若い人の、アメリカから伊藤峰島へいった
ことという。

 アメリカが武器を持って攻撃をしたという話という。
当のアメリカは攻撃に来ていない。私がいっただけ
である。

 このアメリカという、自分をアメリカという若い人
の言葉という。アメリカに住んでいた話という。
アメリカの軍隊が来たように言うた話という。
ただのそれだけのことという。
【米国、日本人収容所】
 アメリカの日本人収容所という、そこにもいた。
日本人収容所と書いてある場所の住まうことと
いう。収容所という住まいである。日本人が強
制労働をさせられていたという。普通の労働を
していたことという。別段見張られていたことで
もなければ、何も問題もなく、普通の暮らしを
していたことという。私の話である。

 この収容所の波揺りという、アメリカにまだ、
ロッキード移動の残りという、この地震があった
ことの言いという。ローキッド移動が原因だという、
これに類する地震という。これがあった話という。
【アメリカの大きな人】
 最近、大きなアメリカの人ができたという。
ひょっとすれば、このロッキード移動の影響かも
しれない。2メーターを越える人という。
【ロッキード山脈移動の影響】
 ロッキード移動が体に影響を与えたことという。
体が大きくなり、また、小さくなる。人といい、
動物という。これが、時を越えて影響与えた
かもしれない。これが考えられることともいう。
私の推論という。ニユースをみた話という。

 『うくらび』という言葉が、これを物語る。
『うっつ』という、米語で、『ゲランゾレ』という。
『ゲテソレ』という、当人の周りに、『ゲラン』
『ゲテ』という言葉が出る。これがあれば、
ロッキードの影響が考えられる。アメリカの
古い地の言葉という。私が少しいた場所という。
一週間ほどである。『ゲッチマ』という古い場所の
名という。ゲレンゼラの村という。げこしこ、ともいう。

 ゲチスバーグの家にいて、そこから行った日である。
ゲレンゼラという。当時の村名という。この日に、
日本の伊藤峰島へ行くという、ことを言い、当地へ
行ったことという。『アメリカからきました』という、
若い人の言葉である。この日のアメリカ、ダラスの
近くのアースビーという、けねっせけの・ろみふみ、と
いう。ケネディーろんてす、という。ケネディ空港の
小さな頃の空港という、そこを経由して、遠く、日
本の伊藤峰島へ行く。その大きな人の家のことを
いう日に、そこの人かもしれない。『ケネディー』が、
言葉に出ることという。

 これも言葉に出る、私の言いで、その大きな人
のいたにいたという、それであれば、ほぼ、ロッキー
ド移動を知る人という。体がロッキード移動輪物
語ることという。ロッキード山脈の移動の影響という。
その周りに比較的大きな人が住むことという。
アメリカの、いたきさ、という。その大きな人の脳に
継がれたロッキード山脈の移動という。随分、昔の
話である。その地方に、日本語が少しある。
O'man という、 O'woman という言いの言葉という。
O' が、日本語の『お』であり、丁寧な意味の言葉
という。この O' の言葉がある。この言葉が、日本
語と米語を混ぜた言葉である。
【日本の大きな定規】
 大きな人の口から、この言葉が出る話という。出
ればロッキード移動を知る人という。多分、口に
出ると思います。日本にも大きな人がいた、2メー
トル35センチの人という、私の大お爺さんです。
自分の身丈を一尺という言いでその定規がある。
自分の身長に合わせられた篠山定規という。

 大きい人が、自1/¥s.1メートルという、
あるいは、1ヤードという自分の身丈をいう、2メー
トル35センチの定規という。大きな1ヤードである。
その定規を使う人である。1ロッキスという、単位で
ある、2メートル35センチである。アメリカのロッキード
山脈移動の単位という。これが影響した定規で
ある。古いアメリカにある定規という。ロッキード定
規という。多分、ニュースで報じられた大きい人だと
思います。ロッキード山脈移動の影響の、栄誉ある
お体と存じます。その人の脳にあると思います。
【西から東へ移動したロッキード】
 ロッキード山脈が、西から東へ移動した。
初め3キロメートル、少し休、また、2〜3キロメー
トル移動した。
 その大きな人の動きに、3−3、3−2の動きがある
。例えば、3歩、極少休、三歩。色んな所
で、体の動きに、この 3−3、3−2があると思います。
ロッキード移動のこととです。

 大きな人の御健康と御安全を願うものです。
さんそくろくの世という、ロッキード移動の話という。
記事にしてすみません、お許しの程を。

  大お爺さんお教え、『日本へ帰れば、体が大
きくなる。』 ロッキード移動の影響という。2メートル
以上になり、また、元に戻ったことという、一週間
程です。今は、どちらかいうと、小さい人です。

 動物もこの影響があり、大きな動物、小さい
動物がいます。動物も知るロッキード山脈の移
動です。動物を大切にしたいものです。
【硫黄島】
 硫黄島に行く日のお書きという、アメリカから硫
黄島へ行ったことという。硫黄島の、しんづ、新津
という場所という。硫黄島の、あずれば、という。
この縞、ロッキード山脈の移動の影響あった島
という。物に現れた影響という。自然の作り物
という、人骨のようなものという。たくさんある物という。

 私の話で、私の記憶です。
私は学者や専門家ではありません。上の文は、
そういう私の論です。
 
蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月26日

出発4330 新世 :イカスミ柳

出発4330 新世 :イカスミ柳

他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4330 新世


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/26
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/26
    監修、そうきょう連      2022/04/26
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
新世は来つつあり 明らかに示すは
柳心の君 穂浦灘 天気予報
星を回る 人工衛星の世 穂浦の日
管制の世 世界はできてる
船出は拍子木を打ち祝うと楽し

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/26
【歌詞解説】
 世界は既に穂浦の日に完成している。
京都が水に浸かっていた日という。何度も水に
浸かったことという。この頃、日本を穂浦という。
穂浦が日本全国にあることという。
この穂浦の日で、人工衛星が打ち上げられ、
気象予報ということが、既にされていた。
コンピュータのインターネットという、これもあった。
プラズマ、液晶テレビという、これもあった。
 ロボットが、人工皮膚を着せられ、人と変わら
ない見えである。歩く人の形のロボットという。
向うから来るロボットに挨拶をして、山道を歩く。
原子炉屋が立っている。家前の丘へ登れば、
飛行場があり、大きな飛行機が止まっている。
ロケットに乗って移動する。そんな穂浦の世と
いう。

 後、穂浦海軍という、穂浦陸軍という。
海へ戦艦に乗って出て行く。大きな戦艦である。
中国へ行く、黄河を遡っていく。切り立った山の
中へ行く。そんな頃である。
 この頃、八光譜という、名西大陸という。今の
南アメリカとアフリカが一つであった頃という。

 この名西大陸という中に、細い川が流れていた。
今のナミベというナミビアの町という、これが川添い
の場所である。後、この川が海になる、大陸の
別れという。穂浦の頃の世界という。
【ウクライナ地方】
 この頃、ウクライナ地方という、来冠がいて、大猿、
虎、ひょう、犬の大きな犬、色んな動物がいた。
熊の手に、小さな鋤を結わえ、ドームを作る為に、
土を掘る、熊が土を掘る。この鋤も、熊が手につけて、
土掘りが終われば、熊がはずす。熊の道具である。
 私家の能に、動物が出てくる能がある。熊が羽織
を着て、大きな鼓を打つ。この音に合わせて、他の
動物が出てくる、羽織姿の動物という。この能が、
ウクライナ地方の能にある。マリウポリ東方である。
後、ウクライナ大地震が起こる。この頃、キエフ西方、
色んな動物がいた沼地という。ここに、十字道という
道を作る。後、土をかぶせて、水を少し残し、地下
道にする。動物たちと一緒に住んでいた若い人という。
ウクレンラックスという、みばされられ、という。
ウッキシズのといやり、という。『やり』が山である。小
さい山という。後、キエフの東西にドームができる。
さながら、今のアフリカのような所であった。動物が
たくさんいた所である。マンモス象という、毛長象と
いう、始祖鳥もいたこととぞ。うきしその国という、
穂浦の呼びである。今のウクライナである。

 新しい世という、ウクライナの世というむ、ウクライ
ナにいたことという。ライナーシーズ朗原という、草が
生えかけていた頃という。後、木を植える。木が、
ほめ山という、小高い山に高くなりつつあった。
ウクライナが出てくる話という。

 マリウポリ東方の歌という、これを、ロシア練りと
いう、歌のことという。サンクトペテルブルクという、
その町の歌という、ロシア練りうっつく、という。
五拍子があるサンクトペテルブルグという、マリウ
ポリ東方にもあることという。

 後、歌は、歌曲は四拍子になる。歌の、しめ
成り行き、という。歌の性質という、今の世界の
歌がそうである、ほとんど、四拍子である。

 また行くサンクトペテルブルグという、歌の産地と
いう町という。サンクトペテルブルグから、ロスという
ロシアのペゾルキという、今のレニングラードという。
そこの人の、さらめ、という、サラセンという場所で
ある。そこの村の興しという、そいらくのろりす、という。
ロリス町という。レニングラードの一部にある村の名
という、ロリスという所である。

 ここがウクライナ地震をいう、箱揺りという、ロシア
の箱揺り、という。鋤揺れとも、フォーク揺れともいう。
レニングラードにも伝わったウクライナの地震という。
フォークロンデールという、フォク芝の地震のことという。
この辺も大きな地波が出た所という。グラードという。
『グラ』が地震である。地震地という、グラードという。
具良土と書く、グラッドのことである。

 伸ばす音と促音の二つの言い方がある、これが、
地震の頃の言葉の残しである。地震があったことと
いう。ぺすれゆりふみの・あうてさ、という。ロシア語を
、あうてさ、という、あういきの・ことよまふま、という。
あういきという、いきがあう、という。息合いのロシア・
ウックスという、場所のことという。レニングラードの
一地域という。
【ウクライナ鉾】
 ウクライナで挙兵したという、ウクライナで、鉾を
曳いた話という、『ウーリャツ、ウーリャツ』という、
鉾曳きの掛け声という、大きな鉾で、ウクライナ
鉾という。後、日本の、ふち祭という、ここの鉾と
同じ鉾という。地震を表す、着物の柄という、
地波ゆんまつ、という。ウクライナ鉾の周りの着
掛けの柄という。ウクライナ大地震が表してある
ウクライナ鉾である。
【モスクワ鉾】
この鉾の後ろ、モスクワ鉾で
ある。モスクワの町の、こっぱら、という、こつはらの
原っぱの表しという、これが周りに掛けられていた
鉾という、船型の鉾という。これの曳きという、人が
半分、あと半分ロボットである。人とロボット一体の
曳き方という。ウクライナ鉾もそうである。
 モスコという、鍬のモス鍬という、もすりらく、という。
器具の用語のモスコという、ロシア語の成り立ちの
一部である。後、木の桑である。桑木が植わって
いるモス港という空の港とも。
【ローゼス語】
 もす鍬という日本の鍬という、土掘りのスコという、
スコップである。取っ手部分が全部、鍬の木で作
ってあるもす鍬である、若い人家製である。古い
日、全部木製であったことという。マリウ鍬ともいう、
ロシアの鍬という、ロシアらんとき、という。
文中聞きなれない言葉がそうきょう語である、新しい
言葉という、ローゼスという、言葉を補い、そうきょう
ローゼス語という。ロッカリという、ロッコスという、ロシア
のことである。

 鉾という、祭られる意という。ほっこす、という、
ほうりる、という。
【キエフの祭】
 ウクライナのキエフの祭という、ペテルブルクの鉾を
出す祭という、大公鉾ともいう、キエフ大公という鉾の
ことである。この鉾に、絵文字の木江符をぶら下げる
ことという。歌が日本調である。『ゆうりかごの歌を、
・・・』という歌である。この歌に合わせる、マリウポンと
いう、鉾の周りで、手鞠をつく人という。
 鉾が、サンクトペテルブルクを盛る、はらしられ、と
いう、ペテルブルクの鉾という。
【サンクトペテルブルクの祭】
 サンクトペテルブルグの町の祭が、マリウッポスという、
大きな鞠を空に上げることという。柄が日本様である。
掛け声が『ウーマツ』という掛け声を使うことという。
このウーマツで、鉾が出る、中型の鉾で、ぜっせき、
という、日本の淳和院の鉾に似せた、じゅんたれられ、
という、淳和院節の行進の同じ行進という。
地波揺りという、道路に高低を設けた所へ行く鉾と
いう、箱揺りという、鉾の揺りでもある。ウクライナ大地
震という表しである。ウーテラの祭という、サンクトペテル
ブルクの古い日本呼びのことという。
 ウクライナをマンスキという、万鋤。この万鋤を、鉾の
屋根に乗せ、『ウクライナ』と掛け声を掛ける祭という。

 マリウポリからサンクトペテルブルグまで伝わった大
地震という。ウクライナの山打ちという、女の尻を
柳の枝で軽く叩く、これがモスクワにもあることという。
地震の波打ちという、地波の山るり、という。古い
日本にもあったことという。枝で触るだけである。

 この時、女が声を上げる、この声で、傷があれば、
直るという。祭でこれをする。柳の木の尊さという。
普段でもしていたことという。

 ロシア人が、柳の枝をもって尻を軽く触るという、
ロシア人の傷直しという。これがハリコフの町の風習
という。柳の木で作るマトリョーシカという、ハリコフ
人形ともいう。病気の直しである。ロシアのウクライナ
という頃のハリコフという。ロシア人の格好をするウク
ライナの町という。古い頃のハリコフである。

 『メッタ』という声で、マトリョーシカをもたす、病気の
直しという、直る話である。ウクライナをいう。古い頃
からロシアとの行き来がある所である。

 日本にもマトリョーシカを飾る人がいる。柳の木の
マトリョーシカという、病気が直ることという。イバという
ロシア語である。イバ練るマトリョーシカという。
イバ寝る、ともいう。日本語にある、イバ寝という、
柳寝の山という。リューシンしいう、イリューシンという。
ロケット枕のお書きという。

 ベルバというウクライナ地方の言葉という。柳である。
ベルバ楼という、マリウポリの東方の家という。少し小さ
なドームである。若い人が、動物と一緒に作ったドーム
である。リュウロワという、竜頭のことという。ここが、
地球が声を出していたという場所である、『キーフー』と
いう音である、その表現である。ベルバという、フランス
語の『ベル』が掛かる、べるふらの言いという。ロシア語
もフランス語が少し掛かる言葉という。ナポレオンの侵
攻という、言葉の広まりである。この時期の出来である、
ウクライナ地方の言葉という。

蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月25日

出発4320 淳和創久 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4320 淳和創久


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/25
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/25
    監修、そうきょう連      2022/04/25
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
古い明示の世通り 維旧の江戸通り
淳和こうりる 柳に八光のふよづ
火を上げ山 煙立つ おろがみてぞ拝々す
久代の遠き宮 八光宮 双び立ちて
淳田 見に 生え揃う麦 新しき世々
(淳民とも、村人のこと、田にいる村人)

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/25
【秋篠村】
 秋篠の名の由来。秋篠の村という。全国各地に
ある名前という。
 京都西山という、古く、さんらみ、という。みのふ
まれ、という。これが、麦踏みの由縁という。
秋ざみさわれ、という。古い世の、淳和大極という。
あと山の浮き、という。秋笹紙洞(あきざさかみほら)
という、紙を漉く、そばれ(そまれ)という、そうしぐ、
という、せってその、創久言いという。
 そばれそんしぐの歌という。これを、ぺっさる、という。
西山の千代原口という、その近く、てんはん、という。
天を犯すという、天犯晴るる(てんはんぱれるる)という。
天を犯すという、おかすの丘弓という。犯す山という。
これを、犯す玖珠揺(くすゆり)という、玖珠辺等(く
すべら)の、こりかしきら、という。これが、天を犯すの
意である。天犯という、木のことという、天を犯す、と
いう、これを淳づめ、という、じゅみ芝ともいう。じゅっ
たくすの・といほい、という。てれてれのお書きという。

 秋笹の・てんとれみ、という。てわっすく、という。
れてるれの・いとみま、という、これが、淳則という。
【維旧】
 維旧という、江戸という、江戸の居間の言いと
いう。維旧語という、てんとっきす、という。てっさみ、
ともいう。

 これが、維旧の江戸通りという、江戸という場を
通る、久闇のとみ、という。久闇を、くみふみ、という。
くうれずの闇という、闇さりくれ、という、夕方のことと
いう。闇さり暮に、麦を打つという。麦打ちの・ばぺ
すぱ、という。これを、れんてす、という。淳宮の言い
という。これの、ひそみそ、という。るるせる・たいせら、
という。千代原口周辺のお書きという。

 これらの唄である。
【八光】
 八光という場所で、八光宮という、古い宮のことの
所以の唄という。八光淳和という、八光六国という、
第三国八光という、第三国八光所とも。やひかり、
ともいう。まんたき、という、まらせらの・るいはみ、と
いう。京都西京の、はれせっから、という。これを、
晴八光(はれはっこう)という。千代原口周辺である。
【宮双】
 古く宮双(みやならび)という。二つの宮があつた
所とぞそ。また行く八光淳和の・くよみる、という。
大きな範囲の淳和院区という、ここを、綾部だら
ふめ、という、綾部郡(あやべごうり)という、郷里村
(ごうりそん)という、綾部がっくす、という、ぺらんほら、
という。これが、京都の西院(さい)をいう。西淳(さい
じゅん)の言いという。八光論別ともいう。はよっくす
、という。てい゛るの・とろふり、という。べるさる・べら
んぜ、という。ぱるぱるの言いという。

 広く淳和をいう。淳和けっせげ、という。千代著と
いう、『著』を『町』という、町の古い言いである。
千代著み闇浜、という。れれんせのるいはっしぐ、
という。むるれる・ろいすり、という。

 これを交野(かたの)の由良という、八光所のこと
という。かんべす、ともいう、るい針ともいう。かりんすの
けび鹿という。死か山のお絵という。するするの・おり
るしり、という。鹿山のすらるり、という、すらるれ、と
もいう。るりんすの・めよよっくす、という。これが、淳
和院則である。人の山のよられ、という。
【八光論閣】
 京都の四条坊城から、西の葛野(かどの)、その
南の向日町太極殿、千代原口西の盆山、秤谷、
桂阪周辺を、はられられ、という。はっきす、という。
はらみの山の言いという。ここの、内札(ないさつ、
うちふだ)という、八光のことである。これが、西院淳
和院の言いである。淳和院という、香淳のみの山と
いう、ろっとす、という、香淳交録という。香淳光合と
いう、交録の言いという。これを交尾という、べっつる
、という。鶴のことを交尾という、鶴の尾のことという。
これを交宮(こうぐう)という。こうるりのお言いという。
鶴を交宮という、鶴の住まいとも、巣である。
八光論閣という、八光宮のことという、鶴とともに
住まうことという。今の世に寺に多くみられる。

 八光の山の祖という、鶴のことである。くきゆま原
という、鶴の住まう山由良とぞそ。鶴を尊ぶ八光と
いう。鶴八光のさいそい、という。鶴の飛ぶ姿をいう。
るるんす、という。つるるる、という。つっさらの・とび
ふみ、という。鶴を尊ぶことという。八光の一意で
ある。鶴山里(つるやまざと、つるやまり)という。
鶴の住まう山という。

 京都八光所の西の山に鶴がたくさんいた。この
鶴、京都の各地の鶴という、今もいる鶴という。
私の好きな鶴鳥とぞそ。
【八光の鶴】
 若い人はいう、『鶴は八光』という。八光鳥という。
羽を広げた姿という、鶴広げ、という。鶴広がりの
・とんれす、という。八光のとみふら、とぞそ。これが、
鶴の八光姿である。八の字の姿という。

 私がよくいく八光という、双宮の八光という、
両宮を翼という。豊八光の双びという。豊八光を
双宮、双宮を創宮、創宮を創宮から、という、
からゆり、という。これを、創久という、古く、宗久と
いう、そうきょうのことである。このそうきょうを、創宮、
創宮をそうきょう、という、そうきゅう、ともいう。
『きょう』を『きゅう』という言いである。宮のことである。
広く、みやこという。『みやこ』を『都』『京』と書く。
『都』を『きょう』と読む、きっしぶ、という、きしゆし、と
いう読み方である。『きしゆし』『きっしぶ』は、そう
きょう語である。聞きなれない言葉がそうきょう語で
ある。
【秋笹】
 秋篠村という、千代原口西の周辺である。秋笹
斐(あきざさひ)ともいう、秋笹旧(あきざさひ)、他の
表記もある。

 旧(ひ)という、日のことで、古い時という、古い日と
いう、古い旧(ひ)という、維旧という言葉の一意であ
る、古い時という意である。

 秋篠という、春原(かすはら)の周辺にある。『春』
の字の付く所に『秋篠村、秋篠字(あきしのあざ)、
・・等』がある。これを、春秋(かすあき)という。
春秋を時という。、季とも。
 『維旧春秋、花をいう』という言いの言葉という。
ありさまふり、という、るいせるの・とみふみ、とぞそ。

 また行く八光・秋すらの世、という。八光を、あり
すら、という、ありすむ、という、ありすみの・アリズム
という。ありずむ。これが、五拍子である。
淳和院ごっこめ、という。五米。ごこめの・ありすみ、
という。淳とわっせ、という、五拍子のことである。
四拍子を、じょろすり、という。
三拍子を、とみふみ、みとせら、という。
二拍子を、ふみ、という。
一拍子を、とせら、という。
六拍子を、ほみさき、
七拍子を、とれすら、
八拍子を、ちっさり、
九拍子を、ここのびょうし、といすみ、
十拍子を、かよせらる、
十一〃、るきほっぷ、
十に、十三、るい、と、という。
淳和院音取(おんとれ)の言いという。
淳和院創久の言いという。
これくらいにしておきます。
【創久】
 私の故郷を、創久(そうきゅう、そうきょう)所と
いう。淳和院っ子という。古い話である。大型
飛行機の飛ぶ所である。大型飛行機を、
じょっぱれ、という、じょってぃが、という。
『てぃ』が日本語の『てぃ』である。淳和院の
舌由良という、ていそるの・おこう語という。
おいてる言いという、『てぃ』のことである。
蛛B

そうきょうよいお書き。

【軍国主義日本といわれていた、ウクライナ動画】
昭和天皇とヒトラー、ムッソリーニ、同盟国であった。
昭和天皇とヒトラー、同じようなものだと、
ウクライナの言う通りであるように思う。
学徒動員とか、開戦に踏み切ったと書いてある。
平和主義者ではないように思われる。欧米には、
そういう人がいると思う。ウクライナにもいると
思われる。
本によるとそう書いてある、日本にもたくさん
の人がそう言っていた、天皇は戦争遂行者だと。
戦争の責任は天皇にあるという、そういう意見
が多数をしめていた。
動画は、見ていない。
 敗戦という事実を考えると隠せない事実である。
彼は戦争には賛成したと思われる。たくさんの人の
意見という、天皇制反対という学生運動もあったが、
大学もほとんど、天皇制反対の考えがあった。事実
である。極東軍事裁判でオーストラリアには、
どういわれたか。本にはどう書いてあったか。

******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月24日

出発4310 当地 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4310 当地


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/24
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/24
    監修、そうきょう連      2022/04/24
    挿絵、浜出 歌う・ヤナギ(正)
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
文化の日は尊い日 新しい世に向かう
今は新の文化 創造する 秋笹植わって
山道行くと 笹由良ふら 岩の浜

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/24
【そうきょう】
 新しい世に向かう。この日、文化の日という。
古い頃からの日である。いつから言われたか。
 明治などと言わないのである。文化という、
新しい世に向かい、創造をしていく浜という。
 この日、明治を太陽という、太陽のことである。
これを、明示する、文化という。太陽を明治と
いう、これも言わず、太陽という。そうきょうという、
健康安全を称え、明日を、健康安全にする。
そういう文化である、日である。

 断日という、だんまれ、という、だんじつ、という。
そうきょうの、うとふと、という。れれてる・ろりふり、
という。
 断古という、新しく、断固という。断日の日を、
ぶんたく、という、ぶんたく日の言いとぞそ。
ぶんたくという、文化というひぃの、ぶんたっくす、
という。これが、文化の日の、文化の出の由縁
という。だんせるかっくす、という。古い日の、
そうきょうの言いである。
 明治という、そうきょうという日の、あやはるき、
という。めめてる・ろいそい、という。これを、
めいやき、という。後、めいたすふめ、という。
めれてる・いすらま、という、これが、そうきょうの
言いの明治である。これを、明示する分という。
ろろてすの・らっぱす、という。らっぱがいわれる、
ラッパー日という、明示をいうひにラッパーが
出る。これに、文化が出る。めいてすがとめを
いう。
 めいらるのゆめふみ、という、これが、文化で
ある。文化の日という。明治とは、言わない。
文化を尊ぶことという。日本の優れた知恵である。
新節の暦である。文化を明示した暦という。
蛛B

そうきょうよいお書き。
【樺太】 
樺太という。今は、ロシア領である。
地図をみれば、そうなっている。
【アメリカ、硫黄島】
大東亜戦争、
アメリカは、硫黄島を攻めていない。

******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月23日

出発4300 緑星 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4300 緑星


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/04/23
    造詞、冴柳小夜・正     2022/04/23
    監修、そうきょう連      2022/04/23
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
【歌詞】正里
緑の日のお祝い 御叔父御上に申しあげては
歌う 私に歌 作り下され 穂浦の世を
懐かしむ時 大き星が 出ていた時

柳。
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/23
【歌詞解説】
緑の日のお祝い 御叔父御上に申しあげては
歌う 私に歌 作り下され 穂浦の世を
懐かしむ時 大き星が 出ていた時

【今常】
 穂浦の世、懐かしい時。空には、大きい星が
出ていた。緑星もその一つ。箒星のような星と
いう。長い大きな星である。頭が月より少し
大きい。また見える日が来る。
 大きな星がドーンと見えていた。私の家の裏、
海岸である。大きな海、五条条川という。こんな
日の京都、穂浦という。大きな浦である。

 四月二十九日、緑の日、穂浦の緑の日である。
 この日、香淳とちいう、光合の鯉原の、こうわみ、
という。こうわみの・といしら、という、日とぞ。
これが、香をみた、という、みた淳という。みたゆたの
言い、とぞす。

 香淳という、穂浦世の、わてふて、という。そう
きょうの穂浦という。夕方になれば、我が家の裏に
出で、世をめで、世を祝う、穂浦の、祝おめ、という。
祝いの日という。御叔父御上おられる、おりしら、と
いう。御叔父御上の日という。緑香淳という。穂浦
の香淳日である。唱和という歌の日である。
 空に緑星出ていた、はこゆらり、という。緑星の
周りをいう、緑の園という。地を、とい山、という。
といせらの頃の言いとぞそ。穂浦の海という。

 この日 、デジタル・カメラもあったことという。空に
向かい、人工衛星を飛ばしていた頃という。湯山
号という、よいしらの・おっぱれらく、という。古い昔
のことである。

 http://akinokori.sblo.jp/archives/20201112-1.html
こんな頃である。現代図絵という。画家は、全くの
素人である。
 数々の曲の挿絵は、専門家である。駄作者言。

本歌DE4300 挿絵。
 岩に腰掛けておられる御方という、有名人である。
蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。

柳、黒。
posted by 秋残り at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月22日

出発4312 ロシア :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4312 ロシア
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/22
【歌詞解説】
 ロシアたんとき、とぞそ。赤い山のお絵という。
ロレタルという。みよよんてすの・といほむたろ、とぞ。
ロソクソという、ロソのあゆはりの言いという。ロソを、
露祖という。まゆゆゆの・おてふり、という、そうきょう
語である。手を振る、オロロスという。ロシアのふる
ゆり、という。これの、べらふらが、めとよとの・てい
ふい、という。

 手を振る、ていふいふに、そよるく、という。ロシアの
山ふま、という。これの言いに、いほい、という。おい
どいの・たれるれ、とぞ。たよそよの・たりすり、という。

 ロシアのモス港という、これを、モス桑という。モス
クワの・あいはっぱす、という。ここの、影兵衛という。
カンテックスという、ここにいた、わよふよの・とりはる、
という。ロシアの滞在という。若い日の・たきゆき、
という。旅をたきという、たみしらの言いという。

 ロシアのたい浜の言いという。この日の露国の
おい浜という、モス港の・あいたし、という。衣手を
振る若い人という。ロシアの人のお迎えという。
モスクワのお出迎えという。『ようまさ』という、ロシア
そうきょう語の迎えとぞそ。

 この日のロシア、そうきょう語を使う人達とぞそ。
今のロシア語のそうきょうるる、とぞ。今様の、らり
すり、という。この言葉の使いのロシア人という。
ベラスリ、という。べっそむの・あうろく、という。

 こみとれとの・りりたらの・ふいらす、という。
言葉を尊ぶロシアの人という。イバという、柳の
意の言葉という、ロシア語、イバ語という、また、晴
語という。ロシアの山そみ、という。ロシアを尊ぶ人の
ことという。やたれたのえいいという。

 ロシアを、れてそく、という、れてそくの言葉という。
ゆま山の言いという。ラムテスの・ろいほい、という。
これを、オール・ロシアという。ノバヤゼムリアの言葉
いう、オルソンという言葉を使う、ロシアのいとゆと、
とぞそ。

 ロシアの国のまっぽ、という、この『まっぽ』、ロシア
のはかれ、という。川かれらの・いいそい、という。
ロシアの川の、たよせめ、という。せとゆとの言い
という。

 ロシアのゆびふみ、という。指を尊ぶロシアの人
という。ゆいといの人という。ロシア・ベッソムという。
ベツレムのお言いという。ららせる・ゆい遣りという。
ロシアのモスクワの人の、あいみかれ、という。
かれらる・ろかんく、という。ロシアをとる・じそみれす、
という。ロシアを、じそき、という。自祖の木という。
この木が、イバの木という、柳の木である。

 ロシアの柳という、一般の木も、イバという。
いっせれの言いという。これでロシアを、柳のるれ国
という。のべせべのロシアという。ろりすりに・とよふれ、
という。ロッコスのロシアという。この『ろく』が、日本の
『ろく』という、主に、六の意とぞそ。

 『ろく』で日本と掛かりが出る、そんしきの・おい落
という。おいせらる・とよふき、という。ロシアと六で
かかる日本のことという。この六の意という、イギリスの
六という。六本指のイギリス人という。幸福の話で
ある。このことの英露かり六、という。英国とロシアと
いう。これらが、掛かりの言葉である。

 ロシアを、ろくせく落という、これを、ろくせく楽という。
らくらくの言いという。モスクワのいと山という、いとせとの・
といらく、が掛かる言いという。

 ロシアのすっための・ちよふし、という。これが、ちよを、
てそみ、という。手添うロシア論閣という、ロシア語の
ことである。まっとれの・そりし、という。ロシアのそうくく、
という、ダベッセという、ロシアの古い、『はい』の言い
という。これを、らもせみ、という。らゆる・あろれる、
という。

 青闇という、青い闇があるロシアという。赤い闇
もある。これがロシアを闇の多い国という。闇に
色んな闇がある。夜の訪れの色んな闇である。
この闇が昼間に出ることという。昼間に赤くなったり
青くなったりすることという。少し暗くなる。地軸の
移動のあった頃のことという。これが、闇々という
闇多き国という。おおせらのおきふり、という。
闇の国の尊びという。ロシアを尊ぶことという。
ばっせるの言いという。ウラスラクルという、うっす
くれくの・おられるせとよと、という。これを、ロシア
そんべる、という。英花の言いという。ロシアの尊
である。一時期、尊国という、ロシアのことである。
またゆとのお書きという。ロシアぱっせみのお絵と
いう。

 山が出ていた頃の日本という、色んな色の闇
という。闇時の国という、日本のことという。これが、
ロシアの闇と同じ闇である。他の国もある。全世界
、闇があった日という。闇で、世界をいう、全闇の
国という、地球のことという。多軸地球という。
ターキス・レーテスの地球という。

 全土耳古、全トルコの地球という。オール・ターキス
という、地球のことである。この頃のロシアで、オール・
ロックスという、弁アメリカという、全ロシアという、全
トルコのやるせら、という。トルコの多軸という。地
軸の集まる国という。後、万愚節の地軸という、箒
で表すことという。

 これが、ロシアのトルコスという。トルコを有すロシ
アという、トルコを持つロシアという、同じく、アメリカを
持つロシアという。

 ウクライナという、当時ロシアの一地方という、ここの
大地震という、ロシアのはとゆみ、という言葉の残しと
いう。言葉もそうである、ウクライナ語というロシア語の
方言という。キエフという、キエフ大公という、キエフの
ちみ浜という、そこの人とぞそ。ロシアのキエフになる、
ロシアの一地方で一緒にしてしまう、大雑把な扱いと
いう。

 ロシアの文化がたくさんあるウクライナという。ロシア
文化をとるウクライナという。ウクライナの地震の頃か
らである。ウクライナ大地震という、ロシアのはこゆみ、
という。ゆみしばらの地震とぞ。

 ロシア人形の話という、マトリョーシカのはませら、と
いう。ロシアをとるウクライナという。ロシアを持つウクラ
イナという。

 むやみにロシア文化をなくせば、ウンライナに文化の
低迷が出る、端的に言えば、争いごとが出る。キエフ
公国の頃から、ロシアの遺産がある。キエフ公国という、
うっくすの国の・いみらく、という。ウッパスがある、このウ
ッパスがボットムという、らみせらの文徒という、ロシア
文学が既にウクライナにあることという。これがなくなる
ことという。文化が低迷する話である。

 ロシア朝という、キエフ公国の一時代である、ウク
ライナ大地震の後である。はこゆみのお書きという。
 
蛛B
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発4297-2 ウクライナ大地震 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4297-2 ウクライナ大地震
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/22
【ゾーン国】
 ウクライナをゾーン、ゾーン国という。
大地震の音という、ドーンという、ゾーンという音と
いう。ドーン富(ドーンとみ)、という、Zone、ゾーン、
ゾーン国という、地震による呼びという。ゾントスの
邦というウクライナ地方の頃という、キエフ公国の
頃である。鈍富邦、存富邦。ウエーブ・ゾロフス。
Wave zorofs。とぞ。
【並木邦、木並邦】
 キエフ公国を、並木邦、木並邦という、『並』が
『波』を表す、地波の邦という。という、ほらるく、と
いう、回覧の邦という、ウクライナの事である。
回覧という、地を見回る、地震の見という。
地震回覧の・おつゆら、という。波打つ地という。
ウーラスレーテソという。マリヤリフの言いという。
マリウポリのことである。まっせるの言いという。
大地震があったウクライナという。まだ、人が
少なかった頃である。
【マリウポリ東、小ドーム】
 マリウポリの東に小さなドームがあるという。
まりふり落という。落所のお書きという。場所を
落という。ぱんづるの言いという。らんせらるう、
という。

 日本の能に、熊が出る、動物が出る能が
ある。この動物の脳の舞という、ウクライナの
大地震を伝える部署という、熊が立ち上がり
、タオルを持ち、両端を手に、上下にひらひら
さす、地の揺れをあらわす熊の舞という。
他の動物もこの動きに類する場面という。

 この大地震の日の、若い人の格好という、
日本の織田信長のバテレンの格好である。
動物とともに住んでいたマリウポリ郊外という。
【動物がドーム建設の穴を掘る】
 小さな鍬を持つ、熊がやってきて、その熊
に鍬を持たし、一緒にドームの立つ穴を掘
っていた。他の動物もドームの建設に参加
したことという。動物が仕事をする話という。
ピョウもいて、共に作業をしたことという。
熊が小熊もいて、大きな熊もいた。この
大熊、10メーター程の巨大な熊である。
共に働いた日という。若い人の指揮である。
家では、一緒に住まい、食事をともにする、
マリウラン・ポッソクという、これを、マリンテス
という。まりらる・すよふる、という。
【動物保護】
 動物を大切にする。重たい物を、背に
担がせない。たくさんの人を、背中に乗せ
ない。動物に乗らない。動物の足のことと
いう、動物の足をいためることで、これをし
ない。動物の足保護の為、動物ら背中
には、荷物を載せない。背中に乗らない。
動物保護という。動物を大切にする、
人に幸福を言うてくれる動物という。

 たくさんの動物の形のような、ロボットがある。
このロボットにも、荷物を載せなかった、乗ら
なかった原始人という。原始人は乗物に乗る。
動物には乗らない人という。原始人は、ロボッ
トにも、荷物を載せない。荷物は、荷物運搬
用具ではこぶ、原始人のことという。

 動物の中で、ウクライナ大地震を知るものが
たくさんいる。動物に健康安全をいう原始人と
いう。動物は、人にも健康を言うてくれる。
動物大切の世の中という。ロボット大切ともいう。
【マリヤリフ】
 マリウポリに、日本と同じような着物がある。柄が、
日本の鞠のような柄の着物という。また、日本と
同じような、子供の手鞠もある。古い村のマリウ
ポリである。
 
蛛B
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

出発4297 ウクライナ大地震 :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4297 ウクライナ大地震
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/22
【是連鋤】
 浮蔵(うくら)という、蔵の中の是連鋤(ゼレスキ、
ゼレンスキ)という、日本の鋤の一種である。
フォークのような鋤という。フォーク・ゼレという。
フォーク種という。ふぉーせば、という。フォーク鋤と
いう。

 日本の浮蔵という場所とそいう。ここの言いで
ある。是連鋤の印という、是連鋤印という。
この頃に、外国のウクライナという、ここに是連鋤
がある、フォークの鋤とぞそ。

 この日の地軸、ノバヤゼムリアという、ロシアの
北の島という、ここに地軸があったことという。
これを、のばふみゆみ、という。のばれる・あいさり
、とぞそ。

 この頃の、マリウポリという、マリウポンという言い
方という。このマリウポンの、東の地に、赤い色の
水の湖があった。今の、あためし、という、マリウポン
のそうきょう語である。これが、その北のキエフの家
の、影兵衛の字の吊り下げという。キエフの絵文
字という、小さな建屋があった頃という。

 ここの品の山という。小さな丘である。ここへ
ドームを作る。これを、ともせれ、という。ドーム
のことである。ここの町に、すこきら、という、す
びらみ、をいう。このすびらみの丘に、ちとせら、
という、ちっとんの言いをする。これが、ロシア語
である。ロシアの山の言いという。この日のロシア
、今のロシアくらいの大きさである。ノバヤゼムリアが
ロシア領である。

 この闇に、れぞ、がある。れみして、という。
れぞの闇という、この闇の色のある日とぞ。闇に
色がある、紫の闇という。この紫に混じり、いろ
んな色がある闇という、れぞ闇という。

 歌に出てくる闇の項という。歌の中に闇の項
がある。いた山の糸の歌である。『テュリャ、チュ
リャ』という古いロシア民謡である。この混用の
中に闇が歌われている。ロシア民謡である。

 このロシア民謡、能満という、今の、満州の
能満の場にもある、言葉が中国語である。
これで、満州のことの言いという、能満らっくす、
という、言葉のこととぞ。能満州という、今の
満州である。ここの能満の村の歌である。
同じ歌である。ロシアの出の頃という。
満州にもある歌である。

 当時のアメリカが、だれせれ、という。米国の
、だませら、という、だべれべの米国という。
今のワシントンの場所をいう、ここに、マサチュ
ーセッツという所という、ワシントンの中のマサ
チューセッツという。これが、影という頃の、日本
を影という、これを、けじせき、という。これが、
マサチューセツツの影で、この日の日本という、
淳せらの国という。これが淳和院の正中と
いう、正中節という、これを、まさより、という。
節が、地軸を意味することという、後、マサ
チューセッツの、しょうはり、という、ワシントンの
マサチューセッツの場である。

 この『はり』が、場所であり、地軸である意
という。これが、ノバヤゼムリア地軸の頃のこと
という。

 この日で、ウクライナという、うっくすの・みそ
よそ、という。この『みそ』の意が、場所を表す
ことという。ウクライナのマリウポリのことである。

 このマリウポリの一つの言いに、マリウポンと
いう。これが、ホムルトガルの『ポン』という。
ポルトガルの日のマリウポリである。マリウポリに
少し、ポルトガル語がある。ことという。
これが、地軸が動いていた頃の、地球をいう、
ノバヤゼムリア地軸の、ポルトスという、今の
ポルトガルであるるポルトスの言葉という。
これが、マリウポリをマリウポンという。ポルト
ガル語の『ポン』である。ポルトガルに大きな
崖があり、今の地中海が川であった頃とぞ。

 この日、地球を、全葡、全ポルトガルという。
ノバヤゼムリアの地軸の頃である。後、全仏、
全フランスという、後全独、全ドイツという、
全ドイツの日に、全米、全アメリカという。
後、全中国という、後、全路。全ロシアという、
後、全欧州、全ヨーロッパという。地軸が変わ
っていた頃である。スロバヤという、王雌雄の
ことという。

 この頃に、マリウポリのウクライナに地震が
あった。大きな地震で、家が高く持ち上がり、
地が波打つ。マリウポリの近郊にいたことという。
マリウポリの東である。家へ動物がやってきて、
地震を驚いている。東に、赤い色の湖があり、
この湖の水が溢れ、中にいた、しろやり、という、
鯨である。鯨がナガされてきたことという。
 
 少し静まり、また、波鬱。これが繰り返された
地震という、マリウポリの村の、とうらんねという。
地震後の、波打った状態の地の残しという。
この日の、ウクライナという、キエフに少し至る
場に、この波打った地ができたことという。
ウクライナ全土の地震という。後、ロシアの、
うくれく屋、という。ここも、少し、地が波打った
ことという。

 ウクライナの大地震という。この後、キエフ公国
という国の出来という。地震後の後のことである、
キエフ公国という。後、しばらく、キエフ公国という。
後、ウクライナ地方という、ロシアの一地方という。

 アゾフ海という、マリウポリの湖という、このアゾフ
海、青い色の水という。手にすくえば、青い水
という。後、今の、無色の水の色という。

 この無色の色に、塩がかったあじという、辛い
水という。この塩の作りという、青い色の頃の塩
である。アゾという、古い日本の青という、青を
アゾという、古い日本である。

 これらが、日本語とウクライナの言葉と、同じ
言葉という。

 この青い湖のアゾフ海という、アゾルトともいう、
アザレルともいう。是連の鋤の、フォーク揺れと
いう、大地震のことである。あとが、フォークの
ように、波打った地という。是連揺れともいう、
是連鋤揺れである。

 これが、ウクライナ大地震である。

 熊の踊りにこれがある、地震を知る熊という。
人の踊りの、手ぬぐいの両端を持ち、上下さす、
地震の揺れを表す踊りの一齣とぞ。各種の踊りに
これが少しある。ロシアの、けんたき、という、古い
踊りにもある。大地震の仕草という。

 ウクライナ大地震の伝えという。

蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2022年04月21日

出発4302 ドローン :イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
【曲名】 出発4302 ドローン
【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/04/21
【三段屋】
 若い人の家である。三段の屋根があった頃である。
ここに、電信棒がある。この電信棒に、一種のドロ
ーンを吊るしていた、鉄製の60センチ程のドローンと
いう。これに荷物を吊るし運んでいた。大昔のこと
という。この頃、ミグという飛行機を使っていた。家の
屋根より少し高い所を飛ぶ、ミグという。二台が対
方向からすれ違うように、飛んでいたという。
 この頃、若い人が、京都の桂、大久保の自衛
隊へ詰めていた。毎日のことである。その自衛隊
に記録がある。
駄作者がいう、『あのミグ、若い人家のミグに似て
いるナァ。』 

 このドローンは、今、どこへ行っているか。
旅行をしている最中である。
 色んなドローンという、飛行機が発射されるドロー
ンもある。玩具ドローンもある。

 それから、長い時がたち、今の世という、ドローン、
ドローンという時になった。

 今、戦争をしている国という。ドローンを使うという、
軍事への転用という。テレビゲームのような画面で
使うという。

 ここへ、日本の者が、トローンを供与するという。
軍事には使わないという確約である。既に軍事に
使っている。軍事に使うのである。情報を得る為
という、軍事という一面である、攻撃の一つに使わ
れることであろう。

 俺の国際スターを映すドローンという、野外劇
場の催しの一つでもある。

 あの大昔のドローン、たくさんある。今は、旅行中
である。飛行機発射のドローンは、どこへいったか、
玩具ドローンは、どこへ行ったか。玩具ドローン、又、
その改造で、色んな方面に使うという。どこへ行っ
たか、旅行中である、何かよく似ているね。

 あのテレビに映るドローンという。

 桂自衛隊の横の京大宿舎、そこにも、若い人が
住んでいた。若い人の家があるという、一室ともいう。
向日町に一入という所があった頃という。大極殿と
いう頃である。この頃、京大にも家があったことという。
勿論、住んでいた話という。皇居にも家がある話と
いう、にんにく植えの家である。

 GHQへ行ってきたという。イギリスのGHQもあった
という。皇居では、ロシア文字の地図も印刷していた
という。大昔の頃である、マンモス、始祖鳥がいた、
そういう頃である。硫黄島へも行ったという。
コロ、コロポックルお書きという。

 経済という。輸出入が、争いのようなものに
巻き込まれて、滞っているという。色んな人の
言いという。健康経済を願うものである。

 二千円札はどこへいったか?という俺である。
古い頃、秋下村、国会議事堂であったか。
確か二千円札を置いた記憶がある。この頃は、
大阪の造幣局へも度々行っていた、大阪城
の近くという。
 三千円札もあったように思うが、なにせ、
古い頃のことであるので、?マークを付けて置き
ます。ただ、言えることは、俺は、頭のよい人である。

蛛B

そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽