2022年03月05日

出発4070 雄山(アントム): イカスミ柳


他の拉致被害者の方、元気でいて、帰国して下さい。
腹を横に書く。
駄作曲の聴き方:曲名または、楽譜をクリック

スマホ天神、スマホ天女方々用、こちらをクリックしてくださいませ。

You would click music piece.
音楽
【曲名】 出発4070 雄山


    創曲、理科柳雪広・正(やなぎ)  2022/03/04
    造詞、冴柳小夜・正     2022/03/04
    監修、そうきょう連      2022/03/04
【拍子】4/4
【種類】
【演奏】
【場所】
【作成ソフト】
  Music ScorePro、シルバースタージャパン社
  ACID ソースネクスト社
【歌詞】正里
飛ぶ山 飛鳥奈良 五条交範 横たわる
花の機体 明日は岡山 遠い空へ
福山背負う 急上昇 綿槍
白い雲 雄山の世

【今常】
そうきょうよい時です。
【解説】
2022/03/04
【雄山】
 飛鳥奈良、雄山のこと。飛鳥奈良へも、
これで行ったこと。
 雄山という飛行機で、京都五条交範に
止まっていた飛行機である。

 ********へ行く、若
い人という。アントムという飛行機である、雄山で
ある。色んな形の雄山という。
 ここへ行き、後、カラメ浜という、カラマーゾフと
いう所へ行く、たのゆのの・いとしと、という。
ここの唄という、これのつみ浜の唄という。アントム
の唄という。
【キエフ公国】
 キエフ公国という、ここを、古くカラマーゾフと
いう。かられるや、という。カラマ弓の屋という。
今の、キエフの町という、当時、墓弓という町と
いう。ここのお顔という、キエフ丘のこう川という。
ここの、あなゆに、という町とぞそ。古いキエフ公
の話という。ニコライという人の話という。山様の
およゆよ、という。後、キトユトという、キムセルと
いう、おあるヤマらめ、という。山の目の国という。
キエフ公国という。ここの、ヒトユトという。山たわ
の・おりふら、という。
【トルコ】
 キエフからアントムで行く、トルコマズ、という、
今のイスタンブールという。ここの、いとのや、という。
ここの滞在という、トルコの、あため槍という。ここを、
イスタファーという、後、イスタンブールという。

 あため槍の場の日のことという。飛んだ山という、
飛行機のことである。アントムが飛ぶ、トルコという、
トーミスのあよゆよ、という。トッカンフールーという、
山々のおゆ花という。おゆ花の飛行機という。

 飛行機の飛ぶ黒海という。この意の、とい浜と
いう、今のサムスン、トラプソンあたりの浜である。
紫いろの浜のという。紫雪が降った日のことという。
あむらくの・おるれる、という。ここの日の飛行という。
後、トムソンという、あんさまのおちゆち、という。
飛行機が落ちるという、着陸のことである。
【雄山着陸】
 着陸が、急降下である。ほぼ25度位という。
急降下のサムスン飛行場という。トルコの飛行術
という。とっぴすの降下という。体が前へ、つん
のめるような効果である。雄山の降下という、
アントムとも。
【イスタンブール】
 古い日のトルコという、ここの大学の通いという。
大学のイスタンブールという。アントムのこうるり、
という。この講義が、今のトルコの空軍の講義で
ある。くうるみの。おりさり、という。これを、こうゆき、
という、当時のトルコの町の言いという。こうゆきの
町という、ターキッシュ・ロットクという。論装の町
という。トルコの国のことという。論装国という。
トルコの言葉を論装語という、アールレン・テン
スラーの国という、論装の意という、日本冠語で
ある。

 トルコのダマスカスという、後、アンカラという。町
が名を変えた日のことという。アントムの行きの日
という。これが、今のトルコの国の古いことてある。

 イスタンブールの沖という、黒海のおしゆし、
という。古い国の呼びという、イットスという、黒海
のことという。これが今のトルコの名という、古い名
である、イットスという。日本冠語である、イキミフ
ともいう。といといのお国という。明治時代の話が
ある国という、若い人のいたトルコ荒野という。
この荒野の言葉という、トールコ、トールクという、
野原のことである。私の古い記憶である。
アントムという雄山の飛行機という、巨大な
飛行機である。この飛行機とともの邦という、
ロシア飛地という、ここのお国という。ここから、
行ったトルコという。
【ウラジオストクへ】
 イスタンブル・モースレーという歌である。雄山と
いう意味である。また行く、ロシア飛地という、
ここから、浦山という、ウラジオストクへ行く、この
航路のことという。途中、ウズベキスタンという、
コルソルのお国という。ここへ行き、キルギスから
ドネツクへ戻り、再びウラジオストクへ行き、ウラン
バートル経由という。この時間、約20時間である。
飛行中の時間という。飛行機の航路という、
かさめさの飛行路という。

 また行く、これらの町という、月の踊りという、
踊りがある、かざやまらむ、という、カザフスタンと
いう、ここの村の踊りである。手に大きな丸いものを
持ち、それを、体の前で回す踊りという。月のような
丸いものとむいう、ここの踊りという、カザレラという、
日本の舞の記という、日本の舞のカザフスタン様と
いう。
【カザフスタンの舞】
 懐かしいカザフスタンという。ここの町の織という。
日本と同じ織である。京都西陣織という、同じ
器具である。シャットルという、このシャットル、雄山の
形という、これも日本と同じようなものという。日本で
雄山織という、西陣の町の言いとぞそ、長岡京
西陣もこの織がある。また行く長岡、京振りの織物
とぞそ。アントン、アントムの織ともいう。

 古い日の、月の舞という、カザフスタンの舞という。
我がまのふり、という、かま山のおわふみ、という。
かまの山のお書きという。アントム山という、アントノフ
という、アントムの譜ともいう。このお書きという。

 よく五条交範へ来ていた飛行機である、アントム
という、雄山という。五条交範所属機を雄山という。


 カザフスタンの唄という、同じメロディーである。
 
そうきょうよいお書き。
******
『天照大神、そうきょう、よいよい』
一言
柳の世、今なるを。
posted by 秋残り at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽